*

毎月の季節のブレンド どんな感じでブレンド作っているの?

体調が芳しくありません。
連休前からのバタバタで疲れが出てしまったようです。

 

5月19日金曜日は、奥さまは休みということで僕1人だと、ちゃんと接客ができないのと身体を休めることを重ねて、高槻店の喫茶コーナーはお休み、コーヒー豆販売など物販のみで営業しております。

 

ご迷惑をおかけします。

 

ちゃんと接客できない場合は、おのずと結果お客さんにご迷惑をおかけするので、お断りや、クローズするのは時によっては好判断だと思っております。

 

今日はぼちぼちと物販のみのお仕事をしながら、このブログを書いております。
皆様は気候の変化における体調管理、どうぞお気を付け下さいね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

季節のブレンドとは

島珈琲の月替わりのブレンドで、毎月更新しているブレンドです。

 

5月の季節のブレンドは薫風、6月はあじさい、季語を用いてブレンドの名を名付けています。
さて、この季節のブレンド、どんな風にしてブレンド味作りをしているのか、今回はこのお話です。

 

その月の旬なコーヒーをまず選びます。
お米にあたる新米と同じコーヒー豆の新しい豆、新豆が手に入った時、僕が飲んで今この美味しさは旬だ、と思ったコーヒー、例えばブラジルでも違う銘柄が入った時、などなどその時々でピックアップしております。

 

その飲んでもらいたい旬なコーヒーに、ブレンドを施したのが月替わりのコーヒー、季節のブレンドとなります。

 

さてこのブレンド、作る時にどんなことを考えているのか、というと、
・基本的には島珈琲のラインナップにある豆を使用する。
・ブレンドは2種類の豆を使って作る
・組み合わせの相性を考える
・コスト面を考える
という感じです。

 

この4つのことを考えて組み合わせてできる

ラインナップにある豆を使用する、というのも島珈琲のお客さんは、いつも買う豆の定番が決まっているので、他のコーヒー豆には手を出さず、その月だけ販売するコーヒー豆を入荷したとしても、全部使い切れないのですね、これは島珈琲側の事情ですね。

 

2種類で作るというのは、旬のコーヒーに1種類の豆を加えてブレンドを作るということです。
季節のブレンドは、常にブレンドした状態で置いていません。
オーダーがあってからブレンドします。
なので、手早くできるように2種類でブレンドしています。

 

相性を考える。
旬なコーヒーを選び、2種類で合わす場合お互いの豆の相性があります。
個性派どうしなら味わいがケンカする場合もあります。
ここは積み重ねてきた経験を頼りに、味わいを調べ、合わせます。

 

コスト面を考える。
「経営」という2文字があれば、当然コストのことを省くわけにはいかないですよね。
売値と原価のことを考えます、これは一番最後に考えて、OKならメニューを作る、こんな感じですね。

 

ブレンドを作る時に僕が一番重く見ているのが、コーヒー豆の相性です。
ブレンドしても口の中で味わいがバラバラだったら、ブレンドしている意味がないですからね。

 

新しい味わいの創造はこんな風にして行われています。
6月の季節のブレンドは「あじさい」です、お楽しみにしていてくださいね。

 

それではこのへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ないよね 信用はお金で買えるのか?

今日はめまぐるしく、通販の発送、ご近所さんの配達、それから業務用卸のコーヒーとてんやわんやで、有難い

記事を読む

明日おいしくなーれ

昨日は焙煎機の掃除をしました 技術やテクニックや知識も焙煎には必要ですが 何より一番大事なのは掃除メ

記事を読む

ドリップの極意のうちの一つ

極意なんて書くと、柳生新陰流の必殺剣みたいな、なんかスゲー技なのかと思わせてしまうのですが、先にすみ

記事を読む

無糖のできがむちゃくちゃいい!

あるお客様からメールを頂きました 「今年のコーヒーシロップ無糖は より美味しくなったように感じます」

記事を読む

昔のコーヒーはほんと美味しかった、ってホント?

プロローグ 昔のコーヒーは美味しかったって、言われても昔のコーヒーを飲んだことがないと、それはわか

記事を読む

夏はアイス用の豆が売れるじゃないですか!って本当なの?

プロローグ これから暑くなる季節、コーヒー豆屋は暑さとともに閑散期を迎えます、っていうと、えっアイ

記事を読む

コーヒーポットの選び方

今日の大阪は曇り 朝の風は涼しく 日の光がないぶん暑さは少しマシな気がしますが 今年は湿度が高いよう

記事を読む

麻袋に書いてある文字は何を意味するの?

昨日は午前中はお仕事でしたが、午後はゆっくりと娘と遊ぶ時間に費やしました。  

記事を読む

海外から来るコーヒー豆。輸送中はどんな旅をしてくるのか?

プロローグ 先日、こんなツィートをしました。   コーヒー豆は赤道を中心とし

記事を読む

no image

ディスカバリー

 今日 前職でお世話になりました(株)マツモトコーヒーの社長に 注文の電話があったので 電

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
高級コーヒーの魅力とは?~短パンコーヒーの魅力に迫る~

今日はこんなツィートをしました。    

笑顔力 それは人生をあたたかいものに変える力 かな

今朝はこんなツィートをしました。   接客をして

短パンコーヒーを美味しく飲もう!おうちで楽しむコーヒーの基本的なこと

短パンコーヒーがいよいよ全国に発送され、本日より順次皆さんのお手元に届

島珈琲の通販のお買い物をもっと便利に

島珈琲は岡町本店と高槻店があり、姉妹店にカフェBe店、この3つのお店を

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑