*

職人とSNSと仕事と

公開日: : カフェオープンに参考になる話

先日、東大阪からわざわざ高槻店に、パティスリーモンガトウのシェフ「とーるさん」こと長尾徹シェフが来てくださりました。

 

フェイスブックやツィッターなど、お友達の投稿でよく登場されていましたので、よく存じ上げておりました。

 

それがお互いだったから、ちょっと面白くて。
お会いするのは初めてですが初めてのような感覚ではなく、会話はスムースに進んでいったのが、なんとも不思議でなんとも楽しかったです。

 

長尾シェフはこんなお方です。

 

 


 

そしてモンガトウのマダムのツィッターをされているので、こちらもご紹介しますね。

 

 

そしてモンガトウさんのブログはこちらです。

http://m-gateau.com/

 

実は長尾シェフが来られる数日前、モンガトウさんの店内でソフトクリームをお持ち帰りできるのですが、それを誰かがモンガるって言っていたので、奥さんと今度さぁモンガりたいね、って言ってたのですね。

 

そしたらシェフが来て、それがあまりにもタイムリーなのでほんとびっくりしました。
長尾シェフありがとうございます。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

職人さんこそSNS

僕の周りを見渡すと、職人さんでSNSをされている方は、まだまだ少ないじゃないかなぁって思ってます。
僕もこう見えて自称職人です。

 

職人さんって作業に追われて、SNSをしている暇はありません。
でも、それは仕事している人は皆一緒ですよね。

 

もうね、やる時間を作るしかありませんよね。

 

それでですね、職人さんにかかわらず多くの方は、SNSやブログの投稿で自分の顔を出すの嫌な人が多いと感じてます。

 

僕も別にインカメとか、自分の顔を出すのは得意ではありませんが、お商売のためにもやってるなら顔を出さないとそこに信用性がないし、名前も覚えてもらえないじゃないですか。

 

ソフトバンクは孫さんの顔を思い出せるけど、他の大会社社長さんなんて知りませんからね、やっぱり顔をだしてる人の方が印象が強いって思うのです。

 

ブログでもHPでもSNSでも、顔を出すことは信用性と名前を覚えてもらえるために必要だと思ってます。

それをしている職人さんはまだまだ少ないと感じています。

 

職人さんのSNSはまだまだ切り開かれていない、開拓されていない大地だと思うのです。
なので職人さん、チャンスですよ!と思ってます。

 

ここにお商売のチャンスがあるのじゃないかなぁ、感じています。

 

僕だってまだまだです

実は僕がSNSをお商売でも活用しようと思ったのは、ブログを書くのが好きで、それをなんとか自分のお商売に生かせれないかと思ったところからなんですね。

 

そこで、運が良くマーケティングの師匠藤村正宏先生に出会うことができて、SNSにも深く興味を持ちやり始め、現在に至ってます。

 

もう3年くらいになるでしょうか、SNSを本腰いれてやりはじめて。

 

SNSの発信はなんとか出来ていますが、コミュニケーションはまだまだ足りてないなぁなんて思うこと、しばしばです。

 

それでも少しずつ発信しているのが効果がでて、日曜日だけが営業日の岡町本店は一切の宣伝をしていないにも関わらず、ありがたいことでお商売の成績は上向きで、島珈琲全体でもそれは上向きになっております。

 

そんなことを職人同士、長尾シェフが来られた時にSNSと効果の確認みたいなお話を交わしていたんですね。

 

職人さんの仕事は見た目は華やかに見えたとしても、結構ハードワークですから、なんでもそうだけどやってみないと、その苦労やしんどさはわからないものですよね。

 

でもそのどこかにみんなの知らない職人さんの世界ってあると思うのです。
それをSNSと発信できたら、みんなその発信に興味を持ってみてくれるんじゃないかなぁって思ったりしています、そこがSNSを活用した職人さんのお商売の繁盛のヒントかなと。

 

僕の持論「今、職人さんのSNSはチャンスだ!」を長尾シェフと話し交わしたこと、今回まとめてみました。

 

ということで、今度 奥さんとモンガりに行きますね!楽しみー!
と約束してその日、お帰りになる長尾シェフをお見送りしました。
お会いできて良かったです、長尾シェフありがとうございます!
 

この話 完

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

あなたのお店の口コミは目に見えてますか?

昨晩、布団に横になり三島由紀夫の「金閣寺」をおもむろに手にする。 全部読み切るつもりで手にしたわけ

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス② ~味覚をよくするにはどうしたらいいのか~

プロローグ 僕が経験してきたことで、カフェオープンを目指す方にちょっとでもお役に立てるように書いて

記事を読む

どうして僕はコーヒー「豆屋」を選んだのか

日曜日は豊中・岡町本店での営業です。 こちらのお店は毎週日曜日だけの営業でコーヒー豆の販売のみ。

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~お客さんの言うことは聞かんでいい~

プロローグ 最近、カフェの相談を多く受けるようになりました。 もちろん「夢」の段階でのお話なので

記事を読む

ツイッターはお商売に有効なのでしょうか?

先日、YSP門真でバイクを購入しました。 YSPとは、ヤマハ・スポーツ・プラザという意味らしく、ヤ

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス ~屋号編~

プロローグ 2002年に島珈琲を開業してからけっこう相談を受けます、「カフェを開業したい」と。

記事を読む

お店をするのに大切なことは何?

久々に飲み過ぎました。 昨晩、飲み会がありました。   モノを売るのではなく

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス ~経営や技術と同じくらい大事な1つのこと~

プロローグ 自営業を初めてから、一つよく分かったことがあります。 基本、全ては自分でやらなければ

記事を読む

腐らすのはカンタンだ だからこそ・・・

おかげ様で本日8月6日、42回目の誕生日を無事に迎えることができました。  

記事を読む

自営業者として僕が大切にしてきたコト

ブログを書いている僕のパソコンのそばには、ドリップしたマンデリンコーヒーが香りを立ち上げています。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

福祉の島珈琲 今年は動きます!

さぁ今年は動こうか、と奥さんに話していました。 その前の晩に一人お酒

後口が紅茶のようなコーヒー

昨晩はおうちで家族揃って、夕食を。   五歳の娘

冬は濃いコーヒーが欲しいもの アイスコーヒー用の豆をホットで飲む

8月6日、夏生まれの僕です。 最近の暑さにはめっぽう弱くなりましたが

ドリップコーヒーの美味しさは優しさで作られているもの

僕はほんの少しの時期でしたが、ボクシングをしておりました。 &n

→もっと見る

PAGE TOP ↑