*

スペシャリティコーヒーに、こだわりません宣言

スペシャリティコーヒーとは、世界で生産される全コーヒー量の約5パーセントくらいの生産量で、高品質コーヒーとして価値の高いコーヒーです。

 

当然、価格も通常に流通しているコーヒー豆よりは高値で取引されています。

 

僕が島珈琲を開業した2002年くらいから、僕の様な個人店でも少しづつスペシャリティコーヒーを手に入れることができるようになりました。
今はその当時と比べると容易に手に入れることが可能になりました。

 

以前にも触れましたが、近年世界的なスペシャリティコーヒーブームでその価格は10数年前に比べると2倍近く高騰している銘柄もあります。

 

でね、これまで積極的に僕もスペシャリティコーヒーを追ってきましたが、今回はスペシャリティコーヒーにこだわりません宣言をこのブログでしようと思ってます。

 

これから理由を書いていきますね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

 

美味しいコーヒーが手に入るようになった

スペシャリティコーヒーより美味しいかどうかと言う基準でなく、僕が「あっこれ美味しい!」と思うコーヒーが、手に入るようになりました。

 

それはスペシャリティコーヒーという高品質コーヒーに属すものでなく、ハイコマーシャルというスペシャリティコーヒーよりも少し格が下になるコーヒーです。

 

線引きはスペシャリティコーヒーはカップテストしたときに80点以上になるものがスペシャリティコーヒーで、それ以下の75点くらいまでがハイコマーシャルというところに属するようです。

 

で、そのハイコマーシャルというランクに入るコーヒーでも十分に美味しいものがあるのですね。
現在の島珈琲のラインナップにも入っております。

 

知らない人が読むとちょっとわけわかないと思いますが、要は高品質コーヒーだけに島珈琲はこだわりませんよ、僕が美味しいと思う基準を今後はもっと大事にします、というところです。

 

経営のこともあるので、未来の価格のことも考えて

このまま行けばスペシャリティコーヒーは少しずつ高値になると僕は見ています。

 

僕は家庭で気軽にコーヒーを楽しめるそんな価格帯を継続したいので、仕入れのこともこの際見直していこうと思ってます。

 

もちろん、僕の「美味しい」にかなったものだけを選んでいくので、そこは安心してくださいね。

 

コーヒー豆のランクやレベルにこだわらず、僕の美味しいと思うコーヒーを絶対の基準して行きますよーというお話です。

 

もちろんスペシャリティコーヒーを取り扱わないということではありませんからね。
あくまでもコーヒーの格付けにこだわらない、ということです。

 

前から島珈琲のホームページやパンフレットからは、スペシャリティコーヒーという文字は使用しておりませんでしたが、今後は更に登場しなくなると思います。

 

今回はコーヒーの格付けにこだわらず、僕の美味しいを最優先にしてコーヒー豆をチョイスします!そんな改めて宣言したブログでした。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

あなたのコーヒーの好みの味を探してみましょう!

プロローグ 飲み物の味わいの違いは分かりにくい、特にコーヒーはそうですよね。 僕らでも目隠しして

記事を読む

コーヒーをドリップするときに大切な1つのこと

プロローグ     テクニックって練習すれば上手くなります

記事を読む

HOT用 ICE用 のコーヒー豆 どれがいい?

プロローグ これもコーヒーセミナーの時に受けた質問です。HOT用 ICE用 それぞれにあうコーヒー

記事を読む

カフェ出店のご相談がありました 最近多いので参考点をちょい書きました

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   だいたい1年に数件 カフェや喫茶

記事を読む

コーヒーのドリップもシンプルに考えるといい

プロローグ どんな物事もそうですが、「シンプルに考えた方が結果が良くなる」ということを歳を重ねてき

記事を読む

バラすぞー

 昨晩は高槻店の焙煎機  誠 号 をバラして掃除をしましたステンレスシリンダーのコーヒーの

記事を読む

焙煎したコーヒー豆を手選別(ハンドピック)する理由

プロローグ ご存じですか、コーヒー豆を焙煎している間は、職人さんは何をしているのか? 他の方は知

記事を読む

同じブラジルでもお店によって味わいが違うのはなぜでしょう

プロローグ コーヒーの味わいってわかりにくいですよね。 どうしてわかりにくいのか。 &nb

記事を読む

明日おいしくなーれ

昨日は焙煎機の掃除をしました 技術やテクニックや知識も焙煎には必要ですが 何より一番大事なのは掃除メ

記事を読む

夢を持て そして危機感を抱きしめろ

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日 長くお付き合いのあ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

福祉の島珈琲 今年は動きます!

さぁ今年は動こうか、と奥さんに話していました。 その前の晩に一人お酒

後口が紅茶のようなコーヒー

昨晩はおうちで家族揃って、夕食を。   五歳の娘

冬は濃いコーヒーが欲しいもの アイスコーヒー用の豆をホットで飲む

8月6日、夏生まれの僕です。 最近の暑さにはめっぽう弱くなりましたが

ドリップコーヒーの美味しさは優しさで作られているもの

僕はほんの少しの時期でしたが、ボクシングをしておりました。 &n

→もっと見る

PAGE TOP ↑