*

島珈琲藩 ミル侍

公開日: : 島珈琲藩

 僕が島珈琲を開業したのは2002年
開業してから随分と長い間売れない時代は続きました
売れない芸人ってたぶんこんな気持ちなんやろうなぁ
と毎日をかみしめて もうすぐ12年
ここまで よお がんばってこれたなぁ
と我ながらちょっと褒めてみた

全て お客様のおかげです 感謝です

さて開店当時はコーヒーは 豆のまま 持ち帰るのでなく
ほぼ8割方粉にしてお渡ししていました

時は流れ 最近では豆のままで購入される方が
かなり多くなりました
僕のお店でミル(コーヒーグラインダー)を購入されたり
アマゾンとかで購入されたり

で ふと疑問に思いました

みんなメンテナンスをどうしているのだろう?

僕のお店でお買い上げになった方にはたまに
お声かけしますが 通販とかで買われた方は?

知人に聞いてみたら 「わからないから やってない」と

芸能人が歯が命なら ミルは刃が命
たまには磨いてあげなければいけません
たまには こびりついた古いコーヒーの粉を
分解してとらなければいけません

機械のことが全くわからない そこの貴方
まかせんしゃい です

機械大好き島さん こと島珈琲藩 ミル侍

ご当地サービス 持ち込み限定
(家庭用に限る 業務用は一度相談してくださいね)
で ミルのメンテをどどーんと引き受けようじゃないですか!
もちろん他店で購入されたミルもノープロブレムですよ 
じゃんじゃん来てください

ということ 昨日チラシの原案を作ったので
あとは手書きで嫁さんにつくってもらうだけです

詳細は後日 店舗でご案内します
無料ではありませんが 1台300円くらいでお引き受けします
預かり期間は3日から1週間で掃除します
ついでにコーヒーでわからないことがあれば
聞いてください

では 詳細はしばしお待ちを

写真は コーヒーの焙煎したらチャフという
薄皮がはがれます 60キロ近いコーヒー生豆の焙煎をしたら
チャフ受けがぱんぱんになりました
自家菜園をしてはる方へ 肥料としてお渡ししています

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

千葉 布施弁天さまに島珈琲 びゅびゅーん

昨日は千葉県柏市 布施弁天内にある 茶屋 花華 様から コーヒー豆のご注文がありました 布施弁天は8

記事を読む

まるで新品みたい!お掃除します あなたのコーヒーミル! ナイスカットミル編

昨日の朝 7/14 月曜日にオープンするカフェ ハンモックキッチン様へコーヒーの講習にいってきました

記事を読む

お父さんの たからもの

ディディディーディディディー パロポー パロポー (007の音楽のつもりです) さて 今回 島珈琲藩

記事を読む

モノを大事にすることは・・・

今朝は自転車をこいでいると風は涼しく お盆明けにある 少し秋をにおわせる風 のような気がしました 日

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒーを濃い味か薄味にドリップする、基本的な方法

ご存じでしたか、カフェインは水(お湯)の温度が高いと溶けるけども、温度

グァテマラコーヒー 新しい銘柄にチェンジしました!

昨日は出来るだけ早く帰ろうと思っていましたが、なんやかんやと仕事がかさ

1日に焙煎している量はどれくらいですか?

今週は月末、スケジュール的には余裕があるつもりで居たのですが、実はそう

お店をするのに大切なことは何?

久々に飲み過ぎました。 昨晩、飲み会がありました。  

島珈琲のコーヒーが飲めるカフェ 芦屋編 ~ブックカフェ三日月と太陽~

先日、お休みを利用して芦屋に行って来ました。 芦屋には僕の友達が経営

→もっと見る

PAGE TOP ↑