*

陶器とプラスチック、どっちのドリッパーが良いの?

昨日はお休みで、家族で高槻天神さん 上宮天満宮へお詣りに行ってきました。
上宮天満宮の本殿は小高いところにあり、そこへ行くまでの道のりは坂になっているのですが、娘は元気に駆け上がっていきました。

 

途中、沈丁花の香りが坂を登る足を止めてしまうくらいの良い香りを発しておりました。

 

そしてお詣りへ。
桜は三分、四分咲きというところでしょうか、こちらには梅など沢山の花があってこの季節は見所が満載です。

 

今月も沢山の笑顔が溢れますように、手を合わせて心の中でそうつぶやきました。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

陶器とプラスチック、各ドリッパー長所と短所

以前にも同じ事を書いたことがあるのですが、改めて書きなおしたいのと、一つあっそっかと思ったことがあったので、それを付け加えて書いていきますね。

 

陶器とプラスチックの違いを書いていきますね。

 

陶器製の長所と短所、高級感がある、温めると保温性がある、丈夫、重さがあるのでハンドドリップしているときに当たってもぐらぐらしない、その重さが取り扱いに手枷となる時がある、こんな感じでしょうか。

 

プラスチック製の短所と長所は、陶器製に比べて安価である、軽い、軽いから手入れラク、短所はヒビが入る、落とすと割れやすい、こんな感じでしょうか。

 

ここの差が大きい

ドリッパーにはリブというと、ガスの通り道を作るための線が入っています。
リブ=あばら骨となりますが、あばら骨のような感じでラインが入っているので、そう呼ばれています。

 

写真で指さしているラインがリブです。

 

 

 

陶器製の場合、どうしても製造上このリブがプラスチックのようにピシッとでないようです。
陶器製とプラスチック製の違いは、このリブがはっきりでているか、でていないか、ここが大きいです。

 

リブがそんな味わいを左右するのか、というと僕もうーんどうだろ?となりますが、リブの機能性で見比べた時はプラスチック製の軍配が上がってしまうのは事実です。

 

あと陶器製は陶器のカップに直接置いてハンドドリップするとき、ちょっと抵抗感がありますね。
カップを傷つけないだろうか?と。

 

陶器製のドリッパーにはニスでしょうか、表面はツルッとした加工になっていますので、陶器のカップに当たっても、またその状態でちょっと動かすことがあっても傷は付かないと思いますが、気になってしまいますね。

 

どちらかというと陶器のドリッパーの時はコーヒー用の受けポットを使って、ドリップをしてしまいます。

 

こんな感じで違いはありますが、結局のところ、どんなものにも一長一短、長所短所はありますので、好きな方を使って楽しくドリップするのが最良の方法だと思います。

 

味わいに関して、陶器かプラスチックかの違いだけで他、同じ条件でドリップした場合には、びっくりするほどの違いはないと感じていますので、お好きな方でコーヒーライフを楽しんでくださいね。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

出張コーヒー教室に行ってきました!

自動思考とは怖いモンで 例えばお風呂のシャンプーの位置 シャンプー コンディショナー の順で並んでい

記事を読む

島さん!!これで子供が牛乳を飲めるようになりました!

プロローグ 「これを使って牛乳を飲ませたら、牛乳嫌いな息子がガブガブ飲み始めたんですー ありがとう

記事を読む

コーヒー豆を挽いてから、何日までに飲んだらいいの?

プロローグ 前回の記事に続いて、今回も保存方法や鮮度の話を書きたいと思います。 コーヒーのたてか

記事を読む

楽しくなるかも!コーヒーをもっと愉しむための味わいのヒント

昨日は高槻店が終わったあと配達もなく、カフェBeのレジ締めに行くだけだったので、これはおうちに早く還

記事を読む

中煎り(中焙煎)と深煎り(深焙煎)の決定的な違いとは

プロローグ もちろん味わいの違いもあります。 中焙煎は爽やかな酸味と僅かに感じる苦味のコントラス

記事を読む

たまにはマニアックに

 さて昨日は難波にある富士珈機さんにお邪魔してきました 新型焙煎機のテストローストに はつ

記事を読む

深焙煎に向く豆、中焙煎に向く豆、それとも二刀流?

コーヒーの焙煎度合いは一般的に、ライト・シナモン・ミディアム・ハイ・シティ・フルシティ・フレンチ・イ

記事を読む

何か意味があるの?コーヒー豆に付けられている名前とは

プロローグ モカ、キリマンジャロ。 どちらも大抵の方は知っていると思います。  

記事を読む

初めてのコーヒーミル 何を買えばいい?

プロローグ 秋です。ホットコーヒーの美味しいシーズンがやってきました。 おうちで飲むコーヒー、一

記事を読む

島珈琲の味わいをスポーツで例えるとこうなる

プロローグ コーヒーの味わいをつくる。 これは本当に伝えにくいのですが、家庭の料理ならガスコンロ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆・粉を保存するのに気をつけたいこと

昨日は娘の幼稚園が代休で、1日お休みに。   日

障がい者支援施設とコラボカフェ カフェBeってどんなカフェ?

カフェBeを運営する社会福祉法人 北摂杉の子会さんから、このカフェを手

いつもの豆が切れた!プロはどんなふうに同じ味わいを作るのか

コーヒー豆はご存じの通り、植物のタネです。  

島珈琲のネット通販でクレジット・コンビニ決済ができるようになりました!

通販に力が入り出したのは、2年程前から。   そ

旨いコーヒーを作りたい

料理などを作ったとき、それを食べた人が美味しいそうに食べ、そして笑顔を

→もっと見る

PAGE TOP ↑