*

いつまでも勉強だなぁ

公開日: : 日々他愛のないこと

できるだけ時間をつくってセミナーに行くようにしています
いままで数々のセミナーに行って必ずというほど言っていたことは
「本を読みなさい」と
特に40歳になるまでに必ず読書癖をつけなさい 
目が見えにくくなるので 読書癖がないと本から離れてしまうからと
お店で時間の空いたときは できるだけビジネス書に目に通し
夜 家に帰り 娘と遊びながら読む本は僕が大好きな 時代小説
戦国時代の武将のものや 藤沢周平さんの本を読んでいます
が 最近 夜 本を読んでいると娘が 「うー」と言って
(娘は1歳半で まだしゃべれません)手を差し出します
手をつなげ ということで 本を読んでいる僕をひぱって
娘の遊び部屋につれていかれます なので なかなか進みません
閑話休題
なぜ 読書なのか やっぱり想像力をつけることや
知らないことを知ることによって 物の見方の角度が増えること
発想力 教養 知的欲求 疑似体験 かなぁ
それと僕にはこのブログを書くため
書くためには大量のインプットが必要です
ありがたいことに最近たくさんの方が読んでくださっています
一時と比べれば倍以上のアクセス数になりました ありがとうございます
期待されることは義務である
お商売も一緒です お客様の期待を裏切らないように
常に勉強し 読書し深化する
変化とブレない 
この2つバランスを保ちながら 継続していきたいと思います
いつもありがとうございます!
写真は 昨日 高槻店のグラインダーを掃除しました
ドイツのマールクニック社製のもので 分解してよく見ると
周りにフィンがついているんです これは冷却のためのもので
表面積を増やすことで カッター部で発生する熱を放熱し冷やすもの
なんですね よくできてるなぁーとまじまじ見てました

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

コツコツこつこつ

  大相撲  僕はあまり詳しくないけども 立ち飲み屋でTVのハイライトを 「名古屋場所は 

記事を読む

no image

祈り

 ビッグイシュー日本版135号のスティングのスペシャルインタビューの中に 興味深い一文があ

記事を読む

乾杯から愛を語る

かたい絆に 思いをよせて 語り尽くせぬ 青春の日々 時には傷つき 時には喜び 肩をたたきあった

記事を読む

好きなのである

 笑われるかもしれないが 好きなのである チョコレートパンが 幼いとき 母に買ってもらって

記事を読む

おいらはドラマー

 ヤクザなドラマー おいらが叫ぶと・・・・ 叫んだらあかん 23日 天気の雲行きがあやしい

記事を読む

no image

がんばりなはれ

 先日 待ち合わせまでに時間があったので  目的地まで40分ほどの道のりを歩いてみた 歩く

記事を読む

ぞくぞくと

ありがたいことで取材が重なって入りまして まだまだ島珈琲の存在を知らない方に アピールできる機会をい

記事を読む

no image

あんパンチ!

 昨日はお休みを頂きまして 身体も心もリフレッシュしてまいりましたやっぱり週一回はきちんと

記事を読む

おちついて

  高槻店をオープンして 2週間が経ち ようやく落ち着きを取り戻し これからがほんとうの勝

記事を読む

止まりたいとき

休みなく働いていて 今日は身体がゆうこときかないなぁ と思うこと 多々あります 休みをとらないと・・

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
短パンコーヒーを美味しく飲もう!おうちで楽しむコーヒーの基本的なこと

短パンコーヒーがいよいよ全国に発送され、本日より順次皆さんのお手元に届

島珈琲の通販のお買い物をもっと便利に

島珈琲は岡町本店と高槻店があり、姉妹店にカフェBe店、この3つのお店を

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ

カップとスプーンの置き方に決まり事はあるのか

最近、嬉しいことに娘が「お店」に興味を持っているようで、しきりに「大き

ブラックコーヒーを飲むきっかけは何か

僕がコーヒーに興味を持ったのは、高校生の時。 チェーン店であった珈琲

→もっと見る

PAGE TOP ↑