*

タイムスリップしてきたみたいだね

公開日: : 感謝!!

 と 高槻店にこられたお客様がよく口にされます

高槻店は 「和」のデザインでお願いしました
設計していただいた カーブアーキテクツ 明木さんとは
岡町本店の一枚板のテーブルを作って頂いたのがご縁でした

過去 明木さんの設計した家や店舗 いろいろ見て
間違いなく 感性が似てる と感じていまして
高槻店の設計を依頼したときは 和でお願いします
とだけ 僕は言って ほとんどお任せ状態でした

キッチンの配置以外は ほとんど口をだした記憶がありません

設計して頂いた明木さん 宮大工の河原工房の唯さん
めっちゃ丁寧に仕事をしてくださったペンキ職人さん
 電気工事のお兄さん 他
たくさんたくさんの方々が勝手にこだわってくださり
こんな良いお店ができました

ご来店されるお客様が口々に
いいお店ですね 時間を忘れますね
とおしゃってくださいます

人に恵まれたなぁ 
とお褒めの言葉を頂くたびに
そう思います

こんないいお店を作ってくださったんだから
最初から老舗のような店構えですが 笑
老舗にならないとね! がんばりますよ 島珈琲!

改めて
高槻店をつくってくださった職人のみなさま
ほんとにありがとうございます!

写真は高槻店 店内の様子
まだ2年生ですが 少しずつ味わい深いお店になってきました

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

誠意を持ってあやまること 昨日のクレームについて考えた

  こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   元旦

記事を読む

沈丁花の香るこの季節に思うこと

プロローグ 自転車での帰り道、いつもそこは沈丁花の香りが漂う。 この香りが好きです。 春が来ま

記事を読む

インサイドアウト

 不平不満はそらぁ誰だってあるわいさぁ 僕はなんとなく自分に行き詰まった時 なにか憤りにぶ

記事を読む

僕が手書きにこだわるわけ

プロローグ 連休が明け少したったところで、通信販売の発送のご注文が重なりまして、あくせくと送り状書

記事を読む

僕の尊敬する人 Route271の船井さん

大阪梅田の芝田にある有名なパン屋さん、Route271さんをご存じでしょうか。 テレビや雑誌などに

記事を読む

no image

成長の軌跡

 ブログのアクセス数見ていると やはりセンセーショナルなタイトルの方が アクセス数は伸びる

記事を読む

講師を終えて

 昨日は体調不良のため 高槻店は臨時休業を頂きました大変ご迷惑をおかけしまして 申し訳ござ

記事を読む

雨上がりの夜空に

 どうしたんだい HEY HEY BABY 7年間 愛用したシーラーが壊れてしまった あと

記事を読む

no image

ひとつひとつ

 カフェBeの目標とするところに 一歩ずつ そして 三歩進んで二歩下がっていますが 前と前

記事を読む

あなたは、あなたのままでいい

プロローグ 3月4日の朝刊で、姉妹店の「カフェBe」店が大阪版で紹介されました。 この取材には僕

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

福祉の島珈琲 今年は動きます!

さぁ今年は動こうか、と奥さんに話していました。 その前の晩に一人お酒

後口が紅茶のようなコーヒー

昨晩はおうちで家族揃って、夕食を。   五歳の娘

→もっと見る

PAGE TOP ↑