*

社会貢献部をがんばる意味

公開日: : 社会貢献部

 島珈琲を開業したのは12年前 岡町本店がオープンしたとき
僕は26歳でした

社会のことを「わかっているつもり」は つもりだけの歳で
今思えば 勢いだけでオープンさせたなぁ 
と振り返れば ちょっとはずかしくなったりします

お店をだしたら自動的に売れていく と思っていた
世の中そんなに甘いくない 何もわかっちゃいない僕
美味しかったら売れると 天狗になっていた僕の鼻は
ことごとく折られていきました

もうそこから必死に勉強しました
いろんな人に会って いろんな勉強になる話を聞きました

でも そんな簡単にコーヒー豆が売れるようにはならない
いや僕がお商売がへたくそだったのかもしれない

基本的にお店というのはオープンさせると
「待つ」ことになります
お客様がこない 売り上げがない
当時 僕はお店で一人毎日のように悩んでいました

なんせお客様がこないんだからすることがない
気持ちはネガティブな方向へ行くばっかり

するとどうだろう お店の雰囲気もそのネガティブに
包まれて お店自体の活気もなくなり
お客様もよりつかなくなる まさに負の連鎖反応

そうした過去の経験から僕が学んだことは
「流れは自分でつくるもの」 でした

今 岡町店は日曜日だけなのでひっきりなしに
お客様は来てくださりますが
高槻店はときどきめちゃめちゃヒマなときがあります

でも考えることは山ほどあります
店はヒマでも僕はヒマじゃない

つまりこれが活気になると思うのです
お客様がたくさん来られていて 忙しいのも活気がある店ですが
お店はヒマそうでも 僕が忙しいそうにしていれば
それも活気のある店になるのです

不思議とそういうことは人に伝播するんだと
自分の経験から知りました

お客様はおられなくても
僕が明るく元気に いろんなコーヒーのことや 
コーヒーに関係のないことも含めた仕事をしていることで
力はお店に伝播して そしてお店からパワーを発し
そのパワーにお客様が引きつけられる そう思ってます

まわりからすれば 僕の社会貢献部の活動は
なんの利益もないように見えるかもしれませんが
実は「自分で何かの流れをつくる」ことに
貢献してくれているのです

ありがとう社会貢献部!
だから島珈琲 社会貢献部をがんばる

写真はシャキーン!
できましたよ 島珈琲オリジナルコーヒー豆袋
白は250グラムまで 黒は300グラム以上500グラムまで
の2タイプをご用意 在来品が終わり次第
チェンジします ますますしまこーひー!

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

カフェBeに在駐中した3年間の僕の思い

プロローグ 島珈琲は岡町本店で2002年に産声を上げ、2009年にカフェBeのオープン、2012年

記事を読む

講師として いよいよ

 さて来週木曜日は 「接客」というお題頂きまして障がいを持った方が作る商品 こちらを授産品

記事を読む

久々に島珈琲社会貢献部の活動でした

昨日は高槻店が終了後、富田にある障がい者支援施設サニースポットの今井さんにお会いしてきました。

記事を読む

タルタルえびドッグ(仮称)

 昨晩は社会貢献部の部会でした こちらはえびバーガー今朝も社会貢献部 こちらは郵便局ではに

記事を読む

ソース会議

 日本人がポリフェノールを含む飲料を一番飲んでいるのは何かご存じでしょうか?ポリフェノール

記事を読む

風呂敷ギフト 講習会

 昨日 娘が元気がないねん と家に帰ったら嫁さんに言われましたどうやら熱があったみたいで 

記事を読む

島珈琲社会貢献部より3つのお知らせ

最近 娘に見える場所で 僕が シャドウピッチングやシャドウバッティングをしていると なぜか ケタ

記事を読む

社会貢献部がカタチになるとき

 昨日は 島珈琲社会貢献部の活動日障がいを持った方の働く場所を増やそうプロジェクトその目的

記事を読む

講習会  恋する接客

 テーマは接客 障がいを持っている方が作る商品を福祉業界では 「授産品」といいます その授

記事を読む

カフェのご依頼がくるかも!

カフェBeのように障がいを持った方が 働くためのお店を作りたいそれも大手企業さんが運営される予定で話

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
料理は心やで

昨晩は中学時代の友達とご飯を一緒にしました。  

アイスコーヒーに向くコーヒー、向かないコーヒー

昨晩は仕事で遅めの帰宅。 僕以外の家族はご飯が終わり、一人で晩酌をし

障がいのある方から学びを得る

障がいのある方と関わり、こうしたところで何かを記事にする時にいちいち「

焙煎技術を高め、味わいを良くしたの方法は実は○○だった

なんとなくこいうタイトルを付けるのは嫌なんです。 なんか思わせぶりで

ブログを書くというリスク

高校生の時だったかな。 FMラジオから尾崎豊が唄うLOVE WAYが

→もっと見る

PAGE TOP ↑