*

コーヒー屋さんというお商売にSNSは役に立つの?

公開日: : カフェオープンに参考になる話

先日から発売されている僕のコーヒー本。
沢山の方に手にとってもらいている様子、嬉しいです。

 

先日はお店の前でお客さんが、わざわざ僕を呼び止めて、本面白かったです!とお声かけを頂き、もう嬉しくて嬉しくて泣いちゃいそうでした。

 

またツイッターやフェイスブックなどのSNSで沢山の感想などを頂けたり。
ただただもう感謝です。

 

SNSによって今まで届かなかった声が届くというありがたい世の中になったのですね、そんな文明の力に感謝です。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

コーヒー屋さんというお商売にSNSは役に立つの?

そんな言われなくても知ってるわ、役に立つに決まってるやん、はい、そうですよね。

 

エクスペリエンスマーケティング、略してエクスマ、エクスマの創始者マーケティングの師匠 藤村正宏先生のセミナーを初めて受けたときに、
「お客さまってさぁ、どんなに良いサービスでも、どんなに美味しいもの食べても、だいたい忘れてしまうものなんです」

 

と言われ、ご自身がたまたまめちゃくちゃいいサービスのいい旅館に行って宿泊し満足してきた、でももう一度行きたいけど思い出させないエピソードと一緒にそれをお話してくれました。

 

僕は、自分のお店のことに照らし合わして、なるほどなぁと手のひらをポンと叩きました。

 

そして、SNSは忘れられないように沢山の人にお手紙を書くようなもの、と聞き、ストンとお腹におちました。

 

コーヒー豆の販売、島珈琲では100g高くて650円です。
そうすると一人一人に手書きのお葉書を出したりだとかすると、ものすごいことになるんですね、しかも大変です。

 

というか、個人店なので(そこは理由にならないですが 笑)そこに使える経費がない、というのがあえて僕の正直なところです。

 

そこでSNS!

ツイッターにしかり、フェイスブックにしたり、地道な労力は要しますが、基本的に知り合った方に、お手紙のように書いたものを投稿するのは、無料です。

 

すごいですよね。

 

 

 

僕は今、ツイッターのフォロワーさんは4500人くらいです。
単純に4500人の方へ無料で手紙を書けるわけですよね。
実質見てくださっているのは、もっと少ないですけどね。

 

ただ、それでも毎日それだけの手紙をだせて、届くなんて、SNSのなせる技だと思うのです。

 

あと顔を出すことで、その手紙(投稿)において信憑性がつくと思ってます。
僕のフェイスブックやツイッターなどで毎日のようにインカメ(自撮りですね)をして投稿しています。

 

今ままでも、自分の顔を見て欲しいとかは思ってませんし、アピールしようとは思ってませんし、むしろインカメは現在も苦手です。

 

でもね、顔写真があるだけでその内容と書いてあることに重みがつくと思うのですね。

 

例えばコーヒー農園。
コーヒー豆の紹介をしているとします、農園の風景だけの写真と、その農園主の顔や何かしている様子との写真、見比べた時にどっちが目をひきますか?

 

やっぱり「人の気」がある方が好反応を示すと思うのです。

 

特に僕を含む、職人の方は顔を出すのを拒みますが、やっぱり聞いて欲しい、知って役立てて欲しい、それによってより素敵なコーヒーライフを過ごして欲しい、と思うならやっぱり自分の顔を出した方が良いと思うのですね。

 

くどいですが、顔を出すことで言葉に信憑性がつくから。

 

顔をだして信憑性をつけ、伝える努力をしながらお手紙を書く。
お店に来られる以外のお客さんと、いろんなコンタクトが取れるようになりました。

 

そしてコーヒー豆のオーダーが必要になったときは、お声かけしてくださります。
つまりお商売に繋がっています。

 

ほんとうにSNSは便利でありがたいですね。
エクスマを学んでほんとうに良かったなぁと思っています。(もちろん現在進行形です)

 

僕がSNSを使っている理由、そしてお商売に役立っているよーというお話でした。
沢山の方にお手紙をだせて、役に立っています。
参考になれば嬉しいです。

 

僕の初めてコーヒー本 発売になりました!
「ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト」

 

 

 

アマゾンより購入できます。
こちらからですどうぞ。

 

「ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト」の購入ページにGO!

 

いつもありがとうございます。

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~お店の立地~

プロローグ 年に何回か、将来カフェをやりたいと相談を受けます。 重なるときは重なるようで、ここ数

記事を読む

そんな簡単なこと?僕が個人経営のお店でこれ大切!と思っていること

僕勘違いしていて、高槻店は6年目だと思っていたら、今は5年目でした。 次の11月21日で高槻店は5

記事を読む

コーヒー豆は売れるのか

プロローグ お盆休みに入り普段は通販を利用のお客様が、わざわざ遠方から高槻店にきてくださってます。

記事を読む

やっぱり「好き」が大事のお話

日曜日は岡町本店での営業日です。 高槻店は火曜日から土曜日が営業で、日曜日・月曜日が定休日。

記事を読む

今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉の大合唱、浮き輪を持った子供達

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~万人にうける必要はない~

プロローグ このシリーズも少しずつ増えて来ました。 これからカフェをオープンしたい人、独立をした

記事を読む

ロスとチャンスロスと武士道の教え

    ロスとチャンスロス、この言葉を僕が知ったのは珈琲店経

記事を読む

腐らすのはカンタンだ だからこそ・・・

おかげ様で本日8月6日、42回目の誕生日を無事に迎えることができました。  

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス ~経営や技術と同じくらい大事な1つのこと~

プロローグ 自営業を初めてから、一つよく分かったことがあります。 基本、全ては自分でやらなければ

記事を読む

お店が閑古鳥の時、僕はどんなことを考えているのか

お商売を長くしていると、季節によって流れがあるのを知り、この月は繁忙期になる、この月は閑散期になると

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲の通販のお買い物をもっと便利に

島珈琲は岡町本店と高槻店があり、姉妹店にカフェBe店、この3つのお店を

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ

カップとスプーンの置き方に決まり事はあるのか

最近、嬉しいことに娘が「お店」に興味を持っているようで、しきりに「大き

ブラックコーヒーを飲むきっかけは何か

僕がコーヒーに興味を持ったのは、高校生の時。 チェーン店であった珈琲

なぜコーヒーは身体に悪いとされたのか

初めてコーヒーを飲んだ記憶、皆さんは覚えておられますか? &nb

→もっと見る

PAGE TOP ↑