*

お店を出すときに古民家風にデザインしてもらったその理由とは

公開日: : カフェオープンに参考になる話

お待たせしております。
僕のコーヒー本、「ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト」は、たぶん今月に発売できるかと思います。

 

なぜ思います、なのか。
自分の出版する本なのにわからないの?といお言葉が飛んできそうですが、本を出版してくれる会社にもいろいろ事情があるのですね。

 

その事情がどういうものかは存じ上げませんが、一所懸命してくれておりまして、とりあえず発売になれば担当者の方から連絡あります。
もうちょっとお待ちくださいね。

 

うまくいけば今月末くらいかな、と思ってます。
ドキドキですね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

高槻店はなぜ古民家風にしてもらったのか

2012年、高槻店の出店が決まり、建築デザイナーの明木さんと内外装のデザインの打ち合わせをしていました。

 

明木さんとは以前からのお知り合いで、いくつかのお店の内外装のデザインをされた時のものはだいたい見せてもらっていました。

 

そこで見たモノは、いつも僕の心に「格好いいー」と響くモノばかりでした。

 

デザインの相談をしてた時に、明木さんは僕がてっきり洋風のお店のイメージを持っているものとばかり思っていみたいで、僕が明木さんに一言、「和でお願いします」と言われた時はちょっと驚いていた顔をしていたこと、今でも覚えています。

 

僕が明木さんにお店のデザインに関してお願いしたことは、この「和でお願いします」の一言くらいでした。
今まで見てきたので、安心して信頼しきっておりました。

 

もちろん出来上がった設計図もばっちりで、しっかりと打ち合わせをしたのはマシンの設置する位置くらいでした。
デザインに関しては任せっきりでした。

 

そして出来たのが、今の高槻店です。

 

古材を使うメリット

今回、お伝えしたいのはここですね。

 

明木さんは古材問屋というお店をされています。
懐かしい建具や家具など、おばあちゃんの家にあった、あったと思うものや、太秦映画村にあるような、時代劇のセットになりそうなものまで、そんな古材が古材問屋では販売されています。

 

その中のものから選ばれて、高槻店の内外装はできています。

 

よろしければこちらのHPをご覧くださいね、面白いですよ。

 

http://kozaidonya.com/

 

高槻店の瓦は100年前のものであったり、至る所に古材を使用しています。

 

さて、そのメリットとは。
お店をされる方、出店される方へのメッセージが強いですが、古材に興味があれば参考になると思います。

 

古材を使うと比較的リーズナブルなお値段になりました。
言い換えれば中古品になりますからね。

 

掃除が楽ちん。
古くなって味がでているので、ピカピカにする必要がありません。
木のものは、たまに亜麻仁油を塗布することは必要ですが、日々の掃除は埃落としくらいですので、ぞうきんがけなどの掃除が仕事から減るなぁ、と思いました。

 

古さが味。
ここ、ここがいいんですね。

 

もともと古材を使っていますから、5年経った今でもそんなに劣化が目立たないのですね。

 

新しいものですと、日焼けして色落ちしたりしますが、最初から古いものなので、更に味がでてくるわけです。

 

そして飽きない、心が落ち着く。
もちろん、古材や古民家がもともと僕は好き、だから良いようにしか捉えてない、ということもあります。

 

そういう目線ですが、古材でデザインしたこの高槻店では、御来店される皆さんが口々に落ち着くねーと言ってくださいます。

 

今後カフェやお店を出す方、目標にしている方に少しでも古材に興味を持ってもらえたら、というのと参考になればと思い、今回は書きました。

 

そういう相談もちょっとだけ受けてますので、良ければお店に来て頂き、僕にお声をおかけてくださいね。

 

それでは、今回はこのへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

カフェなどの開業相談を受けたときに必ず伝える1つのこと

カフェ開業の相談をいくつか受けてきました と、その前にご連絡! あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷

記事を読む

やっぱり「好き」が大事のお話

日曜日は岡町本店での営業日です。 高槻店は火曜日から土曜日が営業で、日曜日・月曜日が定休日。

記事を読む

自営業者として僕が大切にしてきたコト

ブログを書いている僕のパソコンのそばには、ドリップしたマンデリンコーヒーが香りを立ち上げています。

記事を読む

ツイッターはお商売に有効なのでしょうか?

先日、YSP門真でバイクを購入しました。 YSPとは、ヤマハ・スポーツ・プラザという意味らしく、ヤ

記事を読む

どうして僕はコーヒー「豆屋」を選んだのか

日曜日は豊中・岡町本店での営業です。 こちらのお店は毎週日曜日だけの営業でコーヒー豆の販売のみ。

記事を読む

職人とSNSと仕事と

先日、東大阪からわざわざ高槻店に、パティスリーモンガトウのシェフ「とーるさん」こと長尾徹シェフが来て

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス ~屋号編~

プロローグ 2002年に島珈琲を開業してからけっこう相談を受けます、「カフェを開業したい」と。

記事を読む

コーヒー豆は売れるのか

プロローグ お盆休みに入り普段は通販を利用のお客様が、わざわざ遠方から高槻店にきてくださってます。

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス② ~味覚をよくするにはどうしたらいいのか~

プロローグ 僕が経験してきたことで、カフェオープンを目指す方にちょっとでもお役に立てるように書いて

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~接客編~

プロローグ 今日は小学校からの友だちが岡町本店に来てくれて、手を止め少しの時間、昔話に花を咲かせて

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
そんな簡単なこと?僕が個人経営のお店でこれ大切!と思っていること

僕勘違いしていて、高槻店は6年目だと思っていたら、今は5年目でした。

僕 島規之がオススメのコーヒーミルはこちら

最近、ブログの出だしが娘のことをかなりの確率で書いているなぁと、改めて

僕がペーパードリップで大事にしている1つのこと

娘と日本むかしばなしを見ています。 夜はだいたい20時くらいに家に帰

定番ネタ カフェラテとカフェオレの違いって何か

昨晩はエクスマ塾69期の同窓会でした。   個性

コーヒーに入れるミルク どれが美味しい?

今までは仕事に関する時間の問題は、自分が納得いくまでやる、でした。

→もっと見る

PAGE TOP ↑