*

ニューヨークのカフェ事情から見る流れ

まるで、さも自分が行ってきて見てきたようなタイトルですが、僕は行っておりません。(笑)

 

コーヒー生豆を仕入れしている商社さんの社長さんが、年に4、5回くらいでしょうか、中米やアフリカ、インドネシア、ヨーロッパなどコーヒー豆の買い付けや視察に行かれて、その様子を聞かせてもらったりニュースレターなどで読ませてもらい、現地や各国のコーヒーの状況と情報を教えてもらっています。

 

今回の頂いたニュースレターは中米の帰りに立ち寄った、ニューヨークのカフェ事情のことが書かれていました。

 

コーヒーのブームは、ウエーブと呼ばれ、新しい流行りはニューウェーブと呼んでいます。
シアトルから始まったスターバックス社の勢いもニューウェーブでしたし、今呼ばれているサードウェーブも新しい波、ニューウェーブです。

 

日本のコーヒー環境はここ20年間アメリカの影響を強く受けています、と書かれており僕も共感しております。
このニュースレターの中で、あっ僕と同じスタイルだ(規模は全然違うけど)と思うお店がありました。

 

今回はちょっと、マニアック的な内容になりますが、ハイコマーシャルというコーヒー豆の品質についてのお話。
そして僕のお店について、ニューヨークにも同じスタイルのお店があることを知ってちょっと嬉しいから、そのことについて書きますね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

マイクロロットとハイコマーシャル

高品質コーヒーではコーヒーの評価を点数で表します。
80点以上をスペシャルティコーヒーといい、80点以上が高品質コーヒーと呼ばれる境界線となります。
(本当はちょっと違い少し乱暴になりますが、スペシャルティコーヒー=マイクロロット=高品質コーヒー、同じに捉えてください)

 

マイクロロットとは簡単に言うと、ある農園の選りすぐりのコーヒー豆だけを集めたロット、点数でいうと85点など高得点なものになります。

 

当然、点数が上がればその単価もグッと上がってきます。
味も香りも確かな、高級な高品質コーヒーですね。

 

ハイコマーシャルとは、最近出来た言葉だと思いますが、点数で言うと70点台後半のものをそう呼ばれているようです。

 

マイクロロットとは違い、単一農園(誰々さんの農園とか寄せ集めでないことを指します)は少なく、ある地区で集めたもので、味わいにちょっとバラツキがあることもあります。

 

際立った味わいの個性はマイクロロットと比べると少なくなりますが、でも美味しいコーヒーです。

 

で、何が言いたいか

というとですね、実は僕もこのハイコマーシャルのコーヒー豆を使っています。

 

現在はどちらかというとスペシャルティコーヒーという高品質コーヒー、またはマイクロロットのコーヒー豆が個人店では取り扱いが多く、個人店の主流になっているようにも見えますが、僕はあえてハイコマーシャルのグレードの豆を使っています。

 

つまりラインナップは高級な高品質コーヒーだけではない、ということです。(何点かは高品質コーヒー豆もあります)

なぜか。

 

僕は自分が家で飲むコーヒーはこれくらいの価格がいいなぁって言う、自分なりのものさしを持っています。

 

休みの日は朝昼晩と奥さんとガブガブ飲むので、それを可能にするには、どの価格なら良いかなぁって。

 

で、今の価格帯にしているわけですが、高品質コーヒーで統一すると、この価格は難しいのですね。
なので、ハイコマーシャルというコーヒー豆のグレードも交えて、価格や美味しさを作り整えています。

 

でもハイコマーシャルだったら味わいは?となります、そこで焙煎の技術とブレンドの技術が試されるわけです。
そこが島珈琲の腕の見せどころ、つまり僕の頑張るところですね、お客さんの笑顔のために。
同じとまではいかないですけども、僕と同じ様なスタイルのお店がニューヨークにもあり、そういう流れもあることが嬉しくなって、ついうっかりマニアックなネタを書いてしまいました。

 

価格が全てではないけども、自分の生活にあったコーヒー豆を皆さんにも提供したい、同じ環境で喜びや美味しさとかをお客さんと分かち合えることができたらいいなぁ、という結果、僕のお商売の姿勢のお話になりました。

 

たまにはマニアックなお話も・・・ほんとにたまにだけにしておきますね(笑)

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーミルで粉にしたときに均一にならないのです

昨日は休日で、家族で有馬富士公園という場所に行き、娘に思い切り遊んでもらいました。 高槻から高速を

記事を読む

コーヒーを飲む事でダイエットはできるのですか

プロローグ さて、ダイエット。 大変申し訳ございませんが、僕にとってほんとに無縁なんです。

記事を読む

夏はアイス用の豆が売れるじゃないですか!って本当なの?

プロローグ これから暑くなる季節、コーヒー豆屋は暑さとともに閑散期を迎えます、っていうと、えっアイ

記事を読む

no image

情熱の薫りを求めて

 情熱の薫りを求めて     島珈琲 島 規之 島珈琲のコーヒーで、こころがほどけ、リラッ

記事を読む

2年前に焙煎したコーヒー豆 保存方法は常温で放置 飲んでみた結果

プロローグ 先日、お客様とお話をしている時、手持ち無沙汰になり近くにあったコーヒーの保存する密閉容

記事を読む

ブレンドの作り方 考え方

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日 高槻店での喫茶部門 夏のナ

記事を読む

no image

一歩一歩

 カフェBeの実習生 一歩一歩 成長していく様子を見ていて こちらもすごく勉強させられてい

記事を読む

ブレンドを合わせる美味しさの比率はどうやって決めるのか

プロローグ ブレンドとはそもそも何か? という所を簡単に書いてから本題に行きたいと思います。

記事を読む

島さんが、美味しいと思う大手のコーヒーはどれ?

プロローグ 家族でコーヒーを飲んでいました。島家の家族構成は、嫁の母、僕、奥さん、娘の4人家族です

記事を読む

ハンドドリップのちょっとしたコツ

2016年も最後のブログとなりました。 少しずつ読者さまも増えて、とても嬉しく思っています。

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ドリップ?焙煎?コーヒーの香りはどこで決まるのか?

コーヒーは香りのものですよね。 特に女性はコーヒーにおいて、味わいと

甘みのあるコーヒー豆をください

最近、このブログのタイトルにあるように言われ、コーヒー豆をお買い求めに

何をするにもカクゴっているよね

さて、久しぶりにブログを書くネタが思いつきませんでした。 &nb

ブレンドのネーミングはどんなふうに決めているのか

娘はなぜかテレビの天気予報が好きで、大阪は晴れくもりやなぁとか、花粉状

教えて!グァテマラコーヒーの魅力とは

昨日は休日。 午前中で終了する娘の幼稚園の送り迎えをして、そのあとは

→もっと見る

PAGE TOP ↑