*

切っても切れない、コーヒーと水の関係

ブログをほぼ毎日書いております、ってどうしたの急に。

 

書き方としては、序破急で構成しておりまして、お題が長くなりそうなときは序の部分から本題に入っていきますが、そんなに文が長くならないときは、序のところで日記のような日々の思っていることなどを書いております。

 

で、毎日書いていると、もちろん人間ですからね、気分の浮き沈みもあるんですね。

 

何も考えなくても、文がすらすら出るとき、急にスランプに入ったかのようになんか思うように書けないとき。
今日は後者の方、でもね、いいんです。

 

心がなんかどんよりしているときはそんな自分のままで、無理することないんですね。
ブログに関わらず生活でもそう、無理しようとするから苦しくなる。

 

そんな時はそんな時、その気分に合わせながら書くのもまた良しとして。
書くことは恥をかくことでもある、35年産経抄を書いていた石井英夫さんがコラムの中でそんなことを書いていました。

 

ということで、毎日書こうと自分と約束しているので、今日もさぁ書きますよ-!あっ月曜日はブログの定休日ですけどね(笑)
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

コーヒーと水の関係

コーヒーの99パーセントは水である。
確かこう書いてあったと思います。

 

ですので、当然淹れる時の水のウエイトは大きいです。

 

日本での場合、一応水道からでる水は安心とされています。
水道水でコーヒーを淹れる、まぁ大丈夫ですが、僕がいいかなぁと思うのは、やっぱり浄水した水。

 

水もこだわれば果てしないですよね。
天然水、湧き水、ミネラルウォーター、などなど水にも沢山の銘柄があります。

 

この辺をこだわれば、ほんとに楽しいと思います。
同じコーヒーでも、○○県の天然水、△△県の天然水と同じ条件で淹れてみると、微妙に味わいは違うはずです。

 

ただその違いは右と左と飲みくらべないと、たぶんわからないものだと想像します。

 

なのでここも追求し始めるとかなり深い世界になることは間違いないです。
コーヒーって、ほんとにいろんな楽しみがありますね。

 

水の役割

カフェや喫茶店でお水が出てくるのは、ただ単に渇いた喉を潤すため?
どう思われますか。

 

実は水は口の中をニュートラル、中立ですね、する役割もあるんです。
コーヒーの味わいをキャッチするために、水で口の中を整えると言えばいいでしょうか。

 

これはコーヒーに関わらず、料理でもそうだと思います。

 

島珈琲高槻店では、いわゆる「おひや」は冷蔵庫で寝かした浄水をお出ししています。
冷蔵庫で寝かすと美味しくなりますね、理由はしりません。(笑)

 

水をいれているピッチャーには、なんの鉱石は知らないのですが、入れていると美味しくなったので寝かすお水と一緒にいれています。

 

コーヒーと水、味わいに関して調べだしたらほんとに永遠ではなかろうか、そんなことを思ったりしております。
こだわりだせばきりがないので、とりあえず家庭では浄水をご使用頂くこと、オススメしています。

 

旅行など行ったときは、ちょっと意識してお水での違いを楽しむのも良いですね。

それでは、このへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

カフェオープンに向け ブレンド試飲会!

先週は前半にお休みを頂きまして 旅行に行ってきたせいか 1週間 なんだか旅行気分が抜けなくて ほわん

記事を読む

必読 コーヒーが身体にいいという理由

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。 今日はコーヒーが身体に良いという、効用をズラッと書

記事を読む

コーヒーメーカーを置く場所がない!そんな時のコーヒー器具は?

プロローグ クリーニングのことを聞いたらなんでも知ってる、大阪吹田のクリーニングISEYAのクリー

記事を読む

コーヒー豆の脂ってナニ?というお話

長くブログを続けていると、ブログのタイトルを見つければその日のブログはもう書いたも同然、な感じになる

記事を読む

記憶に残る味

お客様がわざわざ「どうしても飲みたくなって・・・」 と車で1時間ちょいの時間をかけて 高槻店に来てく

記事を読む

中煎り(中焙煎)と深煎り(深焙煎)の決定的な違いとは

プロローグ もちろん味わいの違いもあります。 中焙煎は爽やかな酸味と僅かに感じる苦味のコントラス

記事を読む

島さん!!これで子供が牛乳を飲めるようになりました!

プロローグ 「これを使って牛乳を飲ませたら、牛乳嫌いな息子がガブガブ飲み始めたんですー ありがとう

記事を読む

コーヒー豆の種類を増やしたい

 コーヒー専門店として はやりいろいろなコーヒー豆をおきたい お客様も選べる楽しみがふえる

記事を読む

粉の挽き目で変わるコーヒーの味わいの濃さのお話

実は時代劇が割と好きで、今はあまり見ていないですが以前はよく見ていました。  

記事を読む

この焙煎機、おいくら万円?

プロローグ 島珈琲の様にその場でコーヒー焙煎をしているお店を自家焙煎とか、ロースターとか、そんな風

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

福祉の島珈琲 今年は動きます!

さぁ今年は動こうか、と奥さんに話していました。 その前の晩に一人お酒

後口が紅茶のようなコーヒー

昨晩はおうちで家族揃って、夕食を。   五歳の娘

冬は濃いコーヒーが欲しいもの アイスコーヒー用の豆をホットで飲む

8月6日、夏生まれの僕です。 最近の暑さにはめっぽう弱くなりましたが

ドリップコーヒーの美味しさは優しさで作られているもの

僕はほんの少しの時期でしたが、ボクシングをしておりました。 &n

→もっと見る

PAGE TOP ↑