*

ないものは引き出せない

昨晩はご依頼を頂きましたコーヒー教室を高槻店で開催しました。
参加人数は3名様。

 

お店の広さからして、3~4人が一番やりやすく一人一人にキチンと目が届くので、依頼されたときにこの人数ならお受けしますとお伝えしたのですね。

 

だから昨晩は、とってもスムーズに皆さんが僕にコーヒーについて聞きたいことにも、ほぼお答えできたと思っています。

 

ただコーヒー教室があまりにも久しぶりだったので、ちょっと忘れ物があったことは反省したいなぁと思っております。
満足したご様子だったので、ひとまずホッとしました。

 

今回のブログはこのコーヒー教室で質問を頂いた時に、自分が話ながら気づいたことを書いていこうと思います。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

ないものは引き出せない

コーヒー教室の様子の写真のアップはNGですので、その様子がないことお許し下さいね。

 

さてさて質問の内容ですが「島さんが思うコーヒー生豆が手に入らない時はどうするのですか?」そんな内容だったと記憶しているのですが、コーヒーって農産物なので、同じ地区、同じ農園のものでも1年ごとに微妙に味わいが違うのですね。

 

ですから、いつも同じ味わいにはならない、そんな話からでした。

 

「焙煎というのは、コーヒー生豆の持っているもの引き出す作業です。
もってないものを引き出そうとすると変な方向に行ってしまう」と僕は言いました。

 

この言葉に皆さん共感して頂いた様子で、コーヒーに関わらず人の教育や子育てのこととして取っても同じコトが言えますよね。

 

例えばコーヒー焙煎で、そのコーヒー豆の香りや個性を持っているもの以上に引き出すこと実はできるのです、強いストレスをかけるのですけどね。

 

でもね、それをすると全体のバランスが崩れて結果、美味しくないコーヒーが出来上がるのです。
持ってないものを引き出すと変な方向に行くというのは、結果バランスが悪くなるということなんですね。

 

あるものを素直に引き出す

焙煎も野球のコーチなどと一緒で、その個性の持ち味をいかにバランス良く引き出すか。
伸ばしてあげるか。

 

無理に伸ばすのではなく、それは自然に。
人なら自主的に伸びて行くのが望ましいですよね。

 

あくまでも手助け、気づいてもらう、そして長所を上手く伸ばす、人もモノつくりもあるべき所は一緒だと思います。

質問を受けて、答えていた自分の言葉にハッとした経験、ありますよね。
まさにそれでした。

 

うまく引き出すためには、自分の心も穏やかにコントロールする、これも歳を重ねて分かったきたことです。

 

あるものを素直に引きだせるように、更に心に磨きをかけたい、そんなことをコーヒー教室の終わりに思いました。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

有終の美

 今日で本年度のカフェbeの営業は終了致しました 少しずつコーヒー豆のお客様も増え カフェ

記事を読む

うえはら鍼灸整骨院

 今日は帰りにカフェBeの近く 高槻・氷室町の うえはら鍼灸整骨院さんで肩をほぐしてもらい

記事を読む

no image

時間が解決していくもの

 時間しか解決できないものが この世にはたくさんあると思う 日記では あまり障がい持った方

記事を読む

飲んだ

 今日は飲んだ いや今日「も」飲んだ かも知れない でも今日のお酒は最高に美味しかった 普

記事を読む

弱者の戦略

 きた 今日はたくさんのお客様においで頂きました ありがとうございます 今日はコーヒー教室

記事を読む

昨晩 帰りの電車での件

昨晩はコーヒー豆でお商売をしている仲間たち (と言っても僕が一番年下なので 先輩方です) と ミーテ

記事を読む

商は笑なり

明けましておめでとうございます 本年もよろしく御願い致します 皆様がこの一年 健康でハッピーであり

記事を読む

ぼちぼち

 ぼちぼち と イベントで販売する商品が搬入されてきました 今日は 能勢のコシヒカリ 25

記事を読む

説得か納得か 買い物をしてもらうのにどっちが大事?

過去の経験から言うと、6月はどちらかというと閑散月なのですが、今年はお客さんの流れがありバタバタして

記事を読む

ランナーの本能

 というべきか マラソンをしていたのでどうしても仕事も同じように とにかく前へ進まないと気

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆を贈り物にするときに僕が気をつかっていること

どうでもいいことですが、今週から休肝デーを設けることにしました。 実

ドリップする時に端までお湯をかけるのをオススメしない理由

さて、昨日こんなツィートをすると沢山の方が見てくださりました。

今更ですが、水だしコーヒーポットの美味しい作り方を調べます

昨日は休日でして、家族で市民プールに行ってきました。 9時半から12

コーヒー豆は焙煎すると2倍の大きさになる、なんで?のお話

コーヒー生豆を焙煎すると、だいたい2倍くらいの大きさになります。 詳

今も残る高校卒業したときの担任の言葉

先日、高槻・川添にある、障がい者支援サービス よつば放課後デイサービス

→もっと見る

PAGE TOP ↑