*

コーヒーの焙煎はどれくらいの時間をかけてしているの?

昨日1月6日は、12月20日から休みなしの連勤になっていましたので、臨時休業を頂戴して娘との時間と心身をちょっと休憩する時間を設けました。

 

おかげ様でばっちりです、ポパイにホウレンソウのように元気を取り戻しました。
今日明日と頑張ればまたお休みです。

 

娘と過ごせる時間が何より嬉しいです。
働くときは一所懸命に働いて、娘と過ごす時間は一所懸命に娘と過ごす、お父ちゃんに構ってもらえるまでは(笑)そんな感じでいきたいと思います。

 

さて、今回はコーヒーの焙煎はどれくらい時間がかかるの?というお話。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

コーヒー焙煎の時間とは

職人さんいよっていろいろですが、僕は朝派なんです。
営業時間が終わってから焙煎するのではなく、どちらかというと営業が始まる前に焙煎をしたい方です。

 

条件が変わると何か問題が起きたときにややこしくなるので、できるだけ条件は揃えておいた方が良い、というのが僕ルールなんで、朝と決めたらほとんど朝にしています。

 

まず焙煎機を暖める暖気運転があります。
焙煎機の細部まで一度暖めてからスタートします。

 

暖気をしないと特に冬場は1番初めのバッチ(焙煎は1回の焙煎を1バッチと呼びます)が不安定になるのですね。
それは味わいにも影響がでて、不安定になるので暖める時間に僕は約20分とります。

 

1バッチはだいたい10分から15分です。
差があるのは、1回で何キロ焙煎するかによって変わってくるからです。

 

下は1.5キロ、上は4キロ この間を0.5キロ刻みで必要な焙煎する量を決めます。

 

今朝は3キロ、3キロ、1.5キロの3バッチの焙煎を行いました。

 

焙煎には冷却する時間も必要

コーヒー豆を10~15分で焙煎し終わると、次にその焙煎したコーヒー豆を冷却します。
なぜ冷却するのか?

 

焙煎された直後はコーヒー豆はかなりの高温になっています。
温度にして200℃近く。

 

ということは、熱を持ったままなのでその熱で焙煎が進行しないように、すぐに冷却しないと思った味わいにはならないのです。

 

ですので、コーヒー焙煎の完了とは冷却もキチンと終えて初めて、焙煎が完了することになります。
この時間が3分くらいです。(時間は四季によって変わります 写真は冷却している様子です)

 

 

 

 

ということで、焙煎時間+冷却時間が1回の焙煎にかかる時間になります。

 

10~15分+3分くらいで、これを仕込みたいコーヒー豆の分だけ焙煎する、ということになるので、今朝の場合ですと暖気と3バッチになるので1時間ちょっとの時間が焙煎の時間となります。

 

もちろん回数が多くなれば時間は長くなりますね。

 

朝10時高槻店はオープンなので、焙煎の量を前日に計算して、かかる時間を逆算してお店に来て焙煎するというのが僕の毎日です。

 

焙煎を見てみたい!と言われる方も多いですが、喫茶の営業があると焙煎しながらというのは・・・だいぶ難しくて・・・動画にしてみるのも面白いかも、ですね。

 

今回はそんなコーヒー焙煎にかかる時間のお話でした。
それでは、また次回お楽しみに。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

それ大事!コーヒー屋のミルクが美味しい理由はなぜ?

プロローグ コーヒー屋はコーヒーだけに力を入れている訳ではなく、そのまつわるものにも当然力をいれて

記事を読む

これを守れば美味しい コーヒーと一番相性の悪いものはこれ

プロローグ 昨日はエクスマ新春セミナーに出席し、沢山の気付きがあり、そしていろいろ勉強をしてきまし

記事を読む

二重シリンダー

お正月休みも今日が最終日のかたも多いと思いますが 皆さんいかがお過ごしでしょうか? 今年一発目の仕込

記事を読む

ペーパーはタッパーで

 ほんとは昨日書こうと思っていた記事なんですが僕はブログの記事の書きためすることはせずその

記事を読む

ドリップの時コーヒーが膨らむワケを更に詳しく、わかり易く書いてみた

プロローグ 前回のブログでは、ドリップの時にプクーッとコーヒーが膨れるのは、テクニックではなくコー

記事を読む

一歩譲る心を持てば そこに平和が訪れる

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です! 実は今 コーヒーの相場がかなり上がっている

記事を読む

コーヒーを粉にして1年間冷凍保存したものをドリップした結果

プロローグ 島珈琲では、お客様が家で飲む為のコーヒー豆をご購入の際、都度計り、都度お聞きして粉にし

記事を読む

なぜ ライオンなのか?

島珈琲のロゴマーク なぜライオンなのか? ライオン丸が好きだったとか ハワイのライオンコーヒーに影

記事を読む

コーヒー豆から粉へ、何分前に粉にしたらよいのか

プロローグ 今、僕が出版するコーヒー本の原稿の大詰めに入っています。 何をしているのかというと、

記事を読む

正義の味方?悪の枢軸?カフェインは一体何者なのか

プロローグ まずひとつ、誤解されている方が多いのが、コーヒーは苦いほどカフェインが多く含まれている

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twittergoogle btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー器具の手入れの仕方 あれこれのお話

以前にも書きましたが、昨日ふとツィートすると沢山の方に見て頂けたようで

時間が経って味わいが深まるコーヒーもある というお話

両親に温泉旅行をプレゼントし大阪池田・不死王閣の旅館に一昨日から昨日と

僕が影響を受けたコーヒーの巨匠たち

    16日と17日で両親と

島さんにとってコーヒーとは何ですか?

さて1月17日火曜日は高槻店、臨時休業を頂きます。  

ドリップの時にプックーと膨れるのは、技術ではないというお話

昨日はMBSの番組の取材がありました。   ca

→もっと見る

PAGE TOP ↑