*

僕が影響を受けたコーヒーの巨匠たち

 

 

16日と17日で両親と家族で温泉旅行を行ってきます。
17日火曜日は高槻店は臨時休業させて頂きます。

 

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

 

さて、コーヒーのテクニックや疑問などを中心にブログを書いていますが、だいたいがお客さんから受けた質問をブログにまとめていることが多いです。

 

質問を沢山うけるとき、そうでないとき、タイミングによってバラバラですが最近質問をうけないので「ネタがないやん!困った」ということもあるんです。

 

なのでたまにはこんなお話もいかがでしょうか、僕がコーヒーの影響を受けた人のこと、今回はそれを書きたいと思います。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

スペシャルティコーヒーが駆けだした時期だった

僕がコーヒーを仕事として興味を持ちだした時は、スペシャルティコーヒーといういわゆる高品質コーヒーが日本で駆け始めたくらいの時期でした。

 

スターバックスコーヒーが日本に進出してきた頃から少し経ったくらいですね。

 

スターバックスコーヒーが日本に進出して、しばらくするとバリスタというコーヒーの職業にスポットライトが輝かしくあたり、デザインカプチーノのなどが若者などを惹きつけ、コーヒー離れが起こっていた時代の流れはにわかに変わってきた、そんな流れが起こっていました。

 

その中で「コーヒー焙煎」というのは今と比べるとどちらかといえば日陰の存在で、ロースター(焙煎屋)の存在は薄かったように思います。

 

どちらかというと、コーヒー焙煎が好きな人はマニア的な感じですね、僕も含めて。

 

で当時、その僕も含めたマニアの人達の注目を集めていたのが、この方々でした。

 

当時のコーヒー界の3巨匠

一人は銀座「カフェドランブル」 関口 さん。
吉祥寺 井の頭公園の「もか」 標 さん
台東区 山谷の「バッハ」 田口 さん

 

20数年前、僕ら焙煎に興味を持ってる者は、とにかく本などから盗める技術は一言一句見逃さず盗みたいそんな存在でした。

 

今ほどの情報量、インターネットなどがなかったので、雑誌や著書などはしらみつぶしに読んでいたのを記憶しています。

 

実際に東京へもお店巡りへ行きました、ただ「もか」さんはお休みで、閉店されるまでに一度行きたかったのですが、想いむなしく。

 

この3巨匠がピックアップされた本を持っていたのですが、あれっ見あたりませんね。
どこいったんだろ?

 

 

 

振り返れば、はやりいろんな影響を受けていて、自家焙煎 島珈琲 という屋号にも。
「自家焙煎」は山谷の「バッハ」田口さんが言い出した言葉だったと記憶していますが(違うかも)、あこがれから屋号に「自家焙煎」を付けることを決めたのを覚えています。

 

焙煎からコーヒー屋として、人としての考え方など、本などから沢山影響を受けた方々です。

 

今日は日曜日、岡町本店にくると開店当時のものが目につき、いろんなことを回想してしまいますね。

 

島珈琲は今年の3月29日で15周年。
更にお客さんの喜ぶ顔を見たいから、先人の教えも忘れずに、そして新しいことにも挑戦して、ますます励んで行こうと想う2017年1月。

 

初心を忘れずに。

よし、ゆこう。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

自分には逃げ道をつくらない でも相手には逃げ道をつくる

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 今朝はとっても寒くてびっくりしました 秋が深まりなが

記事を読む

【保存版】プロおすすめの「コーヒー豆(粉)の保存方法」

【保存版】プロおすすめの「コーヒー豆(粉)の保存方法」を丁寧に記事にしました! コーヒー豆の保存方

記事を読む

焙煎したコーヒー豆を手選別(ハンドピック)する理由

プロローグ ご存じですか、コーヒー豆を焙煎している間は、職人さんは何をしているのか? 他の方は知

記事を読む

布団の中で「自分らしさ」を考えた

昨日は鈴鹿サーキットでセミナーを受けるはずでしたが でしたが なんとまさかの体調不良を起こし

記事を読む

世界チャンピオンが夢だった

プロローグ 12月に入る前から一気に助走を付け、繁忙期がやってきた島珈琲です。 今までなら、努力

記事を読む

僕がブログを始めた理由は○○だった

朝、目覚めると僕は黒い虫になっていた。   昨晩は奥様も娘もお疲れの様子、早く

記事を読む

ボクシングを見て 先読み力について考えた

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   年末に行われていた ボク

記事を読む

島珈琲の3店舗はこんなふうに管理している

現在、島珈琲は委託されている姉妹店のカフェBeを合わせて3店舗あります。  

記事を読む

自家焙煎コーヒーとは、なんぞや

プロローグ 自家焙煎とは何か。 僕のお店も屋号には、自家焙煎がついており 自家焙煎 島珈琲 とな

記事を読む

島珈琲のブレンドは音楽でいうと生演奏

プロローグ ヒントとというのは案外、誰かとしゃべっている時に発見するものなんだなぁとつくづく思う。

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ロスとチャンスロスと武士道の教え

    ロスとチャンスロス、こ

ドリップ?焙煎?コーヒーの香りはどこで決まるのか?

コーヒーは香りのものですよね。 特に女性はコーヒーにおいて、味わいと

甘みのあるコーヒー豆をください

最近、このブログのタイトルにあるように言われ、コーヒー豆をお買い求めに

何をするにもカクゴっているよね

さて、久しぶりにブログを書くネタが思いつきませんでした。 &nb

ブレンドのネーミングはどんなふうに決めているのか

娘はなぜかテレビの天気予報が好きで、大阪は晴れくもりやなぁとか、花粉状

→もっと見る

PAGE TOP ↑