*

実はコーヒーとワインって似てるんです

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のエクスペリエンス・マーケティング塾で繋がっているお友達がいております。
その方は北海道でソムリエをされておられます。

 

ツィートをよく拝見しているのですが、ワインについてのツィートを読むと「コーヒーと一緒や」と思うことが十中八九あるんです。

昨日はこのツィートに僕が反応しました。

 

 

そして僕はこのように引用リツィートさせてもらいました。

 

 

このブログのお読みの方はコーヒーが好きな方が、ほぼほぼかと思います。

 

ソムリエさんの言葉は、コーヒーにも当てはまりすごく参考になりますので、ぜひ鵜沼さんをフォローして頂き楽しみながらコーヒーとワインと照らし合わせて知識を深めてみてください。

 

もっとコーヒーが楽しくなりますね。

 

それではなぜコーヒーとワインと似てるのか、のお話。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

植物としてみて

ワインは葡萄からですね。
葡萄がないとワインは作れません。

 

そうすると葡萄が育った環境が、味を大きく左右させるわけで、コーヒーもここが一緒なんですね。

 

ワインの用語でテロワールという言葉があります。
気候風土やその土地の環境など、その栽培されている畑のエリアの環境をさす言葉のようです。

 

で、コーヒーも同じく環境が美味しさを左右させます。
まず国であったり、産地であったり、標高であったり日照時間であったり。

 

いろんな事が含まれて、グァテマラの○○農園のテロワールがあります。
つまりそれがワインもコーヒーも個性の味わいを形成している、というちょっと難しい話になりましたが、人間で言ったら育った環境みたいなもので、味わいのある人間性をどこで形成されたかみたいな感じですね。

 

そして味わいの表現

○○のような、と言う表現をしますね。
花のような とか、ナッツのような とかフルーツや食べ物など植物の香りなども含めて味わいを表現しますよね。

 

コーヒーもプロ同士ですと、そんな表現をします。(時々お客さんにもその表現はしますよー)

 

僕はあまりお客さんには、ソムリエのような味わいの表現はしませんが、コーヒーもほんとソムリエの言葉をそのまま使えるのですよ。

 

つまりコーヒーもワインも複雑な飲み物で、それをいかに分かりやすくそして完結に伝えるかが、僕たちの仕事なのですが、こうしたソムリエさんの言葉をインプットしておくと予備知識として働き、コーヒーの本やインターネットなどの記事の意味が更に深く理解できて、楽しくなると思います。

 

しかもソムリエさんの生の声(ツィート)ですからね。

 

いろんな角度からコーヒーを楽しんでもらいたいので、ソムリエさんの言葉参考にしてもらえたらなぁ、という実はコーヒーとワインって似てるよーというお話でした。

 

複雑なところを持つ飲み物だからこそ、わかりやすく伝えていけるように。
僕もいろんな表現や言葉を更に勉強していきますね。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

チェンジ

昨日は早朝にチラシをポスティングしてきました焙煎アーティスト流 美味しいアイスコーヒーのいれ方DVD

記事を読む

海外から来るコーヒー豆。輸送中はどんな旅をしてくるのか?

プロローグ 先日、こんなツィートをしました。   コーヒー豆は赤道を中心とし

記事を読む

ペーパードリップの時、プクッーと粉が膨らむのはテクニックでできる事なのか

プロローグ ペーパードリップはほんとにいろいろな事があって面白いですよね。 世界のコーヒー文化を

記事を読む

いぶし銀になるまで

新聞で取り沙汰になっている出来事を あんましあーだこーだ言わないのが 僕の日記なんだけども この事件

記事を読む

それ出来たら超新鮮!家でコーヒー焙煎はできるの?

プロローグ 家でコーヒー焙煎って、出来ますか? はい、やろうと思えばすぐできます。 &nb

記事を読む

コーヒー豆を売っているが、売っているのはコーヒー豆じゃない

プロローグ なんか禅問答みたいなブログタイトルになってしまいました。   昨

記事を読む

島珈琲のブレンドは音楽でいうと生演奏

プロローグ ヒントとというのは案外、誰かとしゃべっている時に発見するものなんだなぁとつくづく思う。

記事を読む

コーヒーチェリーの果肉ってどうなるの?

8月はどちらかというと閑散期で、お客さんの流れが緩やかです。   緩やかだなと

記事を読む

ペーパードリップのペーパーの違いでどんな味わいの変化があるの?

ご家庭でコーヒーを淹れるのに多く採用されているのがペーパードリップ。 紙で濾しコーヒーの粉が液体に

記事を読む

エスプレッソの超細挽きの粉でドリップした結果

プロローグ エスプレッソは超細挽きのコーヒーの粉を使い、マシンですと30秒くらいで60CCの濃いコ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ドリップする時に端までお湯をかけるのをオススメしない理由

さて、昨日こんなツィートをすると沢山の方が見てくださりました。

今更ですが、水だしコーヒーポットの美味しい作り方を調べます

昨日は休日でして、家族で市民プールに行ってきました。 9時半から12

コーヒー豆は焙煎すると2倍の大きさになる、なんで?のお話

コーヒー生豆を焙煎すると、だいたい2倍くらいの大きさになります。 詳

今も残る高校卒業したときの担任の言葉

先日、高槻・川添にある、障がい者支援サービス よつば放課後デイサービス

20年選手の僕だって焙煎に失敗することがある

昨日は東京からPansonicの荒川さんが御来店。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑