*

はじめてのコーヒーミル 手挽きと機械 どっちがいいの?

ある本を読んでいて、そこにはこうかかれていました。

 

ものがたくさんあること、過多であることは常に私たちを迷わせる。
シンプルさの中にこそ活路があったのだ と。

 

確かにそうですよね。
今の日本ではもの、そして情報が沢山あり、そして過多であることが僕たちを悩まして、答えをなかなか見いだせないことが多々。

 

そんな中、コーヒーの事で、何かのお悩みがあれば、僕がお役に立つ事ができたらなぁとその本を閉じながら思ったことはそんなことでした。

 

いろんな情報が交錯するなかで、僕の書いているブログが何かあなたの心に残るモノになれば嬉しいです。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

はじめてのミル 手挽きと機械どっちがいい?

昨日、お客さんから頂いた質問です。
皆さんはどちらが良いと思いますか?

 

僕はどちらでも良いとは思います、と言うことをはじめに伝えて、お話をこう続けました。

 

コーヒーを楽しむという観点でみると、手挽きの方が面白いですね。
コーヒー豆が砕ける感触がミルのハンドルから伝わってきて、自分のコーヒーを作っているんだぁという手作り感が味わえるから。

 

機械は手挽きをしている時間はないけども、挽く時の香りから楽しみたい、どちらかというと手っ取り早い方法を取るなら機械のコーヒーミルの方が良いですよ、とその2つことをお伝えしました。

 

そしてこんな提案をしました

以前から僕のブログを読まれている方からは、またニトリか!と思われてしまいますが(笑) そのお客さんにニトリで安価の手挽きミルが販売されていますので、まずそれからはじめてはどうでしょうか、とご提案しました。

 

というのも、最初から良い道具を購入するのもいいのですけども、良い道具から入ると、いろんな備え付いている良い機能が、なぜ良いのかがわかりにくいのですね。

 

ですから、最初に安価のもので高機能ではないものからスタートして比べる基準を作って、それから考えるのも手段ではないでしょうか。

 

コーヒーミルを使わない人には、普段から身近にあるものではないので、はじめての場合、いろんな良さがわからないままだと楽しみに繋がっていかないのでは、と僕は思っています。

 

自転車の次にはじめてバイクを乗った時、バイクってすげぇと思うような感じでしょうか。

 

僕は今このクロスのボールペン 一本4000円くらいするペンを、お店で使っています。

 

 

 

お店で地方発送のご注文があった時に、お客さんが送り先の住所を書く際に、このボールペンをお渡しして使ってもらいたくて買いました。(もちろん自分も使いたいから えへ)

 

お客さんもなんか良い気持ちになるでしょ、伝わらないかもしれないけど(笑)

 

安価のボールペンを使ったからこそ、このボールペンが書きやすいと思うわけで、何でもステップがあった方が結果、「楽しむ」ための近道になるのでは、というのが僕の持論です。

 

今回のこのブログが、ミルを買おうかなぁと思っている方に参考になれば嬉しいです。
そんなお話でした。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

粉の挽き目で変わるコーヒーの味わいの濃さのお話

実は時代劇が割と好きで、今はあまり見ていないですが以前はよく見ていました。  

記事を読む

短パンコーヒーを美味しく飲もう!おうちで楽しむコーヒーの基本的なこと

短パンコーヒーがいよいよ全国に発送され、本日より順次皆さんのお手元に届くご様子。 早速ツィートして

記事を読む

コーヒー豆の保存方法と真空パックのお話

最近、ほんとうに多くの方が遠方から、岡町本店や高槻店へコーヒー豆を買いに来てくださります。 &

記事を読む

no image

ナックルボールを風に

 山際淳司のそのタイトルの本を 今日読んだ 代表作は「江夏の21球」 実況中継を見ている気

記事を読む

焙煎機の排気力を10%アップさせる簡単な方法

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です たまにはプロらしく(いつもプロでないのかっ!

記事を読む

アイスアメリカーノというアイスコーヒーを説明してみた。

プロローグ アイスアメリカーノとは?カンタンに言うとエスプレッソの水割りになります。氷の入ったグラ

記事を読む

no image

ストライクゾーンとコントロール

 就労移行支援で毎日2時間 施設側のプログラムとして コーヒーのたてかたを指導している 彼

記事を読む

コーヒーを美味しくする、誰でもできるたった一つのこと

プロローグ 早い方は昨日からGWが始まり、にわかにお商売の流れのスピードが上がってきました。今日も

記事を読む

全くの初心者はどうすればいい?お家で使うコーヒー器具はどれ

プロローグ 昨日、マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンドを販売開

記事を読む

コーヒーの挽き方と味わいとかの関係

コーヒーの挽き方には一般的に、粗挽き、中挽き、細挽きと呼ばれる挽き度合いがあります。 &nbs

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

福祉の島珈琲 今年は動きます!

さぁ今年は動こうか、と奥さんに話していました。 その前の晩に一人お酒

後口が紅茶のようなコーヒー

昨晩はおうちで家族揃って、夕食を。   五歳の娘

冬は濃いコーヒーが欲しいもの アイスコーヒー用の豆をホットで飲む

8月6日、夏生まれの僕です。 最近の暑さにはめっぽう弱くなりましたが

ドリップコーヒーの美味しさは優しさで作られているもの

僕はほんの少しの時期でしたが、ボクシングをしておりました。 &n

→もっと見る

PAGE TOP ↑