*

僕のコーヒーの始まりは珈琲館でのアルバイトからでした

昨日、ブログをフェイスブックにリンクすると、高校の時から友達がコメントをいれてくれました。
目を通してみるとそこに懐かしい文字が「炭焼きコーヒー」と。

 

僕の仕事としてのコーヒー幕開けは、高校の時にアルバイトをしていた珈琲館からでした。

 

そのコメントをくれた友達はバイクで炭火アイスコーヒー(珈琲館は炭焼きではなく炭火コーヒーと呼んでいました)をオーダーしてカウンターでよく飲んでくれていました。

 

フェイスブックでは当時バイトしてたメンバーとも繋がっていて、懐かしくなることしばしば。

 

この時に僕はコーヒーよりもむしろ接客の楽しさを知りました。
今回はそんな僕のコーヒー物語をほんの少し。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

コーヒーをブラックで飲めるようになったのはアルバイトがきっかけでした

何を勘違いしたのか、当時アルバイトは18歳以上からだったのですが、応募資格を全然見てなくて確か17歳の時にアルバイトの応募したんです。

 

そうしたらなんでか受かってしまい(笑)、アルバイトのみんなは大学生ばかりだったという環境でした。

 

アルバイトのリーダーがコーヒーをブラックで飲んでいる姿を見て、かっちょいいーと思って、背伸びして真似したところ、なんとかブラックで飲めるようになった、そんな感じです。

 

この頃はほんとに楽しく、学校ではいい加減にしか勉強をせず、バイトで疲れていて授業中よく寝ているというバイト中心的な高校生活を送っていたように思いだされます。

 

上にも書きましたが、この時はコーヒーよりもコーヒーを通じて接客する楽しさを学んだと、今そう思います。

 

挫折だらけだった

高校卒業してコックになりたくて、中華料理屋さんに就職。
高校時代のバイトがあまりにも楽しかったので、その就職も社会人もその延長にあると思っていたけど、とりあえずそんなわけはなくて、朝から晩までの仕事に根をあげ、すぐにやめてしまいました。

 

次にパン屋に転職するも、これも1年も続かず。
次に鉄工所に勤めましたが、ここも1年ほどでした。

 

ほんとに何をやっても続かない僕、自己嫌悪によく陥っていました。
ただこの鉄工所で、よい先輩に巡り「職人の仕事」というのを身をもって教えてもらました。

 

この鉄工所で2人の先輩から沢山の教えがあって、僕の仕事への気構えの基礎が出来上がったこと、今でも思いだすたびに感謝です。

 

まだまだ挫折だらけで、このブログだけでは書ききれないのですが、挫折をしたからこそ継続の大切さを知るわけなんですね。

 

誰もが挫折など心の痛みを伴う経験はしたくないけども、失敗は何かを教えてくれて、そして強くもしてくれる。
若いから絶えられるとかいうけども、僕は年齢は関係ないと思うなぁ。

 

そして挫折や失敗を重ねると、だいたいの物事は何とかなることも分かってくるし、時間だけしか解決できない問題もあるということも見えてくる。

もちろんいろんな人に迷惑をかけたことも反省して。
 

なので、いつの歳になっても前へ進むこと、行動すること、そしてまず継続してみること、そんな気持ちっていつまでも大事だなぁ、と高校の友達のコメントからそんな回想をしていました。

 

実はそんな挫折だらけの僕ですが、沢山の人に支えられていることに改めて感謝して。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

芦屋でカフェがオープンします!

先日の月曜日、友達がカフェをオープンするのでコーヒーの事などを教えて欲しいと言うことで、よっしゃーま

記事を読む

秘密兵器1号

  秘密兵器ができました それも第1号です まだまだあるよ 新店のオープンにあわせて 完成

記事を読む

学生時代の勉強は役に立たないか否かは、社会人にならないとわからない

寝る前に時間の余裕がある時は、本を読んで。 睡魔が襲うため、長くは読めないので、小説の一節だけ。

記事を読む

どうして食後にコーヒーが欲しくなってしまうのか

プロローグ 朝ご飯の時はパンと一緒にコーヒーを口にしたりしますが、お昼や夜は食後にコーヒーが欲しく

記事を読む

2年前に焙煎したコーヒー豆 保存方法は常温で放置 飲んでみた結果

プロローグ 先日、お客様とお話をしている時、手持ち無沙汰になり近くにあったコーヒーの保存する密閉容

記事を読む

フルーティなアイスコーヒー 発売決定!

フルーティなアイスコーヒー すっきりさわやか仕立て リキッドタイプで発売を決定します! 味の狙いは 

記事を読む

お洋服やさんで、美味しいコーヒーをお客様にお出ししたい。コーヒーメーカーはどれがいい?

プロローグ 先日、スコットブレンドをご購入されたお客様からご相談がありました。 お洋服やさんをさ

記事を読む

冷めたコーヒーを美味しくする方法はあるのか

プロローグ まだ残暑厳しい高槻ですが、少しずつ秋の気配を見せてきたところもあります。 &nb

記事を読む

たった10グラムの感動

幼い頃、母がよく映画に連れってくれました。 記憶が正しかったら、見たい映画を姉とかわりばんこで観て

記事を読む

コーヒーシロップの新しい使い方。お湯で割ってホットコーヒーができる!

プロローグ 先日、お客さまから電話がありました。 「島さんところのコーヒーシロップ、お湯で割って

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないので

古材に囲まれてコーヒーを愉しむ

毎日が割とリラックスして過ごせるのは、これはコーヒー屋の特権かもしれな

背面カウンターにした結果は

背面カウンターとは。 カウンターは普通に考えると、オープンキッチンに

→もっと見る

PAGE TOP ↑