*

ペーパードリップとドリップバッグの違いは何?

島珈琲の通販は主にゆうパックを利用して、全国の皆様にお届けしています。
宅配業者さんの人手不足や通販の利用増によって、業者さんが大変な状況になっているのは周知の事実と思います。

 

島珈琲にもゆうパックの値上げのお話など秋くらいからぼちぼちありまして、皆様にもいろいろ変更をお伝えしてきたのですが、今回は少し残念なお知らせをしなければなりません。

 

今まで発送業務は高槻店と岡町本店両店からしていましたが、日曜日のだけの発送ですと荷量が少なく、ゆうパックさんからの新料金を提示してもらいましたが、値上げの変更幅が大きくなり、この度、通販業務を高槻店のみに一本化することに決めました。

 

ですので、発送業務はは火曜日から土曜日まで、土曜日と日曜日に頂いたご注文は最短次の火曜日に発送。
月曜日に頂いたご注文は最短水曜日に。

 

火曜から金曜日の営業時間内での頂いたご注文は、基本的に翌日発送で対応させて頂きます。
この体制は4月1日からです。
送料の変更はありませんが、先にお知らせしていますように、郵便振り込み手数料が当店負担から、お客様負担に。

 

代引き手数料が現行の260円から390円に変更されます。
こちらも4月1日からの変更になります、よろしくお願いいたします。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

ペーパードリップとドリップバッグの違いは何

お知らせが長くなってしまいました。
ペーパードリップとドリップバッグの違いとは何か。

 

ご存じの通り、ペーパードリップはドリッパーにペーパーをセット、そしてコーヒーの粉をそこにセットして、お湯をドリップして淹れるコーヒー。

 

ドリップバッグは簡易式で、1個ずつ個包装されていてカップに引っかけて、定量のお湯を注いで出来上がる、器具を必要としない、簡単にできるコーヒーです。

 

各社、各店舗、いろんなタイプのものがありますが、島珈琲のドリップバッグはスコットブレンドも含めて、この両がけタイプのものを使用しています。

 

中に入るコーヒーはもちろん、僕 焙煎アーティスト島規之のオリジナルブレンドです。

 

最大の違いは?

ペーパードリップは完全に濾しています。

 

このドリップバッグは濾してはいますが、あるところからお湯に浸かるようになっています。
ペーパーで濾しているけども、浸けて味わいをだしている、この2段方法がドリップバッグなんですね。

 

浸漬法といいまして、コーヒーの粉をお湯に浸けて味を出す、という方法。

 

なぜこの方法をとっているのかというと、島珈琲の場合、ドリップバッグの中のコーヒーの容量は8グラム。
10グラムの味わいになるように粉を中挽きではなく、少し味わいが濃くなるよう細挽きにしています。

 

ドリップして濾すだけでは、味わいがちょっとものたりない。
ですので、濾す+浸漬法で、いい塩梅の濃さになるようにそうしているのですね。

 

長く浸けるとその分濃い味わいになりますし、定量にきてささっと取ってしまえばさらっとした味わいになります。

 

浸かるタイプのドリップバッグは浸ける時間の長短で味わいが調整でき、これがペーパードリップにはない味つくりができるというのが、ドリップバッグの特徴になるのですね。

 

島珈琲ではどちらかというと、プレゼントや贈り物にドリップバッグを使われる方が多いです。
あとはちょっとお出かけした時になどの非常用(笑)にされている方も。

 

香りで癒されるように毎回愛情込めて焙煎しています、機会があればぜひお手にとってくださいね。

 

いつもありがとうございます。

 

今月は2月26日 日曜日は高槻天神祭のため、岡町本店は2月26日日曜日は臨時休業します。

 

高槻店は2月26日日曜日 営業します。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

僕にもコーヒーのことで分からないこともある

プロローグ いろいろコーヒーのことをブログで書いて、また店頭でもいろいろ聞かれたらできるだけお客さ

記事を読む

コーヒー豆 粉 の保存方法

寒くなってきましたねお客様の心が暖かくなるように お店のBGMをハワイアンにしてみましたゆるり流れる

記事を読む

昔のコーヒーは美味しかった!は、ほんとうなのか?

本日はこんなツィートをしました。     おはようございます。

記事を読む

まぁるくなったなぁ

 一昨年に島珈琲に入団した デッティングコーヒーグラインダー内野手 切れ味抜群のカッティン

記事を読む

決断 そして 前へ

 カフェBeは社会福祉法人北摂杉の子会が経営するカフェである その運営全般を御願いされ 島

記事を読む

豆と粉の違い コーヒー豆は香りのカプセル

プロローグ 最近ちょっと距離があいていた、障がいを持っている方の仕事を増やそうプロジェクト。 寒

記事を読む

いぶし銀になるまで

新聞で取り沙汰になっている出来事を あんましあーだこーだ言わないのが 僕の日記なんだけども この事件

記事を読む

情熱のコーヒーマン

 ブラジルのコーヒー豆 ニュークロップ(新豆)が入荷しました ブラジル アルトアルグレ パ

記事を読む

ミルクと相性のいいコーヒーの焙煎度合いは、どれ?

コーヒーにミルクを入れて飲むなんて邪道ですよね、とよく聞かれるのですが、僕的にはシチューにコショウを

記事を読む

改めて店舗紹介 なぜならあまり知られてないから 笑

プロローグ 昨日はお休みを頂き 梅田までセミナーを受講してきました マーケティングのセミナーでし

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
甘みのあるコーヒー豆をください

最近、このブログのタイトルにあるように言われ、コーヒー豆をお買い求めに

何をするにもカクゴっているよね

さて、久しぶりにブログを書くネタが思いつきませんでした。 &nb

ブレンドのネーミングはどんなふうに決めているのか

娘はなぜかテレビの天気予報が好きで、大阪は晴れくもりやなぁとか、花粉状

教えて!グァテマラコーヒーの魅力とは

昨日は休日。 午前中で終了する娘の幼稚園の送り迎えをして、そのあとは

どうなる?週1回の営業でお店は出せるの

今までも沢山ご相談に乗りましたが、現在でも時々カフェ開業に関するご相談

→もっと見る

PAGE TOP ↑