*

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

 

去年は6月くらいからすごく蒸し暑くなり、ブレーキがかかりました。
今年は7月の中盤くらいでブレーキがかかった、そんな感じです。

 

気候によって動き方が変わるので、過去のお店の流れの動向は目安にしかなりませんが、梅雨が明け、あー夏がきた、今年はどんな動きになるのかな、太陽の陽射しを見ながらそんなことを考えている僕です。

 

今日は久しぶりに焙煎のない日でした。

とっても寂しいです。
コーヒー焙煎を毎日したくてこの仕事を選んだので、出来ない日があると非常に寂しいですし、朝がつまらないです。

 

そんなコーヒー焙煎のどこが面白いところなのか、今回はそこのところをお話したいと思います。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

コーヒー焙煎作業の進行

焙煎機にコーヒー生豆を投入し15分くらい、焙煎機と向き合っているだけなんですね。
僕の場合、焙煎中はほとんど焙煎機にさわらないので、ほんとに向き合ってるだけです。

 

それの何が楽しいのかというと、行程がシンプルだからとしかお答えできないのですが、焙煎機にコーヒー生豆を投入し、15分間シャカシャカと響く音をずっと聞いています。

 

そこに異音がないか、いつもと違う音はしないか。
コーヒー豆は焙煎中ハゼるのですね、ポップコーンみたいな感じで爆(は)ぜるのですね。
その音がいつもと変わらないか。

 

時間の経過と温度上昇に問題はないかをチェック。
最後、焙煎止めの時、コーヒーの香りをチェックしながら、ここと思ったところで釜からコーヒー豆を出し、冷却に移ります。

 

これで終了です。
ケーキのようにデコレーションするわけでもなく、料理のように切ったりするのもなく、ただコーヒー豆を熱で焙り、膨らませる作業です。

 

コーヒー焙煎の面白みとは

先ほども書きましたが、シンプルだということに加えて、誤魔化しがきかないことですね。
ちょっとした操作でことで、味がガラッと変わることもありますし、自分が思っていた味わいと違った味わいが出来上がってしまったり。

 

何度か書いてきましたが、コーヒー豆の焙煎は焙煎中に味見ができないのですね。
コーヒー豆を焙煎しながら、液体になったときの香りや味わいを頭にイメージしながら、焙煎をコントロールします。

 

そこがきっとスリリングなんでしょうね、そのスリリングさに面白みや楽しさを感じているのだと思ってます。

非常にシンプルな作業ですが、僕もハマってしまったうちの一人です。

 

これを毎日したいから、一所懸命お商売も頑張る、みたいな感じですね。(笑)

そうして僕も楽しみ、そしてそれを飲む方も美味しいねと笑顔になってくれたら、もう最高ですね。

 

焙煎の面白み、そして喜んでもえる嬉しさ、これが僕がコーヒー焙煎を楽しいと思わしてくれる要素です。
閑散期にもめげず(笑)、沢山焙煎を楽しめるように、そして沢山喜んでもらえるように、1日1日を大事にしていきますね!

 

それでは、梅雨が明けて夏本番、暑さに気をつけてお過ごしくださいね。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

開業してから12年間守り抜いているもの

今月10月23日木曜日は勉強会(のようなもの)に出席するため その日は臨時休業を頂きますね 何回も休

記事を読む

焙煎のことを考えて 昨日の記事より掘り下げてみた

日曜日にカフェBeのパートさん募集を 採用促進ウェブに出したところ 数件の 面接希望があり ほっ

記事を読む

どんなふうにできるの?コーヒーシロップ180リッター分、仕込みの流れとは!

プロローグ 今朝はコーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎でした。 仕込み焙煎=コーヒー豆を工場で加

記事を読む

味は一期一会 いつも同じ味なんてありえない

プロローグ と、まぁ過激ぎみなタイトルになりましたが、先日お店を出される方から相談で 「3人がそ

記事を読む

コーヒーのおはじき ハンドピックとは不良豆を手選別してはじくこと 

プロローグ 今回の記事は、コーヒー豆を焙煎する焙煎屋にとってすごーく地味な作業である「ハンドピック

記事を読む

これを知っていれば安心 初めてのコーヒー専門店でコーヒー豆を買うとき応用できる3つのこと

プロローグ コーヒー豆専門店を13年させてもらっていますが どうしても敷居が高く感じられているよう

記事を読む

こつこつと学ぶ 相手を理解すること 

今朝は起きると少し蒸し暑く 涼しかった朝の空気が 夏に1歩後退し 秋を少し遠ざけるような 気温で

記事を読む

最初から良いものを使うと 後でちょっと苦労した

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   僕は2009年から3年半の間 障

記事を読む

コーヒーのことを迷わない1つのすすめ

プロローグ コーヒー屋はお山の大将である ←島規之の名言 迷言?笑 野に咲く花のように~♪

記事を読む

朝コーヒーにバターを入れて飲むダイエットがアメリカでブームらしい

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   娘から風邪をもらってしまい 味覚

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆を贈り物にするときに僕が気をつかっていること

どうでもいいことですが、今週から休肝デーを設けることにしました。 実

ドリップする時に端までお湯をかけるのをオススメしない理由

さて、昨日こんなツィートをすると沢山の方が見てくださりました。

今更ですが、水だしコーヒーポットの美味しい作り方を調べます

昨日は休日でして、家族で市民プールに行ってきました。 9時半から12

コーヒー豆は焙煎すると2倍の大きさになる、なんで?のお話

コーヒー生豆を焙煎すると、だいたい2倍くらいの大きさになります。 詳

今も残る高校卒業したときの担任の言葉

先日、高槻・川添にある、障がい者支援サービス よつば放課後デイサービス

→もっと見る

PAGE TOP ↑