*

9回裏 点差わずか 僕はピッチャーマウンドに立つ

公開日: : 感謝!!

 点差はわずか1点リード そのリードを守るべく
9回の裏 マウンドに立つのは チームの守護神
監督やスタンドの観客は息を呑んで
その1球その1球を見守るが
心のどこかで この守護神がマウンドに上がれば
もうゲームは決まったも同然だ
裏打ちされた実績と マウンド度胸は折り紙つき
と どこか安堵してボールの行方を追っている・・・・
最近ギフトのご注文が増えてきた
昔から折り紙が大嫌いで 箱を包装紙でくるむのも
泣きながら練習したものです
練習すればなんとか上手になるもんだ
ギフトというのは特に個人店のものを選んで頂く場合
贈る側が絶対の自信をもって贈られる
コーヒー好きなあの方に このコーヒーギフトなら
必ず喜んでくれること 間違いないだろうと
上で言う 贈り物を選んでくださるお客様が監督なら
僕は9回 点差僅かのゲームを任されて
マウンドにたつピッチャーのようなものです
期待を裏切るわけにはいかない
1球1球 失投がないように投げるピッチャー
1つ1つミスがないよう丁寧に箱詰め梱包する僕
そして必ずゲームをものにしないといけないように
必ず贈り先様が喜んでもらえるように このギフトを
綺麗に仕上げること 贈り主様がこのギフトを選んだ
思いを注入すること が 僕の使命だ
ギフトのご注文を受けたときは こんな気持ちで
やっております 
季節と時間が流れた頃 贈り主のお客様が
「あの時のギフト とっても喜んでもらえたんです!」
その言葉を頂いたとき 
僕の心に セーブポイントが また一つ
積み重なることになります
島珈琲のギフトコーナー
http://www.shima-coffee.com/item/itemgenre/gift/
写真は今使っているコーヒー豆を入れる袋
今のは既製品にシールを貼っているだけですが
次は島珈琲オリジナル印刷で 日本で島珈琲にしかない
コーヒー豆袋に変わります カミングスーン!

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

類は友を呼ぶ

関西は梅雨に入ったにもかかわらず 雨は降らず 水不足や農家の方が心配になるこのごろ 蒸し暑い毎日です

記事を読む

あけましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます 本年もよろしくお願いいたします さて今日から高槻店 初売りでございま

記事を読む

世界チャンピオンが夢だった

プロローグ 12月に入る前から一気に助走を付け、繁忙期がやってきた島珈琲です。 今までなら、努力

記事を読む

夏はアイス用の豆が売れるじゃないですか!って本当なの?

プロローグ これから暑くなる季節、コーヒー豆屋は暑さとともに閑散期を迎えます、っていうと、えっアイ

記事を読む

フィバーなコーヒー コーフィバー!

 皆様 あけましておめでとうございます本年もどうぞよろしくお願い致します昨日の深夜営業今日

記事を読む

ほこり

 昨日 チラシ作成の打ち合わせのため 姉と実家で待ち合せをし 打ち合わせをしながら ひょん

記事を読む

no image

ご馳走様でした!

 今日は予告通り 高槻センタ-街にある 「四季菜フレンチ ソレイユ」さんに 行って参りまし

記事を読む

上がるのはコツコツ 下がるのは一瞬

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 写真はコーヒーの実 コーヒーチェリーを摘んで

記事を読む

沈丁花の香るこの季節に思うこと

プロローグ 自転車での帰り道、いつもそこは沈丁花の香りが漂う。 この香りが好きです。 春が来ま

記事を読む

3ヶ月

島珈琲 高槻店は開店から3ヶ月がすぎ ようやく流れがなんとなく身体になんじできました このご時世 あ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社

コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが

考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

→もっと見る

PAGE TOP ↑