*

ドリップの極意のうちの一つ

極意なんて書くと、柳生新陰流の必殺剣みたいな、なんかスゲー技なのかと思わせてしまうのですが、先にすみません、謝っておきますね。

 

そんな高等テクニックの話でもなんでもないのです。

 

普段、コーヒーを淹れる時に僕が意識していること。
淹れるのを見ていて思うこと、日常にあるちょっと気をつけることを書こうと思ってます。

 

なので、島新陰流必殺コーヒードリップなどという極意のお話ではありません。(笑)

 

ということで続けますね、こんにちは焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

カンタンです!

はい、何かというと「丁寧」にすること。
これを意識するだけです。

 

そんなのいつも丁寧にやっているよー!とツッコミが返ってきそうですが、ほんとに丁寧にしておられますか?

 

日常の作業って、時々ルーチンになるじゃないですか。
自動思考で、無意識にしていること、ありませんか。

 

無意識になっていることは良いと僕は思っているのですが、無意識を通り過ぎてついつい雑になっていることありませんか。

 

一番初めの頃を思いだしてみてください。
わからないから、めっちゃ丁寧にしてたと思うのですね。
でも、そこまで丁寧でなくてもいいです。

 

ただ心にはあの頃の「丁寧さ」をいつまでも持っていてたいですよね。

 

丁寧に

お湯をジャーッと注いでいませんか?
ドリップポットを速く回しすぎてませんか?
お湯を粉の上にそっと置くような感じで、お湯を注いでいますか?
速く終わらせようと焦っていませんか?

 

焙煎もドリップも、しいてはものつくり全部に言えることですが、作り手の気持ちがそのままそのモノやコトに反映してしまうのですね、不思議と。

 

心を穏やかに、そして初心を忘れず、丁寧に。

 

現在、僕が行き着いたところのドリップの極意は、この「丁寧さ」です。

 

ですから、ものを作る時もそう、普段から心を穏やかにして、波打たないように心をコントロールする。

 

なかなか難しいですけどね。
僕もやっぱり自分の心をコントロール出来てないことと、多々あります。

 

でも穏やかな心でいよう、と心がけていると心がけていないでは、この先に随分差が出てしまいますよね。
出来なくても、丁寧を心がける、穏やかになるよう心がけてみる、心をコントロールできるように心がけてみる。

 

心がけることで、だんだん出来るようになってくるかもね。

 

ドリップも心の部分が大事ですね。

ドリップの極意とは、心にあり、です。

 

ということで、今日の朝のツィート。

 

 


僕もまだまだですが、心を穏やかにすること心がけて。
それでは良い週末を。

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーの「美味しい」に一番大切なものは何?

手前味噌なお話になりますが、今までのいろんな成果がカタチになったのかして、このゴールデンウィークはも

記事を読む

知らなかった!これが新しいペーパードリップだ

プロローグ お客様から教えてもらったんですよ。 実はかくかくしかじかで、この方法で注意すべき事は

記事を読む

お客様にとんでもないドリップの秘密兵器を教えてもらいました!

ブログネタどうしようかなぁーと、悩んでいたタイミングにお客様が御来店。 コーヒー豆を渡した時に、お

記事を読む

ドリップポットは軽いタイプが良い

今晩から数日にかけて、高槻店の焙煎機内部の掃除をします。 メンテナンスですね。  

記事を読む

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないのですが、コーヒーのなんらかの説明

記事を読む

マンデリンが危ない!

プロローグ 最近 日本の高品質コーヒー市場において いろんな打撃があります 円安になった 相場が上

記事を読む

これやっちゃだめ!ペーパードリップで気をつけること

プロローグ 昨夜は高槻店の焙煎機を掃除しました。 掃除といっても外側をゴシゴシ磨くのではなく、内

記事を読む

出張コーヒー教室に行ってきました!

自動思考とは怖いモンで 例えばお風呂のシャンプーの位置 シャンプー コンディショナー の順で並んでい

記事を読む

今、ドリップコーヒーはペーパーが主流なのか、それとも金属系なのか

プロローグ さて、今回もご質問コーナーなのですが、とうとうお客様からではなく、初めての方からメール

記事を読む

コーヒー豆はぱくぱく食べられるのか?

プロローグ 今日は岡町本店からこんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。 岡町本店はコーヒー

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないので

古材に囲まれてコーヒーを愉しむ

毎日が割とリラックスして過ごせるのは、これはコーヒー屋の特権かもしれな

→もっと見る

PAGE TOP ↑