*

なぜマンデリンコーヒーは愛されるのだろうか

昨日はお休みで、午前中は娘の幼稚園の送り迎え。
昼からは家族で公園へ行き、娘と電車ごっこ。
そのあとは娘とお風呂に入り、寝静まったころ、真田太平記の最終巻12巻のページをめくり、就寝しました。

 

特に書き留めるほどの1日ではありませんが、娘の笑顔を沢山見られて幸せな1日でした。

 

今日から娘は幼稚園でお弁当が始まり、楽しみにしていた様子。
家に帰ったら、どんな様子だったか聞くことを楽しみにしている僕です。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

マンデリンというコーヒー

マンデリン。
コーヒー好きな方がこのブログを読んでいると思っておりますので、多くの方はマンデリンは聞いた事、飲んだことがあるかと思います。

 

マンデリンはインドネシア・スマトラ島が産地。
名前の由来はなんだったか忘れてしまいました。

 

日本にはなじみの深いコーヒーで、マンデリンファンの層はけっこう厚いと、15年お商売をしていて感じています。
昔からファンの多いコーヒー豆、マンデリン。

 

なぜこんなに愛されているのか、正直僕にも決定的な理由はよくわかりません。
15年お商売をやってきた中で、感じたことは、好きな人は徹底的に好きになり、合わない人は合わない、白黒がはっきりしている豆でもある、ということですね。

 

マンデリンはスマトラウォッシュといわれる独特の精製法があり、コーヒー生豆の精製法の段階で、そのマンデリンの個性的な味わいが形成されています。

 

これはコーヒー豆が育つ環境でそういう精製法が最も適していたからですね。
他の生産国では見られない方法で、コーヒー生豆も他国のモノと違い深い緑色していて、見ただけでもマンデリンかカロッシトラジャではないか、と分別つくくらいです。

 

 

 

ちなみにインドネシア・スラウェシ島のカロッシトラジャコーヒーも同じ様な精製法です。
トラジャも好きな方が多いコーヒーですね。

 

マンデリンの立ち位置は変わってきている?

近年、世界的な高品質コーヒーブームにより、今までのコーヒーが過去とは違うようになってきました。

 

というのも僕がコーヒーを将来の仕事として興味を持ちだしたのが、22年ほど前になります。
当時僕はコーヒーマニアだったのですが、家で焙煎をしていたんですね。

 

小型の焙煎機を買って。
その時のマンデリンの立ち位置は一般大衆から愛されるコーヒー、のような存在でした。

 

ところが今はコーヒーブームにより、マンデリンもそのブームの波にのり、品質のよいマンデリンは高級豆になってしまったのですね。
マンデリンは個性豊かな味わいなので、そこにブームの目も向けられるわけで、たちまち世界的なコーヒーになり高級豆になっていった、ということなんですね。

 

当時から比べると仕入れ単価は2倍近くになっております。
まさかマンデリンが高級豆になるとは、と多くの人は僕と同じ様に思っていると思います。

 

マンデリンの生産量は限られていると聞いています。

 

今後、沢山の人から愛されるマンデリンはどうなるのか、僕自身もわかりませんが、とりあえず今は高品質なマンデリンを仕入れることができていますので、美味しさを僕の焙煎によって目一杯引き出して、最高のマンデリンをお届けできるように、笑顔になってもらえるように、毎日を励もう、そう思っております。

 

今後もマンデリンから目が離せませんが、ラインナップからはず予定はありませんので、島珈琲ファンでありマンデリンファンのために頑張ります!

 

以上、今回はマンデリンのお話でした。

 

僕の初めてコーヒー本 発売になりました!
「ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト」

 

 

 

アマゾンより購入できます。
こちらからですどうぞ。

 

「ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト」の購入ページにGO!

 

いつもありがとうございます。

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

ディスカバリー

 今日 前職でお世話になりました(株)マツモトコーヒーの社長に 注文の電話があったので 電

記事を読む

コーヒーミルの仕組みはこうなっています

プロローグ 昔からマシンをいじるのが好きで、高校生の頃は友達とよく原付バイクをあれこれ改造していた

記事を読む

あっなるほど!ブレンドを音楽を使って例えるとこうなった

プロローグ ブレンドとはそもそも何かというと、ある味とある味を足して新しいコーヒーの味を創ることで

記事を読む

儲かるから?なぜ僕は喫茶店ではなくコーヒー豆屋を選んだのか

プロローグ 日曜日は、日曜日だけが営業のお店、岡町本店で営業です。 こちらのお店はコーヒー豆の量

記事を読む

コーヒーの99%は水なんです、というお話

昨日は箕面スパーガーデンに行って来ました。 奥さんのお母さんに、ゆっくりしてもらおうという企画。

記事を読む

ケニア深焙煎考

JUGEMテーマ:仕事のこと マサイの戦士で知られるケニア コーヒーよりも ウバなどの紅茶の方が有

記事を読む

どんどん上がるコーヒー豆 どうする島珈琲?

プロローグ 今日はどんどん上がるコーヒー豆の価格について、今後僕はどう考えているのか。 どうした

記事を読む

いいねぇ~♪

無添加コーヒーシロップ 俗によばれて カフェオレベース 新しくデザインされたシールを空瓶にはるとこ

記事を読む

コーヒーにはどんな水がいいのか?コーヒーと水の関係

プロローグ セミナーを開催するといいことがあります。さて、なんでしょう? そうです!いろんな質問

記事を読む

ミルクに合うコーヒーの作り方

プロローグ ミルクに合うコーヒー。 コーヒーを軸にしてミルクを入れるのか、ミルクを軸にしてコーヒ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないので

古材に囲まれてコーヒーを愉しむ

毎日が割とリラックスして過ごせるのは、これはコーヒー屋の特権かもしれな

→もっと見る

PAGE TOP ↑