*

2月恒例!コーヒーシロップ無糖の仕込みがはじまるよ!

コーヒーシロップとは。
コーヒーシロップ1に対し4倍くらいの牛乳でわると美味しいミルクコーヒーができる、濃縮コーヒーのボトルです。

 

島珈琲には2タイプあって、加糖と無糖。
加糖は通年販売していますが、無糖は毎年2月中旬くらいから発売し10月くらいまでの期間限定での販売。

 

今日はこの無糖の仕込み焙煎をおこないました。

 

仕込み焙煎とは。
コーヒーシロップを作るのに1ロットが252本の製造、180リッターのコーヒー濃縮液を必要とします。
180リッターを一石(いっこく)っていうんです、一升とかの単位ですね。

 

これは業者間でのやり取りの言葉なんでどーでもいいことですが、180リッターのコーヒー濃縮液を700mlのビンに詰めてもらいます。
そうすると252本が出来上がるわけです。

 

さて、質問です180リッター252本のコーヒーシロップを作るのにコーヒー豆は何キロ必要だと思いますか?

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

焙煎豆は38キロ必要になります

それではこちらのツイッターをどうぞ。

 

 


 


アイスコーヒーに使うくらいのきわめて深い焙煎のコーヒー豆をコーヒーシロップには使用します。
一回4キロのコーヒー豆を投入し、焙煎でだいたい20%の水分が消失しますので、出来上がりのコーヒー豆が3.2キロになります。

 

1回15分くらいの焙煎と3~5分の冷却で1クールが20分。
これを12回しますので、大方4時間を焙煎に費やします。

 

プラス本日分の焙煎がありますので、60キロくらいのコーヒー豆を5時間半くらいかけて焙煎しております。

今日は6時半からスタートして12時くらいに終了しました。

 

焙煎が終わると

1週間寝かすのですね、このコーヒー豆を。
コーヒーの抽出とビン詰めは工場にしてもらうのですが、工場でのコーヒー抽出は水蒸気の力を使って、コーヒーの粉に力をかけて抽出するのですね。

 

簡単に言うと、ぎゅうっと「ところてん」みたいに押しだすのです。
コーヒーは鮮度が良いとガスを沢山持っているのですが、焙煎したてだとそのガスが反発して抽出がスムーズに行かない、と思っています。(実際に見たわけではなく、工場の方の話を聞いてそう想像しているのですね)

 

ですので、1週間寝かすとガスも落ち着き、抽出もスムーズになるだろうと信じているわけです。
それが寝かす理由です、かっちょよく言えばエイジングです。

 

そして1週間後に工場に発送して、ビンに詰められて戻ってくるそんな行程になります。

 

ただビンだけを見るとコーヒーシロップが入ったビンですが、こうした行程を知ると「沢山乗り越えてきたんだね」と飲むのも楽しく、そして愛おしくなりませんか。(笑)

 

そんなこんなで、来週に工場に発送してコーヒーシロップ無糖今年の販売は2月17日からになります、チェケラッチョ!

 

島珈琲で大人気のアイツは2月17日に帰ってくる、今回はそんなお話でした。

 

明日はお休みですので、娘と遊んでもらいますね。
それでは、また。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

フレンチプレスで濃い味のコーヒーを淹れる方法

  ペーパードリップですと、粉の量、もしくは挽き方を変えて味の濃淡を調整でき

記事を読む

時間が経って味わいが深まるコーヒーもある というお話

両親に温泉旅行をプレゼントし大阪池田・不死王閣の旅館に一昨日から昨日と泊まり、おかげ様でゆっくりとさ

記事を読む

コーヒー焙煎後のハンドピックという作業って何?

プロローグ 営業中にセールスの電話が時々かかってきます。 電球の製造が打ちきりになって補助金がで

記事を読む

イチバーン簡単なコーヒー器具、淹れ方はこれ

さて、あの芸能人 短パン社長 奥ノ谷圭祐さん監修 TANPANCOFFEEがいよいよ発送されました。

記事を読む

ゴリゴリを考える

コーヒー屋 焙煎屋なので当然 コーヒーのグラインダーにはこだわってますコーヒーの味において焙煎も大事

記事を読む

隠しブレンド 鱗雲(うろこぐも)

 前の日曜日 岡町本店の焙煎機 桜号の温度計がなにやら変だと書いた わからないことは わか

記事を読む

脳のなかは野菜とコーヒーでいっぱい

 ふと手にした手ぬぐいが自分の背中をおしている 野菜を売りたい 農家の人が大切に育てた野菜

記事を読む

コーヒー豆がミルによって粉になる仕組みのおはなし

プロローグ 今日は島珈琲にあるコーヒーミルはどんな仕組みになっていて、どんなメカニズムで粉になるの

記事を読む

820ブレンド カフェラテ

  820ブレンド カフェラテ 黄金比8:2 牛乳8に対してカフェラテ小町2で割ると とっ

記事を読む

実はスキがあった 僕がスキだらけだから 焙煎機にスキが見つかった

プロローグ 人は完璧よりもスキがあったほうが取っつきやすい 確かに僕もそう思いますし 自分を客観的

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハンドドリップの「蒸らし」は何のため?

家族旅行から帰ってから、待っていてくれたかのように通販のご注文が相次ぎ

コーヒーの「美味しい」には 何が隠されているのか

ありがとうございます。 19日から21日まで僕の両親と家族、合わせて

6/20(火)21(水) 通販業務・高槻店臨時休業のお知らせ

      い

なぜ コーヒー豆屋に「喫茶スペース」を設けたのか

先週日曜日のブログで高槻店になぜ喫茶スペースを設けたか、これを覚えてい

ドリップしたあとの粉が、綺麗なスリ鉢になるためのコツとは

さて、いよいよです。 いよいよ家族旅行です、って皆さんには関係ないで

→もっと見る

PAGE TOP ↑