*

コーヒーを淹れるお湯の温度

公開日: : coffee

 たまにはコーヒー屋らしく コーヒーの記事を

今日は コーヒーを入れるお湯の温度はいったい何度がよいのか?
というところを島珈琲流に解説をしたいと思います
(今回はペーパードリップでのお話です)

島珈琲では ペーパードリップを採用しています
ドリッパーは名門 コーノ式円錐タイプです
これで淹れるコーヒーが 僕は一番美味しいと思っているので
こちらをずっと使い続けています

最初に答えから 島珈琲では
コーヒーを淹れる お湯の温度は90℃から93℃を
適温と考え そしてその温度が美味しいと思います
沸騰した直後のお湯を使うのは湯が跳ねて
入れにくいので少し冷ますことを基本とします

ヤカンからコーヒーを注ぐ鶴口のポットに沸騰したお湯を移すと
いろんな状況によって変化はありますが だいたい94~95℃に落ちますので
急いでいるときは軽く(ほんとにちょびっと)差し水をし まぜ
急いでないときはポットのふたを1~2分開けて放置していれば
だいたい93℃くらいにさがります

93℃くらいで1杯分を抽出するとできあがりが適温で
ちょうどいい飲み頃の温度と思います

次に80℃くらいのお湯で抽出するとどうなるか
93℃で淹れるときよりも味がまったりして より優しい味わいです

93℃で淹れるといい成分もよくでますが 
比べるとちょっとシャープな味わいになります 

しかし 82℃くらいのお湯で抽出すると
できあがりがぬるいので 熱い方が好きな方は沸かし直しを
しなければいけません
(その時 絶対にコーヒーを沸騰させてはいけません!まずくなります!)

どっちをとるかはお好みです

僕は沸かし直しが面倒なので 93℃で抽出をしております

しかし 家庭でもこの通りにやらなければいけないのか!
というと そうでもなく コーヒーポットをお持ちなら
コーヒーポットでお湯を沸かすのでなく 別のものでお湯を
わかして 移し替えればオッケーですし

ヤカンでされる方は お湯が沸騰すればガスを止め
数分ふたを開けて放置していれば 何度かは落ちますので
ちょっと冷めたかなぁ 程度で 抽出を開始してください

家庭でコーヒーを美味しく淹れるコツは

とにかく難しく考えないことです!

楽しいお茶の時間がはじまるんですから 楽しくいれましょうね

わからないことが あればメールでお聞きくださいね
info@shima-coffee.com 焙煎アーティスト 島規之

写真は高槻店で愛用している 鶴口のコーヒーポット
12年愛用してきました 銅がはげてきて使い込まれた感があり
いぶし銀の職人使用な感じでいいでしょ♪

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーのブレンドの作り方は2種類あるんです。

プロローグ 大阪は暑くなってまいりました。いかがお過ごしでしょうか? 夏本番に向けて、リキッドア

記事を読む

職人としての大切な心

 焙煎を論議すると百人いたら百人の考えがある けども 焙煎機がどうだ とか ダンパーの使い

記事を読む

コーヒー豆が焦げるって、どういうことなんやー!

昨晩、家に帰ると娘はリビングで寝ていました。 そのまま娘は朝まで夢の世界へ。  

記事を読む

インスタントコーヒーを美味しくいれてみよう!の検証結果の件

プロローグ 僕が思うところ、コンビニコーヒーでもセブンカフェはピカイチだと思う。あのコストであおの

記事を読む

そもそも深煎りとか中煎りとか、なんなのか?

プロローグ 僕たち職人が当たり前に使ってしまう言葉ほど、案外お客さまには理解されていないと思います

記事を読む

それはほんとうにドリップのやり方が悪いからなのか

2月26日 日曜日 高槻天神祭り二日目です。 毎年二日のうちどちらかが雨だったり、雪だったりと、天

記事を読む

たくさんあるコーヒー器具、どれを選ぶべき?

最近、娘のはやりの遊びは神経衰弱。   今はメモリーゲームっていうんですね。

記事を読む

なんでアイスコーヒーの豆は黒くて脂がテカテカなのか?

プロローグ 夏ですね。 コーヒー屋で夏の話題と言えば、アイスコーヒーです。クールダウンするの

記事を読む

これを知ればブレンドの楽しみ方が広がるお話

今日2月25日、そして明日の26日は高槻天神祭です。   毎年2月25日26日

記事を読む

どんなふうにできるの?コーヒーシロップ180リッター分、仕込みの流れとは!

プロローグ 今朝はコーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎でした。 仕込み焙煎=コーヒー豆を工場で加

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないので

古材に囲まれてコーヒーを愉しむ

毎日が割とリラックスして過ごせるのは、これはコーヒー屋の特権かもしれな

→もっと見る

PAGE TOP ↑