*

コーヒーの実の収穫って大変なんです!のお話

昨日ツイッターに、このツィートをしたところ興味を持ってくださった方がおられましたので、ちょっと詳しく書いてみよおうかな、と思いました。

 

ブログを書く際には、日々のネタ探しが困ったりするのですが、こうしてSNSの反応を見ながらじゃあ詳しく書いてみようと、判断するものさしになることはとてもありがたいです。

 

何気なくふと投稿したことが、興味を持っている方が多いことを知り、ブログのネタになることの確認ができるという感じでしょうか、感謝ですね。

 

今日は昨日のツィートを題材にして、それを掘り起こしていきたいと思います。

昨日のツィートはこちらです。

 

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

コーヒーの実は手で収穫します

コーヒー豆は、コーヒーチェリーという果実のタネを取り出して、精製されて、輸入されて、焙煎されて皆さんがご存じのコーヒーブラウン色した薫り高いものとなります。

 

豆というよりタネなんですね。

 

このタネを取り出すためには、コーヒーチェリーを収穫しなければなりません。
コーヒーの実は自家受粉で、花が咲いたあとに実がつきはじめます。

 

緑色からやがて赤色に。
完熟するのを待ってピッキング(実を摘む・実を採ること)します。

 

このピッキングする人ことをピッカーと呼ぶのですね。

で、実を採る際には、赤く熟したものを採ります。
緑色のものですと未成熟豆といわれ、良い味わいにならないのですね。

 

コーヒーの実は一斉に熟すところもありますが、写真のように緑色と赤色の実が混ざっていることが多いです。
ですので、熟練したピッカーさんは赤色のコーヒーチェリーのみをピッキングしていきます。

 

でもどうしても緑色のものも入ってしまうので、それはその後の行程で、できる限り取り除かれるようになっています。

 

実際、僕がハワイ島でコーヒーの実をピッキングしていた時は、赤い実だけを採る、ということはけっこう大変な作業でした。

 

全て手摘みなの?

基本的に美味しいコーヒーは、標高の高いところで栽培されています。
産地によっては、急斜面・急勾配でコーヒーの木が育っているところもありますので、今のところそういう場所では、手摘みが多いです。

 

ハワイ島のコーヒー農園で、コーヒーの実を摘んでいて、急な斜面で転んだりすることも多々ありましたね。(笑)

 

ただブラジルのように緩やかな斜面で、計算されたつくりになっているコーヒー農園では大きいトラクターのような機械でコーヒーの実を摘む、というより払い落とす感じで、コーヒーの実を採取しているとこともあります。

 

ですので、世界中の産地が手摘みかというとそうではありませんからね。
僕たちがよく口にしている美味しい高品質コーヒーの場合は、コーヒー農園が山岳地帯にあることが多いので、手で摘まれていることが多いと思います。

 

1粒のコーヒーの実の中に、コーヒー豆が二つ。
一杯のコーヒーを飲もうと思うと、1グラムのコーヒー豆はだいたい6粒くらいなので、1杯10グラムとして60粒、コーヒーチェリーが30個も必要になることに。

 

そう思うと、生産者さんに感謝ですね。

 

書いていて改めて、1粒1粒コーヒー豆を大事に焙煎しよう、そんなことを思うのでした、感謝。
それではこのへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

レギュラーコーヒーのレギュラーってどういう意味?

月曜日を一応ブログの定休日として設け、ほぼ毎日更新しております。 よくそんなネタがあるなぁ、と思わ

記事を読む

ドリップコーヒーをティファールで美味しくいれること考えた vol.1

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   今回はティファールでドリップコー

記事を読む

新豆さん!いらっしゃーい!

  いったい何人の人が 三枝ふうのイントネーションで読んでくれただろうか・・・? 先程 朝

記事を読む

ド素人の嫁さんが作る美味しいアイスコーヒーの方法

昨日のブログに書きましたように 昨晩は休肝日をとりました がんばって今日も大好きなお酒をがまんします

記事を読む

ストライクゾーンにストライクを投げるために毎日練習する

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   今朝のツィートはこんなの

記事を読む

コーヒーの適齢期はいつ?

プロローグ 日曜日は、営業日は日曜日だけの岡町本店でコーヒー豆の販売をしています。 岡町本店はコ

記事を読む

業務用卸

 島珈琲は家庭用のコーヒー豆のはかり売り 挽き売りだけでなく ショップで使われるコーヒーも

記事を読む

コスタリカという美味しいコーヒーの国のお話

今晩、18時30分頃からテレビの取材があるんです。 手をピックアップして、いろんな人を紹介している

記事を読む

ホットコーヒーの豆(粉)を買ってきました アイスコーヒーにも使えるの?

高槻は久々の晴天となりました。   しばらく雨が続いていたので、今週から幼稚園

記事を読む

ドリップするお湯の温度は何℃が美味しいの?

プロローグ どうして、いつもいつもブログのネタがあるのか。 僕自身も時々不思議に思いますが(笑)

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないので

古材に囲まれてコーヒーを愉しむ

毎日が割とリラックスして過ごせるのは、これはコーヒー屋の特権かもしれな

→もっと見る

PAGE TOP ↑