*

甘みのあるコーヒー豆をください

最近、このブログのタイトルにあるように言われ、コーヒー豆をお買い求めに来られる方が多くなりました。
嬉しいですね。

 

コーヒーの甘みというと、何を想像されますか。
コーヒーは大人の飲み物、甘くないから砂糖を入れるのではないのでしょうか。

 

そうですよね、苦味を和らげたり、全体を優しくするために砂糖を入れて、味わいを穏やかにする。
コーヒーと砂糖。

 

でもです、今回のお話は砂糖の甘みではなく、コーヒーの持つ天然の甘みのお話。

 

僕があっこれ美味しいなぁって思うとき、感じるときはほとんどと言っていいほど、天然の甘みを感じます。

 

お魚や刺身やお野菜などもそう、素材そのものだったり、調味料で整えられた味わいなかに素材の甘みを感じたり、ほんのりと口の中で広がる、天然の甘み。

 

コーヒーにも実はあるんですね。
今回は、この天然の甘みについてのお話。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

コーヒーの天然の甘みとは

コーヒーはコーヒーの実のタネです。
写真の赤い実・コーヒーチェリーからタネを取り出します、植物、果実のタネなんですね。

 

 

 

 

なので、この植物・果実のタネからコーヒー豆を想像してみると、甘みを持っていることは特に違和感はないかと思います。

 

バニラのさやのタネ(バニラビーンズ)も甘いですよね。

 

コーヒーの味わいはどうしても、苦味と酸味、この2つが代表的な味わいの表現になっており、あまり甘みという表現を一般的に用いてこなかった、ここがコーヒーの甘みといっても、「???」となるところだと思うのですね。

 

もちろんプロやコーヒー好きやマニアの方は知っていることですが、一般的には、お客さんとお話していてまだまだ「天然の甘みがある」ということは浸透しているようには感じていません。

 

ですが、最近はちらほらとお客さんから甘みのあるコーヒー豆を、甘めのコーヒー豆をください、というオーダーがあって、嬉しく思っています。

 

甘みにも何種類かがある

焙煎度合いによって甘みの感じ方も違ってきますね。

 

島珈琲では中焙煎と深焙煎、この2つのレンジ、2つの段階ですね、で販売をしていますが、甘みの場合、深焙煎なら苦味と甘みのコンビ、中焙煎なら酸味と甘みのコンビになります。

 

深焙煎はどちかというとチョコレートの感じでしょうか。
苦味の中に甘みがあるでしょ、チョコレートほどの甘みを感じないですが、組み合わせは似ていますね。

 

中焙煎はどちらかというとフルーツですね。
酸味と甘みがあるでしょ。

 

僕の感覚では、甘みだけが突出しているコーヒーはあまりなく、酸味か苦味とどちらかとペアになって甘みを感じる、逆に言うと甘みだけがあって、酸味と苦味がないコーヒーというのは、僕はほぼ経験したことはないです。

 

どっちかがペアになっていると思いますので、甘みのコーヒーが欲しい場合は、酸味があって甘みのあるコーヒー、もしくは苦味があって甘みのあるコーヒーを欲しいのです、というと伝わりやすいのかと思います。

 

基本的には良いコーヒーには甘みはありますが、それぞれの銘柄によって甘みの強さは違います。
どんな甘みがお望みなのか、何か例えるものがあれば、より伝わりますよね。

 

コーヒーの甘み、ちょっと意識して飲んでみてくださいね、楽しさが広がるかも。
あなたのコーヒーライフが、より楽しいものになりますように。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

ストライクゾーンとコントロール

 就労移行支援で毎日2時間 施設側のプログラムとして コーヒーのたてかたを指導している 彼

記事を読む

二重シリンダー

お正月休みも今日が最終日のかたも多いと思いますが 皆さんいかがお過ごしでしょうか? 今年一発目の仕込

記事を読む

コーヒーのアテは何がお好き?

つくづく思うことがあります。   それは島珈琲のお客さんはほんとうに良いお客さ

記事を読む

コーヒーを抽出したあとのカス、二次利用はどんなのがいい?

プロローグ 今までブログを書いていて分かったこと、コーヒーの事で知りたい事の上位入る記事は、ドリッ

記事を読む

ペーパーは濡らす派、濡らさない派、あなたはどっち?

プロローグ 先日こんなツィートをしたところ反応がよかったんですね。   ペーパー

記事を読む

コーヒーのもう一つの顔の話

 ホットの季節ですね美味しいコーヒー飲んでホッとされていますか?連休の初日 いいお天気に恵

記事を読む

汚れちまった悲しみに

 得てして僕の日記のタイトルは  日記の内容と関連性がないことのほうが はるかに多い 今日

記事を読む

ペーパーフィルターの折り方にコツはあるのか

春眠暁を覚えず。 最近、身体はしんどくないのですが、ねむたい自分がいます。  

記事を読む

コーヒーポットの選び方

今日の大阪は曇り 朝の風は涼しく 日の光がないぶん暑さは少しマシな気がしますが 今年は湿度が高いよう

記事を読む

島珈琲 という ブランド

作り上げられたものにのっかるのではなく ブランドは自分で 自ら作りだすモノである ということで 12

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
違うの?一番美味しい時は焙煎したてのコーヒー豆なのか

昨日は友人たちと西宮・船坂にある古材問屋に行ってきました。 古材問屋

そんな簡単なこと?僕が個人経営のお店でこれ大切!と思っていること

僕勘違いしていて、高槻店は6年目だと思っていたら、今は5年目でした。

僕 島規之がオススメのコーヒーミルはこちら

最近、ブログの出だしが娘のことをかなりの確率で書いているなぁと、改めて

僕がペーパードリップで大事にしている1つのこと

娘と日本むかしばなしを見ています。 夜はだいたい20時くらいに家に帰

定番ネタ カフェラテとカフェオレの違いって何か

昨晩はエクスマ塾69期の同窓会でした。   個性

→もっと見る

PAGE TOP ↑