*

ますます岡町本店

公開日: : 感謝!!

昨日より今日 今日より明日 去年より今年
高槻店 おかげ様で開業より1年半が経ちました
まだまだアマちゃんの域ですが
でも少しずつ少しずつですが経営も安定しだしてきました
コーヒー豆屋は 夏場がしんどい のが定説で 
まだ2年目の高槻店は 今年もつらい夏になると思いますが
この夏を踏ん張ると3年目が見えてきます 
石の上にも3年 ひとつの目安となる3年に向けて
地道に努力を継続したいと思います
高槻店を盛り上げようといろいろがんばっていると
なぜか岡町本店のほうで結果がでてくる と前にここに
書きました それはまだ継続していて
日曜日だけの岡町本店 新規のお客様がゆっくりと増え
日曜日だけの営業にも関わらず 一日にたくさんたくさんの
お客様が足を運んでくださること 心からほんとうに感謝です
そんな岡町本店のお客様に恩返しがしたい
もちろん続けていくことが最大の恩返しですが
岡町本店ももう13年目
オープンする際 お金をかけずにオープンさせないと
いけなかったので(元手は300万円だったんです・・・)
お店の外壁や内装の工事は友達に手伝ってもらいながら
ほとんど自分たちでしました
その内外装もだいぶと色あせしまして
そろそろ改装がしたいと思ってます
高槻店のように廃材や古材の建具をつかって・・・
まずはこのこれからの夏場のりきること
そして力を蓄えること
夢はでっかいほうがいい!といっても今の場所を動くことは
ありませんけどね とにかく目の前に手の届く目標をもって
ひとつひとつがんばりたいと思います
明日は岡町本店で お会いしましょう!
写真は 高槻センター街にある フレンチレストラン
四季菜フレンチ ソレイユさんから仕入れている
タルトフロマージュ (チーズケーキ)
美味しそうでしょ♪1日ちょっとだけ限定で高槻店のみにて置いてまーす

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

この世の中で唯一コントロールできるもの

やっぱり生ライブはいい   こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

記事を読む

no image

なくした何か

 今 なくしてたモノを気づいたような感がある 懐かしい時間というのは 例えば懐かしいメロデ

記事を読む

ぼちぼちいこか

 明けましておめでとうございます 本年もよろしく御願い致します さて皆さん お正月はいか

記事を読む

no image

タイフーン

 今朝 携帯の目覚ましがうねりをあげ 目覚める 外ではごーごーと 風が吹いている これはも

記事を読む

わかれ

 今日は島珈琲で働いてもらっているNさんとの最後の仕事の日でした 僕が休みを取るために1日

記事を読む

のびのびのびた!のびろ長所!

 施設ぷれいすBeの利用者 Tくん と Kくん  水曜日と木曜日は二人揃って 13時から1

記事を読む

満は損招き 謙は益を受く

  満足すれば思考は止まる 思考しなければ進歩は止まる 何事においても 謙虚な気持ちを忘れ

記事を読む

12月 年の終わりに感謝を思う

12月は島珈琲にとって繁忙期になります 連日忙しく そして大好きな焙煎をさせてもらってます

記事を読む

ア ローズ イン ザ レイン

  カフェBeの花壇に綺麗なバラが咲いています 雨に濡れれば 少し色っぽいバラ  花壇に

記事を読む

寒さのせいで・・・

 か どうかはわからないけどエアコンがつぶれた 豊中のお店の・・・ スイッチをえいっ えい

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

福祉の島珈琲 今年は動きます!

さぁ今年は動こうか、と奥さんに話していました。 その前の晩に一人お酒

後口が紅茶のようなコーヒー

昨晩はおうちで家族揃って、夕食を。   五歳の娘

→もっと見る

PAGE TOP ↑