*

わからんかったけど勉強しました!コーヒーギフトと熨斗(のし)

公開日: : coffee ,

開業した当時は、コーヒーギフトのことなど頭の隅にもありませんでした。
なぜか?
包装紙の包み方がわからない、熨斗の知識がない、そんなできないこと理由にして逃げていました。

 

当時はコーヒーギフトなんかせんでもやっていける!って思ってました。
アホだな。

 

やっていけるとか、いけないとか、そんなのは自身の傲慢で、僕の焙煎したコーヒーを大切な人に贈りたい、そして喜んでもらいたい、そう想ってくれているお客さんのことを考えたことあるんか!バカチンが!と当時の僕に言うてやりたい。

 

そしてそれに気づいた時、贈る人も贈られた人も喜んでもらえるギフトを作ろう、そう想いながら現在に至ります。

 

最近はありがたいことにギフトのご注文が増えました。
お店の帳簿は僕が管理しているのですが、数字のことを知らない奥さんでも、年々ギフトの需要が増えてるなぁと肌で感じていること、先日口にしていました。

 

さて今回はコーヒーギフトと熨斗(のし)についてのお話です。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

熨斗について

今でも正直、わかってないところがあるんですね。
そんな時はもうグーグル先生に聞くのが一番。

 

熨斗 ほにゃらら と知りたい事を検索したら、熨斗のことはたいていはわかるはずです。
便利になったよね。

 

ですので多く使うことがある熨斗、島珈琲では内祝でお使い頂くことが多いので、これは間違いないように頭にたたき込みました。

 

というのも一回手痛い失敗をして、お客さんにご迷惑をかけたのですね。
それは何かというと、紅白結び切りと紅白蝶結び、これを間違えたのです。

 

紅白結び切りとは、紅白の水引きをほどけないように結んでいる熨斗です。
なので、意味は(できれば)一度っきりでいいことのお祝いに使うのですね。

 

例えば結婚のお祝いやお返しなどは、内祝の紅白結び切り。

 

出産のお祝いは何度あってもいいので蝶結び。
すぐほどけるから何度でもあっていい、という解釈ですね。

 

これを結婚のお祝いに蝶結びにしてしまうと、知っている人は「むむむ」と思うのですね。

 

僕の失敗は、間違ってご出産の内祝を結び切りにしてしまって・・・。
お客さんにご指摘され、平謝りでした。

 

それ以降は熨斗で間違えないように必ず調べるか、それでも何か分からないことがあれば、母親が詳しいので電話で聞いて確認しています。

 

コーヒーギフトに想いをつめて

先ほども書きましたが、贈る人も贈られた人も、どちらもが喜んでもらえるように、愛情込めて詰め合わせてラッピングを。

 

ご予算とギフトの内容の相談においては、もし自分がもらうならというのも頭に置きながら、お客さんのご要望とお気持ちを聞いて、内容をチョイスしています。

 

予算が多すぎるときは僕から「予算が多いと思います」とやんわりお伝えしてます。

 

今年になって特にギフトのご注文を沢山頂戴してます。

熨斗を間違えない、愛を込めてラッピング、贈る人も贈られた人にも喜んでもらう、これが僕がコーヒーギフトで大事にしていることです。

 

先日、贈る人から贈った方が喜んだ様子を教えてもらい、それを喜んでいる贈る人の様子を僕が喜んでいる、そんな幸せなシーンがありました。

 

いつもこんなことがあれば嬉しいなぁと思いながら、今日もせっせとギフトを愛情込めてラッピング。
笑顔があふれますように。

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

特注・ハッピーウエディングブレンド(引出物オリジナルブレンド)の制作の流れ

プロローグ 先日 岡山からいつも御来店頂くお客様のご依頼で コーヒー豆の引出物を特注のオリジナルブ

記事を読む

昔のコーヒーは美味しかった!は、ほんとうなのか?

本日はこんなツィートをしました。     おはようございます。

記事を読む

知ってますぅ?歯周病対策にコーヒーが効果的なことを!

今朝は6時過ぎの家を出て 高槻店に車で向かい 岡町本店でも使う荷物を積みこんでいましたが 半袖

記事を読む

薄味が好きな人が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいのか?

プロローグ 前回のブログでは、濃い味が好み方が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいか?を記事にしました。

記事を読む

コーヒーメーカーとハンドドリップ、同じ味わいにならないのはなぜ

僕のフェイスブックのコメント欄に、タイトルのような質問をお受けしましたので、今回はこのテーマ、コーヒ

記事を読む

作る時の気持ちって大事

美味しく作る、最強のコツはそのことを楽しむこと。 美味しくなれ、と愛情を込めること。 &nb

記事を読む

シーンで分けてみる お好みのコーヒーの味を探すためのヒント

実は苦味があるとか酸味がある、というのは僕たちプロからするとどちかといえば、ネガティブな表現なのです

記事を読む

何か意味があるの?コーヒー豆に付けられている名前とは

プロローグ モカ、キリマンジャロ。 どちらも大抵の方は知っていると思います。  

記事を読む

違うふたり

 岡町本店にある焙煎機 高槻店にある焙煎機 同じ国産メーカーの焙煎機ですが どちらも違う微

記事を読む

中煎り(中焙煎)と深煎り(深焙煎)の決定的な違いとは

プロローグ もちろん味わいの違いもあります。 中焙煎は爽やかな酸味と僅かに感じる苦味のコントラス

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
料理は心やで

昨晩は中学時代の友達とご飯を一緒にしました。  

アイスコーヒーに向くコーヒー、向かないコーヒー

昨晩は仕事で遅めの帰宅。 僕以外の家族はご飯が終わり、一人で晩酌をし

障がいのある方から学びを得る

障がいのある方と関わり、こうしたところで何かを記事にする時にいちいち「

焙煎技術を高め、味わいを良くしたの方法は実は○○だった

なんとなくこいうタイトルを付けるのは嫌なんです。 なんか思わせぶりで

ブログを書くというリスク

高校生の時だったかな。 FMラジオから尾崎豊が唄うLOVE WAYが

→もっと見る

PAGE TOP ↑