*

麻袋に書いてある文字は何を意味するの?

昨日は午前中はお仕事でしたが、午後はゆっくりと娘と遊ぶ時間に費やしました。

 

夕方公園に行き、娘と同じ幼稚園のお友達も集まって、水風船で遊びだし、子供達は大興奮。
その様子は笑顔に溢れ、とっても心癒される時間を過ごすことができました。

 

やっぱり笑顔はいいですね。

 

子供達が力一杯遊んでいる様子、夢中になっている姿は微笑ましく、笑顔がこちらにも伝播し、笑顔パワーを沢山もらってきました。

 

その笑顔パワーで今週も沢山の笑顔に出会えるように、愛情込めて焙煎していこうと気合入っている僕です、こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

麻袋に書かれている文字は何?

さぁ今回のお話は御家庭でコーヒーを淹れるのに、美味しくなるコツや役立つ情報ではありません。
知らなくても大丈夫なお話です、ですが知っているとちょっと面白くなる雑学だと思いますので、引き続きどうぞお楽しみください。

 

麻袋=あさぶくろ と読みますが、僕たちの業界用語では「またい」と呼ばれています。
なんででしょうね、またいで変換できないですから、あさぶくろの読み方が正解だと思います。

 

閑話休題でした。

 

麻袋に書かれている文字。
これは生産地の情報が書かれています。

 

国の名前、農園の名前、生産者の名前、ICOという国際コーヒー機関がありまして、そこで決められたそれぞれの生産国の番号があってその番号があり、それらが記載されています。

 

あとAPとかEPとか、アメリカ仕様(アメリカンプレパーション)とかヨーロッパ仕様(ヨーロピアンプレパラーション)とか、そういった仕様を記載されていたりします。

 

あんまり面白くない話ですよね、あはは。

 

精製法も書かれています

この写真を見てもらうと「UNWASHED(アンウォッシュド)」と書かれていますね。
これは精製の行程で水を使用していないですよ、という意味です。

 

 

 

 

精製では大きく2つあって、水を使うWASHEDと水を使わないUNWASHEDがあります。

 

UNWASHEDはナチュラルとも呼ばれるのですが、どうもこの2つは正確には違うようなのですね。
詳しく書くと更にマニアック路線になってしまうので、今回はそれについて書きませんね。

 

では水を使う、使わない、は何の違いがあってそうなるのか。

 

これは生産される国によって水が豊富かそうでないか、が大きく左右されているのですね。
比較的ブラジルは雨が少なく、水が豊富とは言えませんので、水をできるだけ使わない精製法が用いられてきました。

 

逆に水が豊富な国は、その水を生かしたコーヒーの精製を行う、そういうことなんですね。

 

この精製によっても随分、味わいが変わってくるのですね。
同じ国で同じ農園で栽培され収穫されたものを、違う方法で精製すれば、同じコーヒー豆であっても全然違う味わいになるんですね。

 

面白いですよ、ほんとに。

 

こういうこともあるので、コーヒーの味わいに関しては複雑になるのですが、コーヒー豆の精製によっても味わいが変わること覚えておいてくださいね。

 

今回はそんな雑学なお話でした。

 

それではまた。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

一歩一歩

 カフェBeの実習生 一歩一歩 成長していく様子を見ていて こちらもすごく勉強させられてい

記事を読む

ハンドドリップのちょっとしたコツ

2016年も最後のブログとなりました。 少しずつ読者さまも増えて、とても嬉しく思っています。

記事を読む

味の変化

高槻店の焙煎機を使い始めて10ヶ月あまりが経ちました僕の焙煎機のシリンダーは従来の鉄製でなくステンレ

記事を読む

伝家宝刀

 そうです 伝家宝刀の技を使うときがやってきたのです 島珈琲流紅葉落とし焙煎 というのは冗

記事を読む

コーヒーはどの温度で飲むと1番美味しいのか?

プロローグ コーヒーのことを書いていますが、たまに前に書いたようなことを改めて書いている事もあると

記事を読む

なぜコーヒー豆は購入する都度に挽くのか?

プロローグ コーヒー屋、コーヒー専門店にとって基本中の基本であり、その都度挽かないってどうなん?と

記事を読む

コーヒー豆の販売で、豆と粉 どっちで買っていく人が多いの?

島珈琲は2017年の春3月29日で、開業してから15年を迎えます。 岡町本店でスタートして、最初は

記事を読む

ブレンドのネーミングはどんなふうに決めているのか

娘はなぜかテレビの天気予報が好きで、大阪は晴れくもりやなぁとか、花粉状況が沢山やなぁとか、独特の関西

記事を読む

お店でコーヒー豆・粉は一度にどれくらいの量を購入するのがベストなの?

昨日、12月26日は岡町本店は年内最終営業でした。 25日の日曜日にお客さんは集中して来て頂きまし

記事を読む

センス抜群!

  手前味噌ですみません めっちゃいいラベルができました! じゃあねピース

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑