*

コーヒーとミルクの相性学

関西ではコーヒーに入れるミルクをフレッシュと言いまして、フレッシュと言って通じなかった時に???となりましたが、その所々で呼び名は違いますよね。

 

コーヒーで言うなら「冷コー(れいコー)」はアイスコーヒーの略ですが、これも全国区の言葉ではありませんよね。
その土地ならではの言葉に出会うと、その言葉にどういった起源があるのかちょっと知りたくなる僕です、皆さんはいかがでしょうか?

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

コーヒーとミルクと相性を考えた

皆さんはコーヒーを飲むとき、どうされていますか?

 

ブラックですか、それともミルクを、それともミルクと砂糖を一緒に。

 

「島さんからするとミルクや砂糖をコーヒーに入れるのは邪道ですか?」
とよく聞かれますが、僕は邪道だなんて思いません。

 

いつも言いますが、お酒だっていろんなカクテルや様々な飲み方があるように、ご自身が美味しいと思う飲み方で飲むのが一番なのです。
楽しく飲んでもらう、というのが僕のテーマなので、決して邪道とは思いません。

 

ただコーヒーそのものの味わいを知ろうと思うときは、ブラックじゃないと分かりにくいのは事実です。

 

だから一種職業病として、僕はどんなときもまずはブラックで飲みますが、疲れているときなんかは砂糖とミルクをいれて、ミルクキャラメルのような味わいを楽しむこともしばしばです。

 

そのミルク、お店では生クリームを使っています。
生クリームは高価で日持ちがしませんので、コーヒーだけに使用するとなると、家ではなかなか使うことができないと思います。

 

ですので、お店で飲む時に使う生クリームのお話、として読んでもらえると嬉しいです。

 

今回はこの生クリームについて1つ思っているコーヒーとの相性のことを書いていきますね。

 

生クリームとコーヒー

島珈琲高槻店で使うコーヒーのミルクは純動物性乳脂肪38パーセントのものを使用しています。

 

 

 

これはケーキセットのケーキなどに添えるホイップクリームと兼用しています。

 

なぜ純乳脂肪を選んだのかというと、温かいコーヒーに植物性のものを入れると何とも言えない香りがするのです。
それが僕は好きでなく、植物性は基本的には使用しません。
但し、テイクアウト用には一部使用しています。

 

なぜミルクは生クリームを使用するのかというと、濃度があるので少量でミルク感を出すことできるからです。
牛乳だと味わいにミルク感をだそうとすれば、ミルクの量が多くなります。

 

ですので生クリームだと少量でよりリッチな味わいを表現できるから、となります。

 

相性の部分でちょっと僕が「どうかな」と思うこと、それは酸味のあるコーヒーだとより酸味を引き立てるというところです。

 

特に生クリームだと、島珈琲でけっこう酸味のあるコーヒー、中焙煎のエチオピアモカとコスタリカなどは、酸味がキュッと立つのですね。

 

良質な酸味なので嫌な味わいにはなりませんが、気になる方は気になる酸味になります。
ミルク感があって美味しいのですが、中焙煎(中煎り)のコーヒーには生クリームを入れる時は量を確認しながら、ちょっと気をつけてほしいなぁというお話でした。

 

ということで、明日1月6日金曜日は高槻店 臨時休業を頂きます。
ちょっと働きすぎなんで、心身共にちょっと休憩させてもらいますね。

 

 

 

 

それでは、コーヒーで素敵な時間を過ごして下さいね。
いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

酸味のある中煎りと苦味のある深煎りのコーヒー どっちが売れてる?

さて、三ヶ日も今日が最終。 今年のお正月は温かいせいか、例年ほどのバタバタさはなくちょっと拍子抜け

記事を読む

コーヒーのおはじき ハンドピックとは不良豆を手選別してはじくこと 

プロローグ 今回の記事は、コーヒー豆を焙煎する焙煎屋にとってすごーく地味な作業である「ハンドピック

記事を読む

こんな事でもコーヒーの味わいが変わるんです!コーヒーの精製について

プロローグ コーヒー豆はコーヒーチェリーというサクランボのようなコーヒーの実からタネを取り出し、そ

記事を読む

焙煎したその日が一番美味しいの?

昨日からスタートしたあの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さん監修のコーヒー TANPANCOFFEE

記事を読む

ドリップする時のポットの特徴を書いてみた件

プロローグ 明けましておめでとうございます。 本年も更なるコーヒー馬鹿を目指し、皆さまにコーヒー

記事を読む

アイスコーヒーを作る時の粉の挽き方は、細挽き?中挽き?どっち

プロローグ 3日間、お休みを頂きまして南紀白浜へ家族旅行に行ってまいりました。 ほんとうに楽しい

記事を読む

コーヒーはどんなときに飲みますか?

プロローグ 島さんはいつブログを更新しているのですか? と、先日お客様に聞かれました。だいたい朝

記事を読む

ドリッパーの違いで何が変わる?

さて今回は ドリッパーの違いで味がどう変わるのかを記事にしたいと思います こんにちは 焙煎アーティ

記事を読む

写真入りメニュー

今日もめちゃくちゃ忙しくさせていただきました ありがとうございます 今月の課題は写真入メニューをつく

記事を読む

10年前より仕入れのコーヒー豆が2倍高くなった、この先をふと未来を思ってみる

超アナログの僕です、こんにちは焙煎アーティスト 島規之です。   今朝、僕のパ

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twittergoogle btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー器具の手入れの仕方 あれこれのお話

以前にも書きましたが、昨日ふとツィートすると沢山の方に見て頂けたようで

時間が経って味わいが深まるコーヒーもある というお話

両親に温泉旅行をプレゼントし大阪池田・不死王閣の旅館に一昨日から昨日と

僕が影響を受けたコーヒーの巨匠たち

    16日と17日で両親と

島さんにとってコーヒーとは何ですか?

さて1月17日火曜日は高槻店、臨時休業を頂きます。  

ドリップの時にプックーと膨れるのは、技術ではないというお話

昨日はMBSの番組の取材がありました。   ca

→もっと見る

PAGE TOP ↑