*

ドリップでアイスコーヒーを淹れる時のちょっとしたコツ

今、僕は真田太平記を読んでいます。
12巻あるうちの6巻を終了し、7巻に入ったところ。

 

マーケティングの師匠、藤村正宏先生に勧めてもらったのがきっかけです。
時は戦国時代、武田勝頼が長篠の戦いで織田信長・徳川家康連合軍に敗れたところあたりから、話は始まっていきます。

 

僕は戦国時代の小説が大好き。
12巻あるということで、読むのも長丁場になりますが、この時期のちょっとお商売の流れがゆるむので、これを機会ととらえて一気に読んでいます。

 

面白いですね。

 

本を読むと、ブログなどの文を書くスキルも同時にアップしていくので、一石二鳥かな(笑)
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

ドリップでアイスコーヒーを淹れる時のちょっとしたコツ

今回はちょっとした技術的なコツのお話を。
と、言っても難しいことではありませんので、大丈夫ですよ。

 

前回のブログで書こうと思っていたことなんですが、うっかり忘れていました。
なので、今回独立して説明していきますね。

 

アイスコーヒーは冷やして飲むものです。
ドリップはお湯を使って抽出するわけですから、出来上がりが熱いですよね。

 

これを冷ますとき、皆さんはどうされていますか。
僕がおすすめするのは、だらだらと冷やすのではなく、一気に急冷してしまう方法。

 

出来あがった温かいコーヒーを冷ますときに、氷をぎっしり詰めたグラスなどにその温かいコーヒーを、一気に注ぎます。

 

そして冷却すると、シャキッとした味わいで香りも生きている感じがします。
出来上がったコーヒーの入ったサーバーを、ボールに入れたお水にじゃぽんと浸けておき冷ましておくのもよいですが、引き締まった味わいがするのは、急冷の方です。

 

お好みもありますが、一度やってみて比べてみてください。

 

氷を入れて急冷するなら、濃いコーヒーの方が良い

氷を入れて冷ますと、氷が溶けてコーヒーの中で水となり、コーヒーはどうですか?
そうですね、薄まりますよね。

 

それを計算した上で、濃い目のコーヒーをドリップしたいのですが、皆さんはどうされていますか。
僕はホットコーヒーの時と違って、ドリップする時間をより多くとります。

 

すなわち、ゆっくりドリップするということですね。

 

ゆっくりゆっくりすれば、普段と比べると濃いコーヒーが出来上がります。
ゆっくりして落ちたコーヒーが冷めたとしても、アイスコーヒーにするんだからそんな問題はありませんよね。

 

あんまりゆっくりすぎるのも余計な成分がでてあれですが、まぁイライラしない程度でゆっくりとドリップをしてみてください。

 

スキッターという、コーヒーポットの口に装着するハリがねのようなモノを付けると、点滴のようなお湯がドリップできて、なかなかに面白いです。

 

 

 

興味のあるかたは是非、200円くらいだと思います。

 

そんな感じで、前号と今回の内容を照らし合わせてもらえると、アイスコーヒーがより楽しくなると思います。

 

前号はこちら
http://blog1.shima-coffee.com/?p=16044

 

それでは、コーヒーライフお楽しみくださいね。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

美味しい水出しコーヒーをお家でつくりたい!どうしたらいいの、しまこーひー?

プロローグ 今日は水出しコーヒーについて書いていきたいと思います。 水出しコーヒー、皆さんはどん

記事を読む

たくさんあるコーヒー器具、どれを選ぶべき?

最近、娘のはやりの遊びは神経衰弱。   今はメモリーゲームっていうんですね。

記事を読む

コーヒーのプロが教える「コーヒー種類」3つのヒント

「コーヒー種類」はいろいろありすぎてわからない!「コーヒー種類」によって味わいはどうちがうの?そんな

記事を読む

甘みのあるコーヒー豆をください

最近、このブログのタイトルにあるように言われ、コーヒー豆をお買い求めに来られる方が多くなりました。

記事を読む

実はコーヒーとワインって似てるんです

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のエクスペリエンス・マーケティング塾で繋がっているお友達がいており

記事を読む

焙煎すると目方が減る話から、アメリカンコーヒーの「なぜ?」を説いてみた

プロローグ 今日は焙煎をすると目方が減るという話から、アメリカンコーヒーがなぜ浅焙煎のコーヒーなの

記事を読む

ストライクゾーンにストライクを投げるために毎日練習する

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   今朝のツィートはこんなの

記事を読む

コーヒーのもう一つの顔の話

 ホットの季節ですね美味しいコーヒー飲んでホッとされていますか?連休の初日 いいお天気に恵

記事を読む

コーヒー豆の種類を増やしたい

 コーヒー専門店として はやりいろいろなコーヒー豆をおきたい お客様も選べる楽しみがふえる

記事を読む

ご存じですか?コーヒーにも裏作・表作があることを

さて、あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんのオリジナルコーヒー、TANPAN COFFEEの試飲

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ドリップ?焙煎?コーヒーの香りはどこで決まるのか?

コーヒーは香りのものですよね。 特に女性はコーヒーにおいて、味わいと

甘みのあるコーヒー豆をください

最近、このブログのタイトルにあるように言われ、コーヒー豆をお買い求めに

何をするにもカクゴっているよね

さて、久しぶりにブログを書くネタが思いつきませんでした。 &nb

ブレンドのネーミングはどんなふうに決めているのか

娘はなぜかテレビの天気予報が好きで、大阪は晴れくもりやなぁとか、花粉状

教えて!グァテマラコーヒーの魅力とは

昨日は休日。 午前中で終了する娘の幼稚園の送り迎えをして、そのあとは

→もっと見る

PAGE TOP ↑