*

何をするにもカクゴっているよね

さて、久しぶりにブログを書くネタが思いつきませんでした。

 

いつも日々のパターンとして、朝 お店に来たら焙煎機のスイッチを入れて暖機している間に、掃除と段取りの一部をすまし、そして焙煎。

 

焙煎が終わると開店前のお掃除を。
開店前に時間があれば、発送のパッキング、10時に開店後も発送が終わってなければ引き続き。

 

そして終われば、ブログを書いて日常業務に移る、こんなパターンで書いています。

 

前日にブログのネタを思いつかなければ、ギリギリまで考えていますが、今回は書く時間になっても思いつかなかったので「カクゴ」について。

 

どうしたん?なんかあったん?
いえいえ大丈夫です、まぁちょっと聞いて下さい。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

 

いよいよです

僕のコーヒー本がいよいよ発売になります。
もうすぐか、GWの連休明けになるのか、ちょっと微妙なところですが、販売が間近なことは間違いありません。

 

出版社さんが今、最終チェックをしてくれているところです、告知はもうちょっと待って欲しいとのことでした。
なんかドキドキしますね、アマゾンから発売されますので、もうちょっとお待ちくださいね。

 

そして、カクゴのお話。

本の発売が決まり、真っ先にに頭に浮かんだことは、この先どんなレビューが書かれるのだろうか、ということがでした。
良いことばかりではありませんよね、感想って。

 

どんなことを書かれるのか、ヘビー級のパンチのような強烈なダメージの残るレビューだったらどうしよう、もし傷ついたとしたら僕の心は耐えることができるのだろうか、そんな不安が真っ先に襲ってきました。

 

こう見えても、ってどう見えているかわかりませんが(笑)、結構弱いのですよ、僕。

だからカクゴ–覚悟–が必要なんですね。

 

楽観的な境地は悲観のこえたところにある

本だけではなく、こうしてブログやツイッターなどSNSなども一緒です。
どこかで何かを言われるかもしれないですよね、良くも悪くも。

 

それを気にしてたら書くことはままならないですよね。

 

文字だけではなく芸術だってそう、表現するものは全てですよね。
コーヒーだって、同じ。

 

批判されることを恐れていたら何も手にすることはできないし、それを避けて無難な道を選んだって一緒のことですもんね。

 

僕の中で好きな言葉があるんですね、それが「楽観的な境地は悲観のこえたところにある」この言葉です。

 

これの意味は、悲観を通り過ぎそして超えたときに、楽観的になれるということなんですが、どういうことかというと、まず悲観的なことを受け入れてしうまうのです。

 

今回の本の場合もそう、もしかしたら批判的なレビューがあるかもしれない。
沢山の自分の想いとは相反する言葉が並ぶかも知れない、悪い結末とマイナスを想定してそれを受け入れてしまうのですね。

 

そして、いろいろのマイナスを覚悟して受け止めたら、「うまくいかないかもしれない、それでもいいや」
って、そうして結果を気にしないようになれるのかな、と。

 

悪い結末を考えて、受け入れて、マイナスを覚悟して、そしてその悲観を超えて、楽観的になる。

 

そして最後に、でも大丈夫、と根拠のない自信をもつ。

 

覚悟を決めて、そして楽観的に生きる、決して簡単にできることではないですが、僕はこうしてそれを新しいことに向かう時の心構えにしています。

 

今回はそんなカクゴのお話でした。
いつもありがとうございます。

 

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

はやい まめ げんき

 の3つができる営業マンの原則だそうです どれもできてないなぁ と反省 あえていうならカラ

記事を読む

コンテスト

今日はコンテストに出場するスタッフをつれ 仲良くしているYさんが来店され コンテストに使うエスプレッ

記事を読む

コーヒーの持つ天然の甘さについて説明しようと思ふ

プロローグ コーヒーって苦味や酸味って表現をよく使って、味を言葉にしますが、甘みもあるんですね。

記事を読む

no image

画面に向かいながら

パソコンの画面に向かいながら思う 今日の日記は何を書こうかと? ネタがあるときはやたらあって 次の日

記事を読む

20連投

 12月16日を最後に 今日まで休みなしで20日間働きました とてもとても忙しくさせてもら

記事を読む

来週も いくわよ!

 来週から忙しくなってきますよ! 明日は豊中岡町で島珈琲の営業 月曜日は 谷9まで行って 

記事を読む

バーテンダーが夢だった

実はコーヒーとともに バーテンダーを目指そうと思った時期があった いわゆる 二毛作的なお店 昼はコー

記事を読む

no image

カフェBeの実習生

 最近 みるみる腕を上げてきた 自分でいれるよりコーヒーより やっぱり人にいれてもらるコー

記事を読む

デザートの盛り付け

来週からデザートを島珈琲 高槻店でご提供させてもらうのですが ただデザートをお皿の上に置くだけでは 

記事を読む

銃とバラ

 昨日 嫁さんと気づいたのが 娘はうるさいところのほうが 比較的よく寝る ということだった

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒーを濃い味か薄味にドリップする、基本的な方法

ご存じでしたか、カフェインは水(お湯)の温度が高いと溶けるけども、温度

グァテマラコーヒー 新しい銘柄にチェンジしました!

昨日は出来るだけ早く帰ろうと思っていましたが、なんやかんやと仕事がかさ

1日に焙煎している量はどれくらいですか?

今週は月末、スケジュール的には余裕があるつもりで居たのですが、実はそう

お店をするのに大切なことは何?

久々に飲み過ぎました。 昨晩、飲み会がありました。  

島珈琲のコーヒーが飲めるカフェ 芦屋編 ~ブックカフェ三日月と太陽~

先日、お休みを利用して芦屋に行って来ました。 芦屋には僕の友達が経営

→もっと見る

PAGE TOP ↑