*

コーヒーメーカーとハンドドリップ、同じ味わいにならないのはなぜ

僕のフェイスブックのコメント欄に、タイトルのような質問をお受けしましたので、今回はこのテーマ、コーヒーメーカーとハンドドリップではなぜ同じ味わいにならないのか、を説明していきますね。

 

さて4月、高槻では桜が咲きましたが、お天気に恵まれず雨が続きそうです。
この時期の長雨、菜種梅雨ですね。

 

桜が雨に濡れ、それはそれで艶っぽくみえるのもまた風流。
晴れている方がいいですが、その時その時を楽しむのもまた味わい、ですね。

 

皆さんのお花見はどうされますか?

 

では、本題に入りましょう。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

コーヒーメーカーとハンドドリップの違い

家族でコーヒーを楽しむ時は、人数分必要なので複数杯淹れますよね。
そんな時はコーヒーメーカーで。

 

でも自分だけが飲みたくなった時はコーヒーメーカーではなく、1杯ずつのハンドドリップで。
このように使い分けている方も多いと思います。

 

ここで疑問が。
同じコーヒー豆(粉)を使って淹れているのに、どうして味わいがちょっと違うの?

 

さて、皆さんはどうしてだと思いますか。

 

もちろん器具が違うからというのは分かると思いますが、それ以上に理由があるように思いますよね。

使っているコーヒーメーカーの機能とか性能にもよりますが、そのなぜをざっくりと書いていきます。

 

双方の違いとは

まずドリップするお湯の温度が違う可能性がある。
ドリップするときのお湯の温度、ハンドドリップの時と、コーヒーメーカーの場合、微妙なズレがあります、まずその可能性がひとつ。

 

お湯注ぐの均等性。
ハンドドリップ場合は粉にお湯をドリップするときに、あるていど均一に注ぎますよね。

ドリッパーの端のところにはお湯を注いでは行けませんが、真ん中からまわりを塗りつぶすように。

 

コーヒーメーカーの場合、全体にお湯が注ぐようになっている機能がついているものもありますが、今のところは中心からお湯を注いでいるものが多いです。
ですので、ハンドドリップとは違い、コーヒーメーカーは粉の真ん中周辺のみに注がれる、ということになりますね。

 

この差も味わいの差になると考えられます。

 

最後、これが1番の原因と思いますが、粉の層が違う。
何回かここでも書いてきましたが、一杯分のコーヒーの粉をセットするのと、例えば4杯分の粉の量をセットするのと、どっちが粉の高さはありますか?

 

使う器具によって違うときもありますが、大抵は4杯の方ですよね。

 

それを横から断面で見たとしましょう、頭の中で描いてみてきください。

 

その断面図の上から、一滴のお湯を落として見てください。
その一滴のお湯が落ちるまで、一杯分の粉と4杯分の粉、どちらが長く粉と接触していますか?

 

そうですね、4杯分の粉の方ですよね。

 

コーヒーの抽出は粉とお湯の接触時間に大いに関係があるので、接触時間が長いと濃い味わいになります。

 

使い分けておられる方は、コーヒーメーカーでは複数杯淹れることが多いと思います、逆にハンドドリップの場合は1杯か2杯分くらいかと。

 

なので、濃度の差が味わいの差になっている、ということになります。

 

こんな感じで、コーヒーメーカーとハンドドリップの味わいの違いがあり、そしてそれは違って当然なので、その違いをお楽しみ頂けたら嬉しいなぁと思っております。

 

いかがだったでしょうか。

コーヒーの器具の違いと味わいの違いはコレに限らずまだまだありますから、奥深いです。
僕もまだまだ勉強中。

 

コーヒーって楽しいですよね、それでは今回はこのへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

隠しブレンド 鱗雲(うろこぐも)

 前の日曜日 岡町本店の焙煎機 桜号の温度計がなにやら変だと書いた わからないことは わか

記事を読む

ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社会貢献部の話です。 「高槻店

記事を読む

アイスコーヒーを淹れる時のちょっとしたコツ パート2

プロローグ 最近、4歳になる娘がいろいろと言葉を覚え、唐突に、そんな言葉いつ覚えた?と思わせる言葉

記事を読む

焙煎と技術

 僕が思うに焙煎の技術とは マシンを知ること 原料を知ること が非常に大事ですが 一番大事

記事を読む

昔のコーヒーは美味しかった!は、ほんとうなのか?

本日はこんなツィートをしました。     おはようございます。

記事を読む

タンザニア・コーヒーの魅力

本日11月7日(火)から9日(木)の間は、高槻店 喫茶コーナーはお休みとなります。 コーヒー豆(粉

記事を読む

コーヒー豆がミルによって粉になる仕組みのおはなし

プロローグ 今日は島珈琲にあるコーヒーミルはどんな仕組みになっていて、どんなメカニズムで粉になるの

記事を読む

何がどう違うの?カフェオレとカフェラテ

プロローグ 高槻店は夫婦で切り盛りしています。 奥様は以前は医療系、調剤薬局の事務員をしていまし

記事を読む

ブレンドについて考えた

今朝も自転車で受ける風は涼しく 長袖でもちょうど良い季候でした 今日から多くの方は3連休でしょう

記事を読む

コーヒー豆、コーヒーの粉を家で保存する時に勘違いしている1つの事

袋を開けなければ常温で置いてても大丈夫? 答えはNOです!大丈夫ではありません!  

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲社会貢献部 障がいがある方の働く場所を増やそうプロジェクト進んでます!

なんと長いタイトルだろう。(笑)   はい、とい

あなたのお好みは深焙煎?中焙煎?

昨晩は高槻店が終わったあと、カフェBeへ。 レジ締めが終わったあと、

コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

→もっと見る

PAGE TOP ↑