*

すいぞく ぞくぞく!

公開日: : 日々他愛のないこと

 昨日はお休みを頂きまして
家族で京都水族館へ行ってきました

高槻からですと京都まで車で約40分ほど
娘を喜ばそうと嫁さんが企画し 見てきました

いやぁ よかったっすよ!

入場料はちとお高いですが(大人2000円)
なかなか楽しめるところです 
しかも当日であれば何回入館してもOK

前に公園があるので そこで子供と遊んで
ちょっと休憩がてらにもう1回 と
2回も見てきました
インターネットで調べていると
評判では一部酷評もありましたが
僕たちは満足できましたよ!

イルカショーもなかなかでしたしね

しかし 
うちの娘は まだあまり興味がないらしく
それほど食いつきませんでしたが・・笑
ちょっとはやかったかなぁ

だがしかし
大人二人は「きれいなぁー 幻想的やなぁー」
を連発しておりました

帰りに スタッフと軽い打ち合わせをかねて
カフェBeによって 僕と嫁さんはアイスコーヒーを
娘はリンゴジュースを飲みました
カフェBeのリンゴジュースはリンゴ100%で
長野の渋沢農園から直送の甘い甘いリンゴジュースです

今回のリンゴの品種はシナノスィートで
1歳半の娘はごくごく飲んでおりました
自分の子供に飲ませたいNO1のジュースです

おかげさまで 水族館で僕の感性も磨かれ
今週もますます仕事をがんばれそうです!

写真は 京都水族館のメインの場所
アジかイワシかわからなかったのですが
魚群が らせんをつくり 泳いでいました

きれかったですよ!

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

沈丁花の香るこの季節に思うこと

プロローグ 自転車での帰り道、いつもそこは沈丁花の香りが漂う。 この香りが好きです。 春が来ま

記事を読む

接客の合間を縫って

仕事の合間をぬって  こつこつとブログ しかも長文を書いていたのですがいざ投稿キーを押した

記事を読む

no image

「今」 を伝える

 ブログを書いて思う事は 自分の「今」を伝える ということなんだぁ と 「今」の気持ちをで

記事を読む

たちあげるよ

こんにちは 梅雨に入ったものの 梅雨らしくない6月 皆様はいかがお過ごしでしょうか? さて 今週もい

記事を読む

no image

マラソン

 昨日の世界陸上の女子マラソンをいつもの鮨屋さんでみていた おなじランナーとして 街を疾走

記事を読む

臨界点

 休みが見えてきたから感じるのか 身体がほんとに限界に感じているからか どっちかわからない

記事を読む

いきまっせー

連休が終われば少しほっとできるかなぁ~ と思っていましたが ほっとなんかしておられません! コーヒー

記事を読む

足音

 足音をたてて 近づいてくる そうです セミナーが迫ってきました ほんとにうまいこと話せる

記事を読む

もっこす

  「頑固一徹で正義感が強く反骨精神が強い」人を熊本では 「もっこす」というらしい 先日 

記事を読む

個人商店にできること そしてその魅力

 今日はカフェBeはスタッフにお任せし 島店長はお休みを頂いています すこしやわらいだ陽射

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
短パンコーヒーを美味しく飲もう!おうちで楽しむコーヒーの基本的なこと

短パンコーヒーがいよいよ全国に発送され、本日より順次皆さんのお手元に届

島珈琲の通販のお買い物をもっと便利に

島珈琲は岡町本店と高槻店があり、姉妹店にカフェBe店、この3つのお店を

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ

カップとスプーンの置き方に決まり事はあるのか

最近、嬉しいことに娘が「お店」に興味を持っているようで、しきりに「大き

ブラックコーヒーを飲むきっかけは何か

僕がコーヒーに興味を持ったのは、高校生の時。 チェーン店であった珈琲

→もっと見る

PAGE TOP ↑