*

コーヒーを濃い味か薄味にドリップする、基本的な方法

ご存じでしたか、カフェインは水(お湯)の温度が高いと溶けるけども、温度が低いと溶けにくいのです。

 

ですので、水だしコーヒーや紅茶、麦茶とかもそうなんでしょうが、水だしでつくるものほうが、溶け出しているカフェインが少ない。

 

つまり、お湯で淹れるコーヒーよりも、水だしで作るコーヒーの方がカフェイン含有量が少し少なくなるようです。

 

但し、数値で測ったわけではないので、理論で言えばそうなるよなーという僕の見解です。

 

あまり役に立たないけど、へぇーっていうお話でした。
それでは、さよなら・さよなら・さよなら。

 

って、始まるのはこれからやー!終わったらあかんやろ、ですね、はい。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

基本的な濃い味・薄味するための知識

この5月から6月にかけて大阪では、ちょっと暑いと思えば、朝晩は少し肌寒かったり。
アイスコーヒーも飲みたい気分になるけど、ホットコーヒーもまだまだ飲みたいわよねーという方が多いようですね、接客してお話をしていると。

 

ホットコーヒーの粉を兼用しながら、アイスコーヒーしたりして皆さん工夫されていますが、基本的な濃い味また薄味の調整法をご存じでない方も少なくないので、基本的なことを改めて書こうと思いました。

 

まず粉の量は基本的に1杯120~130ccで10グラムくらい。
2杯分240~260ccですと、8グラム足して18グラム。
倍量にすると濃い味わいになっていくので、1度に淹れる杯数が増えれば粉を少し減らすのがいいでしょう。

 

単純に濃い薄いを粉量の増減する方法が1つ。

 

次に挽き方。
粉にするとき、挽き目というのがあります。

 

細挽き・中挽き・粗挽き
ダイヤルがついて調整のできるミルは、目盛りが若くなる(1に近づく)ほど細挽きで、数字が大きくなるほど粗挽きに。

 

味の濃淡は、同じ10グラムでドリップしたとして比べた時、細挽きの方が味わいが濃くなり、粗挽きになるほど薄味になります。

 

中挽きはペーパードリップなどに適している挽き方で、その真ん中あたりを一般的にさしています。

 

3つめは淹れ方

ハンドドリップしてる場合に限られてくると思います。
が、近年はコーヒーメーカーでもドリップの早さも調整できるのが発売されているかと思います。

 

ここではドリップに限らせて説明しますね。

 

とにかくゆっくりドリップする。
お湯を落とす量をいつもよりもこれでもか!というくらいゆっくりすると、同じ10グラムでも結構、濃いコーヒーが出来上がります。

 

但し出来上がりがぬるくなるので、アイスコーヒーを作るときにそれを試されるのがいいかと思います。

 

基本的にご家庭でできる、コーヒーの味わいの濃淡の調整は、この3つと考えています。

 

粉の量を多く使う、というのが簡単な方法ですが、家のおサイフのことを考えて経済的にしたい場合は粉を細かく挽く(またはお店で挽いてもらう)、ドリップをゆっくりするが良いかと思います。

 

いかがだったでしょうか、アイスコーヒーと兼用するときなどに、参考にしてもらえば嬉しいです。

 

暑くなりってきましたので、お身体にお気を付けて。
それでは、また。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

水だしコーヒーは何グラムで何ccの水で作るとよいのか?

プロローグ 前回のブログは記事というよりも、動画メインで投稿させてもらいました。これから動画っても

記事を読む

マンデリンが危ない!

プロローグ 最近 日本の高品質コーヒー市場において いろんな打撃があります 円安になった 相場が上

記事を読む

ほんの少し幸せに ほんの少し豊かに

自営業をはじめ 独立したのが2002年 紆余曲折だらけですが13年目に入り 13周年も年が明ければも

記事を読む

コーヒー豆を購入する量は1回でどれくらいがいいのか?

プロローグ コーヒー豆の販売を専門にして島珈琲を立ち上げ、もうすぐ14周年を迎えようとしています。

記事を読む

焙煎したコーヒー豆を手選別(ハンドピック)する理由

プロローグ ご存じですか、コーヒー豆を焙煎している間は、職人さんは何をしているのか? 他の方は知

記事を読む

アイスコーヒーはなぜ深焙煎のコーヒーを使うのか?

プロローグ アイスコーヒーはなぜテカテカに光る深焙煎の苦めのコーヒー豆がいいのか? 深焙煎でない

記事を読む

勘違いしてませんか?本当のコーヒーの苦味は焦げではありません!

プロローグ 僕、ぶりかまが好きなんです。 ぶりかまにゆっくり火を通して、箸をいれるふわっとしてジ

記事を読む

no image

ストライクゾーンとコントロール

 就労移行支援で毎日2時間 施設側のプログラムとして コーヒーのたてかたを指導している 彼

記事を読む

no image

わたし草食系です

 朝市をやり出してから 野菜をもっと知らないといけないし また葉野菜は余るとどうしようもな

記事を読む

ブレンドの作り方 考え方

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日 高槻店での喫茶部門 夏のナ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
店舗経営にブログの更新はどんな効果があるのか

僕がブログをほぼ毎日のように更新しているのは、もちろんお商売のためでも

コンビニ100円コーヒーの存在は、どんな影響を与えたのか

コンビニのコーヒー、皆さんはよく飲まれますか? 僕は時々ですね、買い

ハンドドリップの「蒸らし」は何のため?

家族旅行から帰ってから、待っていてくれたかのように通販のご注文が相次ぎ

コーヒーの「美味しい」には 何が隠されているのか

ありがとうございます。 19日から21日まで僕の両親と家族、合わせて

6/20(火)21(水) 通販業務・高槻店臨時休業のお知らせ

      い

→もっと見る

PAGE TOP ↑