*

中 とか 深 とか そもそもなんなのか?

公開日: : coffee

 そもそもコーヒーの焙煎とは何なのか?

コーヒーの焙煎とは コーヒー生豆を火であぶり
コーヒー豆にする作業のことです

ただそれだけなのですが 行程がシンプルなだけに
非常に奥が深いのです

お店によって味が違うのは いくつかの理由のうち
「焙煎の仕方が違うから」というところのウエイトは
大きいように思います

その焙煎でおなじコーヒー生豆でも
度合いによって味がかわってきます
島珈琲では中焙煎 と 深焙煎 と2つ度合いで味わいを
は表現しておりますが そもそもその「中」とか 「深」
とかなんなのか

1回の焙煎する作業時間の始まりを1として
終わりのMAXを10とします
中焙煎とは5か6くらいのところで終わるものをいい
深焙煎とは7か8くらいで終わるものを島珈琲では
さしています(他店との基準とは違うと思います)

焙煎時間が長いと「強く焙煎する」と表現されます
コーヒー生豆に本来持つ 良質の酸味が焙煎時間の長さによって
だんだんに甘みに変化し 中焙煎ですと
酸味が甘みに変化するちょうど はざかい のとこで
甘みと良質な酸味が整った優しい味わい となり

強く焙煎すると苦みがでてきて
かつ酸味が甘みに変化していくので
優しい苦みと甘みの味わいが深焙煎ということになります

ただし 苦みとは「焦げた苦み」ではありません
強く焙煎する と 焦がす とは全く味の質は違うモノで
島珈琲の苦みが優しいのはコーヒー豆に焦げをつくらずに
焙煎しているからなのです

お魚を焼くにしたって こげ をつくらずに焼くのは
非常にむずかしいですよね
いい料理屋さん(年に1回くらいしかいけないですが・・・)で
食べる焼き魚は黒こげをつくらずに 焼いているから雑味が
してません

コーヒーにもそれが言えて コーヒーに焦げをつくらずに
焙煎する これがむずかしい
機械を知り コーヒー豆を知り 焦げた味を頭に焼き付けて
トライアンドトライ で 焦げないように修正し また修正し
そしてやっとその技術を会得するのです

最後は自慢になってしまいましたが 笑
島珈琲の中焙煎と深焙煎の味わいの違い 
なんとなくおわかり頂いたでしょうか?

簡単に言うと 島珈琲の中焙煎はマイルド味で
深焙煎はビター味です 
ただしビターはビターでも焦げた苦味はしません!

ということで 今日も長い日記になりました
いつもお読みいただいてありがとうございます!

写真は コーヒーの焙煎する前のコーヒー生豆です
鼻に近づけてにおうと フルーツのようなフレッシュな
香りがするんですよ!(それはスペシャルティコーヒーだからです!)

今日も ありがとう高槻!


The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーの香りについて調べてみた

プロローグ 僕がこうして自家焙煎珈琲店をするまでは、所謂コーヒーオタクでした。 東京の有名店など

記事を読む

カフェ出店のご相談がありました 最近多いので参考点をちょい書きました

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   だいたい1年に数件 カフェや喫茶

記事を読む

コーヒー好きな方へ贈りたい、コーヒーギフトに役立つちょっとしたヒント

プロローグ 島珈琲はコーヒーギフトにも力を入れています。 始めた頃は、折り紙が嫌いだったので包装

記事を読む

エクスマで繋がる 塩コーヒーだなんて、そんなバカな!

プロローグ マーケティングの師匠 藤村正宏先生とエクスマの講師、ハッピー薬品の橋本亨さん、佐藤ゆか

記事を読む

ブランド力向上作戦!

 島珈琲というブランド力をアップする どこででも買えるコーヒー豆を  わざわざ島珈琲に足を

記事を読む

コーヒーはあなたの生活の何になるの?

プロローグ さて、明日はエクスマ塾の日です。ですので、高槻店は臨時休業させて頂きますね。 なぜ勉

記事を読む

ほんの少し幸せに ほんの少し豊かに

自営業をはじめ 独立したのが2002年 紆余曲折だらけですが13年目に入り 13周年も年が明ければも

記事を読む

コーヒーミルで粉にしたときに均一にならないのです

昨日は休日で、家族で有馬富士公園という場所に行き、娘に思い切り遊んでもらいました。 高槻から高速を

記事を読む

コーヒーの計量スプーンは1杯△gは豆・粉用 どっち?

プロローグ コーヒーの計量スプーン、僕たちはメジャーカップと呼んでいます。 コーヒー豆や粉をいち

記事を読む

暑い時に欲しくなる、あまーいコーヒーのレシピ教えちゃう

プロローグ 実は僕、昔バーテンダーになりたいと夢見た時期がありました。シェーカーを振りグラスに注ぐ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
短パンコーヒーを美味しく飲もう!おうちで楽しむコーヒーの基本的なこと

短パンコーヒーがいよいよ全国に発送され、本日より順次皆さんのお手元に届

島珈琲の通販のお買い物をもっと便利に

島珈琲は岡町本店と高槻店があり、姉妹店にカフェBe店、この3つのお店を

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ

カップとスプーンの置き方に決まり事はあるのか

最近、嬉しいことに娘が「お店」に興味を持っているようで、しきりに「大き

ブラックコーヒーを飲むきっかけは何か

僕がコーヒーに興味を持ったのは、高校生の時。 チェーン店であった珈琲

→もっと見る

PAGE TOP ↑