*

もう よそへは行けない

公開日: : 感謝!!

実は僕 ここ数年 カットハウスに行かず 自分で散髪している
記憶が正しければ この12年間に 1回か2回行っただけだと思う
散髪屋さんが嫌いなわけではないのです
何を隠そう!12年前 島珈琲を立ち上げ 立ち上げた当初
散髪代もままならなかったので 自分で切りはじめたのがきっかけ
もう何年もスキばさみでやってるとコツもつかみ
まぁなんというか これは器用貧乏というんでしょうね(違う違う 笑)
で 実は行きたいところがあるんです
そう ここで何度もご紹介している美容室 ヘアーポテンシャルNOAHさん
島珈琲をお使い頂いているお店です
なぜなのか 
それはNOAHさんでコーヒーを飲んだお客様が わざわざ島珈琲まで
ご来店してくださるのですが 皆様一様に
「NOAHさんに行きだしたら もうよそに行けない」
とおっしゃるのです
僕もその理由を知りたいのです!
店主NOBUさんのお人柄は非の打ち所のない方なので
1つの理由はわかるのですが 他にもたくさんたくさんたくさんあるはず!
でも僕は月曜しか休みがなく NOAHさんも月曜がお休み
ということで 嫁さんに行ってもらうことになりました!
今週の金曜日に予約をしているので 帰ってきたら
取調室で調書を取りたいと思います 笑
業種は違っても よいところを見習って吸収するのが勉強ですよね
どんなことが聞けるのか 今から楽しみですーー
写真は フルーティなアイスコーヒー 6本入り 簡易ギフトです
熨斗をつけることも可能で もちろん発送もOK
近々ホームページでカートを使えるようにしますね!
島珈琲公認 フェイスブックページはこちら
https://www.facebook.com/shimacoffee2002

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

ほっと一息

 ありがとう祭りは 皆様のおかげでなんとか無事 終了致しました プレッシャーと緊張の毎日

記事を読む

no image

うっかりはちべえ

 昨日は久方ぶりの休日を頂き 休日を堪能しすぎて 今日仕事のリズムを取り戻すのに かなり時

記事を読む

ROUTE271の船井さん

 日曜日は早朝に高槻店で車にコーヒー関係の荷物を積み カフェBe店によって事務処理の仕事を

記事を読む

ピンチです!あの芸能人のTANPANCOFFEE 間に合うことができるのか!

アクシデントやトラブルはいきなり背後からやってきますよね。 そっと忍びより、ドンっと肩を叩く。

記事を読む

特注・ハッピーウエディングブレンド(引出物オリジナルブレンド)の制作の流れ

プロローグ 先日 岡山からいつも御来店頂くお客様のご依頼で コーヒー豆の引出物を特注のオリジナルブ

記事を読む

ゴーーン

 人間の最大の罪は 持って生まれた能力を無駄にすることだ とカルロス・ゴーン氏が言っていた

記事を読む

no image

明日をもちまして・・・

 おもい起こせば 7年前のこの日 何を思っていたんだろう 昔も今もかわらず 美味いコーヒー

記事を読む

no image

書くことはあるんだけど・・・

 疲れて頭が真っ白だ といっても 明日のジョーの最終回 ホセメンドーサのように 白髪になっ

記事を読む

80人のありがとう

 今日のお昼時 カフェBeは 郡家本町の子供会 あおば子供会さまの 「6年生送別パーティ」

記事を読む

しまさんのために

 は今年オリックスファンだ と去年楽天ファンからFA宣言したのである なぜか?と問われれば

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
たった10グラムの感動

幼い頃、母がよく映画に連れってくれました。 記憶が正しかったら、見た

料理は心やで

昨晩は中学時代の友達とご飯を一緒にしました。  

アイスコーヒーに向くコーヒー、向かないコーヒー

昨晩は仕事で遅めの帰宅。 僕以外の家族はご飯が終わり、一人で晩酌をし

障がいのある方から学びを得る

障がいのある方と関わり、こうしたところで何かを記事にする時にいちいち「

焙煎技術を高め、味わいを良くしたの方法は実は○○だった

なんとなくこいうタイトルを付けるのは嫌なんです。 なんか思わせぶりで

→もっと見る

PAGE TOP ↑