*

蒸らしを終わらせるタイミングとは

ここ数回、蒸らしに関係するブログが多いような気がしております。
ではおさらい、「蒸らし」とは何か。

 

ペーパードリップの場合、ドリッパーにペーパーをセットし粉をセットします。
そしてお湯の温度は94℃に整える。(お店ではそうしてます)

 

そして一湯目、粉全体に均一にお湯がかかるように、そして湿らす程度のお湯の量を注ぎます。
下の受けポットやカップに一滴か二滴くらい、ポタッポタッと落ちる程度が理想ですが、それは結構難しいので出来るだけ落ちない様に心がけてする、そんな気持ちでやってみてください。

 

この時新鮮なコーヒー豆を購入した場合、粉はぷくっと膨れてハンバーグのようなカタチになります。
粉の場合で購入したときは、残念ながら新鮮なコーヒー豆をその場で挽いてもらい、すぐに冷凍保存したとしてもこれは小さいものか、もしくはないものになります。

 

さて今回はこの蒸らしの終わらせるタイミングについてお話していこうと思います。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

蒸らしを終わらせるタイミングは?

鮮度の良い豆を粉にし、すぐにドリップし蒸らしをする場合、写真のようなぷくっと膨れます。
これは僕のタイミングの計り方ですが、このぷくっと膨らんでいるとき、じっーと見ます。

 

そうすると、膨らみが絶頂に来たとき、その膨らみが下がり始めます。
下がり始めるその時、ここが次にお湯を注ぐタイミングとなります。

 

蒸らしを終わるタイミングがちょっとくらいの遅い早いで、味わいの変化は気づきにくいものですが、蒸らし過ぎると(時間経過が甚だしいと)、やっぱり蒸らしをちゃんとしたコーヒーと比べたとき、味わいのダウンは明らかなモノとなります。

 

たまに自分のコーヒーを淹れる時に僕はやってしまうのですが、蒸らしをして、うっかり他のことを思いだして、その事に気を取られコーヒーを淹れていること自体を忘れてしまい、蒸らしをしてから数分か経ってから気づくことがあり、それを継続して淹れた時、やっぱり残念な味わいになっていました。

 

膨らまない場合は?

この場合は時間です、時間ではかります。
25秒から30秒の間ですね。

 

お湯をかけて蒸らしの状態にして、だいたいその時間が経ってから、次のお湯を注いでください。

 

その秒の定義はというと、上に書いたぷくっと膨らんで下がるまでの時間がだいたいそれくらいです。
なので、この場合は目安でするしか方法がないです。

 

コーヒー屋さんによっては20秒だとかまちまちですが、アバウトに言えば20秒から30秒の間なら問題ないと思ってます。

 

昔、もう20数年前ですが京大で、一般向けのコーヒーの講習会があり、そこへ僕は参加したのですが、講習の最後、質疑応答で一般参加の方どうしが、蒸らしの時間で言い争っているシーンがありました。

 

ある人は20秒だ!別の人は、いいや30秒だ!って。

 

家庭ではコーヒーを「楽しむ」が一番最優先なので、~でなければならない、というな考え方よりも、少しアバウトで結果美味しかったらいいやん!くらいがいいのじゃないか、僕はそんなふうに思っています。

 
あくまでも目安のお話ですからね、楽しんでくださいね。
そんなこんなで、今回は「蒸らしの終わるタイミング」のお話でした。

 

それでは、また。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

家庭用ミルの便利な掃除道具、三種の神器はこれ!

プロローグ 世間一般のお正月休みが終わると、お店は一段落し流れは緩やかになります。 そのはずだと

記事を読む

無糖のできがむちゃくちゃいい!

あるお客様からメールを頂きました 「今年のコーヒーシロップ無糖は より美味しくなったように感じます」

記事を読む

島珈琲も売れないときがありました、そんな時こうしてました

家に帰りお風呂に入っていると突如、明日のブログのネタが浮かぶときがあるんです。  

記事を読む

焙煎と技術

 僕が思うに焙煎の技術とは マシンを知ること 原料を知ること が非常に大事ですが 一番大事

記事を読む

カウンターに漂う緊張感

 鮨屋のカウンター 大将がひょいとネタケースをまたいで にぎりを下駄に置いてくれる瞬間 鮨

記事を読む

コーヒーの適齢期はいつ?

プロローグ 日曜日は、営業日は日曜日だけの岡町本店でコーヒー豆の販売をしています。 岡町本店はコ

記事を読む

この粉の量 3日くらいで飲み干してしまうけど、それでも冷凍保存がいい?

昨日は島珈琲の通信販売ができるホームページのちょっとリニューアルのため、僕のサイトを制作してくれてい

記事を読む

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのですが、夏はゆっくり出来る日も。

記事を読む

コーヒーメーカーを長持ちさせるために 守って欲しい大事なこと

プロローグ 先日 お客様に「島さんはほんとにコーヒーが大好きなんですね」 と言われました 好きな

記事を読む

ハンドドリップを上達させるために

プロローグ 8月の終わりを迎え、朝が少し過ごしやすくなっている高槻です。 焙煎が少し楽になってき

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
違うの?一番美味しい時は焙煎したてのコーヒー豆なのか

昨日は友人たちと西宮・船坂にある古材問屋に行ってきました。 古材問屋

そんな簡単なこと?僕が個人経営のお店でこれ大切!と思っていること

僕勘違いしていて、高槻店は6年目だと思っていたら、今は5年目でした。

僕 島規之がオススメのコーヒーミルはこちら

最近、ブログの出だしが娘のことをかなりの確率で書いているなぁと、改めて

僕がペーパードリップで大事にしている1つのこと

娘と日本むかしばなしを見ています。 夜はだいたい20時くらいに家に帰

定番ネタ カフェラテとカフェオレの違いって何か

昨晩はエクスマ塾69期の同窓会でした。   個性

→もっと見る

PAGE TOP ↑