*

焙煎を究めるアーティスト

公開日: : 焙煎アーティスト

たぶん本来なら 焙煎を究める ではなく 焙煎を究め続ける 
だと自分では思ってます
というのも 究める 究めた と言ってしまえば
その場所が天井であって 技術というのはさらに上 更に美味しいものを
と求めて研磨していくのが職人や技術者の本来あるべき姿です
(ゴロががいいので究めると言っていますが・・・笑)
アスリート 例えばマラソンランナーなら前回のレースよりも
1分1秒でも早く走りたい と練習に励むように
コーヒー焙煎者の僕も 昨日より今日のコーヒーをさらに美味しく
するためにどうするか を日々考えております
たぶん 死ぬまで焙煎を「究めた」 なんて 言えないと思います
さらに もっと 美味しくできることを考え 追い続け
きっと人生が終わるまで 美味しいコーヒーを探求していくと思います
美味しいコーヒーを焙煎するために必要なことが
僕の中で3つあります
焙煎機を知る 機械を知ること
コーヒー生豆を知る 原料の良し悪しを知ること
そして焙煎機の掃除をこまめにすること
今朝も少し掃除しましたが 随分と汚れていました
時間が限られていたので 美味しさに影響する箇所の掃除ではなかった
のですが アスリートがコンディションを調整するように
焙煎機も日々のコンディションを調整させてあげることが大事です

これは焙煎したコーヒー豆を冷却するところです 冷却箱とよばれています

冷却箱を取り外すと中はこんな感じになっておりまして
コーヒー焙煎する時にでる煙に含まれている油(クリーンカー)がこびりついてます
冷却が素早くできるとコーヒーの味も引き締まったものになるので
冷却も大事なんですよ  さぁ掃除 そうじ

これがバーナーの部分です 均一なカロリーを出力してほしいので
根詰まりしないようにエアーをかけゴミを吹き飛ばしました

この写真の一番上で回っているのが コーヒー生豆が入っているドラム
火であぶられている様子が おわかりになられますか?(わかりにくくてすみません!)
要は焙煎ってこういうことなんです

これがドラムそのものです 羽がついているのは焦げないよう
均一に火を通すためについていて 撹拌するためのものなんです
この中にコーヒー生豆が入ってぐりんぐりん しゃかしゃか 回っています
高槻店はこのドラムの素材が一般の鉄製でなく
日本で数台しかないステンレス製なんです
詳しくいうと一晩かかるので(笑) 要約すると
味は美味しくできるが コントロールが難しいじゃじゃ馬さん 
と言っておきまーす
ということで 今月 フルーティーなアイスコーヒーの仕込みの焙煎が
終わったら フル掃除をしたいと思ってます
またわかりやすくレポートしますね ではみなさま 良い週末をお過ごしください♪
 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

もっとはやく気づいていれば・・・

プロローグ 僕がコーヒーのことをブログの記事として書くわけは、僕がコーヒーことが大好きなことと、ま

記事を読む

僕はどうしてコーヒー焙煎屋を選んだのか

先日、娘に「お父ちゃんはなんでコーヒー屋さんになったの?」と聞かれました。 もうそんな質問をしてく

記事を読む

TANPANCOFFEEを美味しく飲むためのコツ

あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TANPANCOFFEEが全国の皆さんの手に続

記事を読む

迷えば、その「迷い」はモノに移る

プロローグ 今まで結構迷って生きてきました。笑 特に焙煎のことは何度となく迷っては負のスパイラルに

記事を読む

コーヒーを淹れるのに一番難しいと思うところはどこ?

昨日は娘の幼稚園の入園式でした。 年中さんで、今日から幼稚園がスタート。  

記事を読む

コーヒーの香りを引き出す技術とは!?

プロローグ 昨日 午前中は歯医者で痛い思いをし(笑)、その後 娘と公園で遊びました。公園には花がい

記事を読む

夏のコーヒー豆・粉保存方法

プロローグ お客さまからのご質問で一番多いのが、コーヒー豆・粉の保存方法。保存方法においては定期的

記事を読む

コーヒーのことを迷わない1つのすすめ

プロローグ コーヒー屋はお山の大将である ←島規之の名言 迷言?笑 野に咲く花のように~♪

記事を読む

コーヒー豆にはフラットビーンとピーベリーという種類があるんです

プロローグ コーヒー豆というのは、コーヒーの実の種でして、似ているもので例えるとサクランボのタネの

記事を読む

コーヒーの持つ天然の甘さについて説明しようと思ふ

プロローグ コーヒーって苦味や酸味って表現をよく使って、味を言葉にしますが、甘みもあるんですね。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

福祉の島珈琲 今年は動きます!

さぁ今年は動こうか、と奥さんに話していました。 その前の晩に一人お酒

後口が紅茶のようなコーヒー

昨晩はおうちで家族揃って、夕食を。   五歳の娘

→もっと見る

PAGE TOP ↑