*

ドリップするときのお湯の細さ、太いとダメなの?

昨日は娘の幼稚園で夏祭りが開催された様子。
奥さまも準備の段階から手伝い、昨日が本番。

 

動画を見せてもらいましたが、楽しそうな様子。
どうだった?と娘に聞くと「うん!楽しかった」と元気の良い返事がかえってきました。

 

幼稚園で友達とのいろんな経験が、少しずつ娘を大きくしている、そんな過程を感じながらお父ちゃんを楽しんでいます。

 

次のお休みはどこへ遊びにいこうかな。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

ドリップするときのお湯の細さについて

先日、こんなツィートをすると沢山の反応を頂きました。
こちらです。


基本的にお湯を注ぐ時のポットからでるお湯のラインは細くする、が一般的ですが、僕の場合結構太いときもあります。
ツィートの写真では、マグカップに直接ドリッパーをのせてドリップを。

 

2杯分の粉の量で18グラム、出来上がりが230ccくらいでしょうか。

 

コーヒーの味わいはさらっとしている方が僕は好きで、特に2杯分を一気に抽出するときは時間が長くならないように、お湯を太くして抽出時間を短くするようにしています。

 

こうしなさい、という話でなくさらっとした味わいが好きなら、お湯を太めにしてささっと終わらすのもテクニックです、というお話ですね。

 

なので、お湯が太いからいけない!ダメだ!ということは全くありませんからね、味わいの好みです。

 

お湯の太さ細さもお好み次第

同じ分量で比べた場合、お湯を細くしてゆっくり抽出すれば、出来上がりのコーヒーは濃い味になります。
逆に、お湯を太めでささっとしたら、軽めのあっさりとした味わいになります。

 

右と左で比べたらよくわかるのですが(もしかしたらその差僅差かもしれないので、わかりにくいかもしれませんが)、なんとなくこうしたらこうなる、というのを頭に入れておけば同じいつものコーヒーでも、今日はちょっと軽い目にしたなぁ、と思えばささっとドリップを。

 

濃い目にしてアイスコーヒーにしてもいいなぁと思えば、ゆっくりと抽出して濃い目のコーヒーにして、楽しむのもいいですね。

 

抽出のスピード=お湯の細さ・太さ でも変わり、味わいの濃淡も調整できる、そんなことも出来ますよーというお話でした。

 

この記事が参考になり、あなたのコーヒーライフがもっと楽しいものになればとっても嬉しいです。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。   というのも島珈

記事を読む

コーヒーはあなたの身体のバロメーター

プロローグ さて、あなたは自分の体調を何で管理していますか? うーん今日はちょっと身体がこってる

記事を読む

コーヒーのプロ 島さんのお薦めのコーヒー器具はどれ?

コーヒーブームに乗って、最近ほんとうにコーヒー器具の種類が増えたと思います。 僕自身も知らなくて、

記事を読む

no image

cafe Beとは

 はじまして こんにちは 店長のしまこーひーです あなたのハートをキャッチするコーヒーを焙

記事を読む

焙煎するコーヒー豆には皮がある、その二次利用とは?

プロローグ コーヒー生豆を焙煎すると、コーヒー生豆についている薄い皮が熱によって剥がれてきます。こ

記事を読む

コーヒーが瞬く間に世界に広がっていったワケ

プロローグ コーヒーが瞬く間に世界に広がっていた理由とは。 1600年くらいからの大航海時代。コ

記事を読む

作る時の気持ちって大事

美味しく作る、最強のコツはそのことを楽しむこと。 美味しくなれ、と愛情を込めること。 &nb

記事を読む

ド素人の嫁さんが作る美味しいアイスコーヒーの方法

昨日のブログに書きましたように 昨晩は休肝日をとりました がんばって今日も大好きなお酒をがまんします

記事を読む

暑い時に欲しくなる、あまーいコーヒーのレシピ教えちゃう

プロローグ 実は僕、昔バーテンダーになりたいと夢見た時期がありました。シェーカーを振りグラスに注ぐ

記事を読む

エスプレッソ

エスプレッソマシンを使い出して 4年くらいになりますが やっとなんとなくわかってきました ドリップで

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑