*

接客力を上げるにはどうしたら良いですか?

接客力とは、文字通り接客における力、気づかい気配りですね。

 

接客力って本来、日常で使う言葉なのかどうかは知らないですが、今回はこの言葉を用いて、接客とは、とか、接客の能力をアップにするには、みたいなことを考えてみたいと思います。

 

今日はお客さんに対する姿勢など、ちょっと経営チックなお話になりそうですね。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

接客力を上げるのにどうしてきたか

これは僕のやってきたことなので、参考になるかどうかはわかりませんが書いていきますね。

とりあえず自分が買い物するときは、観察するクセをつける。

 

どんな買い物でもです。
自分の関わる仕事だけでなく、コンビニでも、ホームセンターでも、ファミレスでも、ファーストフード店でもです。

 

レジの人や運んでくれる人、掃除をしている人、お店やショッピングモールなどに居るときは必ず僕は観察しています。
もちろん、じーーっっとは見てませんよ(笑)

 

さりげなく目で追う感じです。

 

で、わっ!この方の接客いいなぁと思ったら、コピーしていくことです。
若い方から学ぶこともありますし、年配の方から学ぶこともあります。

 

先日はホームセンターでレジをするたぶん大学生くらいの男性が、すごい丁寧だったんですね。
一人一人に心の入ったお辞儀をして。

 

僕がレジを済ませた時にありがとうというと、ちょっと驚いていたのが印象的で、ほんとにどの人も同じ様にしていたのが心に残りました。

良い事は真似る、ですね。

 

でも、反対に「そりゃないよー」と思う接客もインプットしておいて、自分の仕事ではそれをしないようにする、反面教師ですよね。

 

それを積み重ねていると、接客に対する対応力がついてきたように思います、まだまだですけどね。

なぜ接客なのか

インターネットでも色々便利に買い物ができるようになった中で、お店に来られる理由は空間であったり、雰囲気を求めてだったり。

 

接客って改めて見直される時期にきているのではないのかなぁって、思っています。

 

いろいろ便利になりましたが、だからこそ人の温もりってのが大事なのではなんて考えているわけなんですね。

そんな意味でちょっと自分の接客を見直してみようと思い、自戒をこめて今回はブログを書いています。

 

お客さんがお店を選ぶ権利があるように、お店もお客さんを選ぶ権利があると思っています。
僕はお客さんは神様だとは思っていません、お客さんは良きパートナーだと。

 

パートナーになってもらうために努力しますが、へりくだったりはしませんし、無理な要求も飲みません。
お互いが尊重できる関係が、よいお商売の関係を共有できると思っています。

 

なので、お店の経営している僕は自分のお商売の敷居の高さは決めています。

そこに見合った接客を心がけている、ということになりますね。

 

お客さんに気持ち良く帰ってもらい、またきたいなぁと思ってもらうために。
接客って奥が深いなぁなんて思ったことをつらつらと今回は書きました。

 

島珈琲は良いお客さんに囲まれていることに改めて感謝しながら、キーボードを打つ手を止めたいと思います。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

何か書かなければ!

と思いながらこんな時間になってしまった! 自分自身をもっと進歩させ 深化させたい どうすればよいか?

記事を読む

no image

熱読

 儲かる農業 「ど素人集団」の農業革命  嶋崎 秀樹 を 読むことをお奨めされたので 早速

記事を読む

no image

年賀状

今年は忙しくなるのが目に見えてわかっていたので 年賀状は早めに印刷して書き上げた 毎年恒例 届け先住

記事を読む

いちたすいちはに?

 数学では1+1=2です しかし人では違います 今日はひまやったわ と帰って嫁さんに言うと

記事を読む

コーヒーの香りが脳に与える良い影響は?

プロローグ 今日は岡町本店の営業日です。 こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。 &n

記事を読む

うれしいこと

 思えば遠い道のりだった やっとやっとだよ エドリアン エドリアーン! ということで ゴー

記事を読む

考えたら でた

昨日の日記では 考えたことを書いた そして時間があるとまた考える 自分の特技はなんだ 長所はなんだ

記事を読む

夜も眠れぬ毎日からの脱皮

高槻店は2年目に入りまして 少しずつですが お客様が増えてきました おかげ様です 感謝です コーヒー

記事を読む

no image

セピア色

  僕のランニングのコースは 猪名川の堤防を走ることが多い 堤防にあるグランドには サッカ

記事を読む

うつりかわり

 高架下をくぐると そこは幼い頃僕にとって異次元の世界だった 祖母の家に遊びに来ては 祖父

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
中煎りと深煎りのコーヒー豆 どっちが人気があるの?

昨日は休日でしたが、午前中は障がい者支援施設とコラボしているカフェBe

コーヒー焙煎するお店にはどんな許可が必要か。

今回はちょっと趣向を変えて、お店を開業したい方むけのお話を。 カフェ

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。 &n

島さんは、コーヒーの味わいはどこで決まると思ってますか?

今日は娘の保育園の卒園式です。 その後は、奥さんが娘と一緒に幼稚園の

昔のコーヒーは美味しかった!は、ほんとうなのか?

本日はこんなツィートをしました。    

→もっと見る

PAGE TOP ↑