*

ドリップの時にプックーと膨れるのは、技術ではないというお話

昨日はMBSの番組の取材がありました。

 

catch!!という45秒の番組で「手」をピックアップして人を紹介する番組なんですが、昨日担当の方がこられて高槻店で取材を受けました。

 

終始、笑いの絶えない取材でめっちゃ楽しかったです。
いろんな質問を受けて改めていろいろ考えさせられることも多く、自分を見直してみよう、と思うことも何度もありました。

 

良い機会でした。

 

放送は近畿圏内のみですが、今月1月の終わりに放送されるそうです。
2時間くらいの取材で、45秒に編集するのは難しいだろうなー、といらぬ心配をしながらどんな放送になるのかワクワクしています。

 

詳細わかればお伝えしますね。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

取材の途中こんなことを言われました。

 

ドリップの時に粉がプクッーと膨らむのができないのですよー

と。

 

いえ、違うんです。
これは技術的なこうなるのではないのですね。
コーヒー豆の鮮度でこうなるんです。

 

 

とお答えしたのですが、もうちょっと詳しく説明しますね。

 

家の場合ですと、豆で購入しミルで挽いて直ぐにドリップすれば起こりやすい現象なのですが、このプクッ-膨れるのはコーヒー豆が焙煎されてからどれくらいかが重要なんですね。

 

焙煎して10日くらいでしたらけっこうな勢いで膨らみます。
但しお店で粉にしてもらって購入した場合は、挽いてもらってから直ぐに帰り、そして帰ってから直ぐにドリップすれば起こりますが、時間が経つにつれて膨らみはなくなります。

 

どうして膨らんだり膨らまなかったりするのか

焙煎してから時間の経ってないコーヒー豆は、豆の中に炭酸ガスを沢山含んでいます。
香りの成分でもあるのですが、その豆をミルで挽いて直ぐにドリップすれば、含まれるその炭酸ガスが粉を持ち上げて膨らむ、ということなんです。

 

コーヒー豆は繊維質のかたまりなので、その繊維の隙間にガスは隠れているのですが、挽かれることによって放出されます。

 

直ぐにドリップしたら放出されてもまだ粉になったコーヒーにガスは残っていますが、粉になってからも徐々にガスは抜けていきます。

 

なので、炭酸ガスは徐々にへり、膨らまなくなる、ということなんですね。

 

淹れ方が悪いから、と思っている方も多い様ですが、膨らまないコーヒーの粉を膨らませるテクニックを僕は過去20数年コーヒーに関わってきて、そのようなテクニックは知りません。

 

ですので、技術ではどうにもなることではなく、鮮度の問題なんですね。

 

鮮度が良くても膨らみにくいコーヒー豆もあってややこしいのですが、膨らむのは淹れ方の技術でどうにかなることではないですよーというお話でした。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ルーツ

 高校2年の時 アルバイトをしていたお店が 先日 そのお店のあった道を車で走っていたら 

記事を読む

ペーパーでコーヒーの味は変わるの?

以前にも書いたことですが、昨日お客さんに聞かれたので、もう一度書きなおしたいと思います。 リライト

記事を読む

マンデリンが危ない!

プロローグ 最近 日本の高品質コーヒー市場において いろんな打撃があります 円安になった 相場が上

記事を読む

一歩譲る心を持てば そこに平和が訪れる

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です! 実は今 コーヒーの相場がかなり上がっている

記事を読む

ますます値上がりするの?今後のコーヒーの動向

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です さて今回は昨今多くなりました「コーヒーの値上げ」

記事を読む

こいつはすげぇ

 と 焙煎しながら思わずでた言葉 僕は焙煎止めのとき 時間 焙煎温度 色 豆の艶 豆のしわ

記事を読む

no image

できてきたぞぉー!

新しいホームページがほぼ完成の段階に入った はやりプロに頼むといい仕事をしてくれはるもんだ! あと少

記事を読む

コーヒーの挽き方 中挽きって何?

プロローグ コーヒー豆を粉にする、コーヒー豆を挽く時に中挽きだとか、粗挽きだとか、細挽きだとか、一

記事を読む

コーヒーの種からカップまで、人の成長でわかりやすく表現してみた

プロローグ 僕たちがコーヒーを飲もうとしカップを手にした時、ここまでどれだけの事があったんだろう。

記事を読む

最後のコバン  ~ルーツ~

島珈琲といえば グァテマラいつもグァテマラのラインナップにはこだわったコーヒーを選んでおりますコバン

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
甘みのあるコーヒー豆をください

最近、このブログのタイトルにあるように言われ、コーヒー豆をお買い求めに

何をするにもカクゴっているよね

さて、久しぶりにブログを書くネタが思いつきませんでした。 &nb

ブレンドのネーミングはどんなふうに決めているのか

娘はなぜかテレビの天気予報が好きで、大阪は晴れくもりやなぁとか、花粉状

教えて!グァテマラコーヒーの魅力とは

昨日は休日。 午前中で終了する娘の幼稚園の送り迎えをして、そのあとは

どうなる?週1回の営業でお店は出せるの

今までも沢山ご相談に乗りましたが、現在でも時々カフェ開業に関するご相談

→もっと見る

PAGE TOP ↑