*

酸味のある中煎りと苦味のある深煎りのコーヒー どっちが売れてる?

さて、三ヶ日も今日が最終。
今年のお正月は温かいせいか、例年ほどのバタバタさはなくちょっと拍子抜けしている僕たちです。

 

寒いと「ちょっと温まっていこかー」とコーヒーを飲みたくなりますが、温かいと皆さんスーーーと前を通り過ぎて(笑)行かれます。

 

気候によって変わるんだなぁと奥様と話しながら、万全を期して臨んでおりましたので、空いた時間は娘のこと将来のことなどを話ながら過ごしておりました、そんな時間もありですよね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

中煎りと深煎り、どっちが売れてる?

コーヒー豆を販売して14年になりますが、統計という統計はとったことがありません。
ですので、勘でのお話なりますが、皆さんはどちらが売れていると思いますか?

 

軽い味わいで気持ちの良い酸味が少しある中煎り=中焙煎のコーヒーか豆か。
またはコクがあり苦味のあるデス・イズ・コーヒーの深煎り=深焙煎のコーヒー豆か。

 

さぁ、どっち?

 

答えは、たぶん同じくらい!です!

 

ほんまかー!という声が聞こえてきそうですが、島珈琲の売れ筋の2つのブレンド、中煎りでマイルドの「ブレンド花」と深煎りでコクと苦味のある味わいの「ブレンド風」。

 

どちらに使うコーヒー豆も同じくらいの量を焙煎しています。

ですので、ずば抜けてこっち!という感じではなく、どちらも同じくらいの販売量になっております。

 

お好みの傾向は

僕は日に味わいのチェックそしてテストを含めて、けっこうコーヒーを口にしますので、つまり量を飲むことになりますが、そうすると自然と軽い味わいの中煎りの方を好むようになってきました。

 

昔は1杯ドカーンと濃くて苦いのを飲むのが好きでしたが、年齢とともに僕は好みが中煎りに移行したような感じです。

 

購入される方をざっくり分けてみると、年齢を重ねるほど中煎りに、若い方は比較的濃い深煎りの方が割合的にお好みの方が多いようです。

 

ですが、お好みでもあり嗜好品であるわけですから、好きな味わいのコーヒーを飲むのが一番楽しい時間を過ごせるわけで、中煎りでも深煎りでもお好みのコーヒー豆を買われるのが一番です。

 

コーヒーにも流行りがあって、中煎りが流行ったり、深煎りが流行ったりしますが、あくまでも流行りですからね。

 

その時の気分などによっても分けてみるのも良いかも。

ということで、両者イーブン!ボクシングの試合でいうところのドロー(引き分け)みたいな感じですね。

 

どっちのブレンドもも沢山のお客さんに気に入ってもらい、感謝感謝です。

それではまた明日。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーメーカーを置く場所がない!そんな時のコーヒー器具は?

プロローグ クリーニングのことを聞いたらなんでも知ってる、大阪吹田のクリーニングISEYAのクリー

記事を読む

コーヒーの話

 一番自分の顔が輝いている時だと思う コーヒーの話をしているときが 昨日もお客様とコーヒー

記事を読む

コーヒー計量スプーンの代わりに使うのこれ

プロローグ 一般的によく目にするのは、写真の様な三角のタイプと台形のタイプ。 各コーヒー器具メー

記事を読む

ペーパードリップ 使うペーパーによっても味わいは変わる

プロローグ 先日、新居へ引越をしました。 いつもの生活に落ち着きを少しずつ取り戻している僕です。

記事を読む

大小どっち コーヒー豆の大きさ、味わいに関係あるの?

プロローグ 夏の日、クーラーの効いたお店でホットコーヒーを飲むのが好きです。 蝉の鳴き声を聞きな

記事を読む

世界で唯一のあなたギフト、そんなご提案です。

プロローグ 先日、何気なくコーヒーシロップのラベルを貼っていました。 島珈琲オリジナル・コー

記事を読む

チェンジ

昨日は早朝にチラシをポスティングしてきました焙煎アーティスト流 美味しいアイスコーヒーのいれ方DVD

記事を読む

コーヒーの美味しい順番は?

プロローグ コーヒーの淹れ方は難しいと言われ、美味しいコーヒーの淹れ方がクローズアップされています

記事を読む

参考にしてみて、ドリップするときの小技集

プロローグ 基本、プロというのは手の抜くところを知っているものだと思います。  

記事を読む

コーヒーシロップの新しい使い方。お湯で割ってホットコーヒーができる!

プロローグ 先日、お客さまから電話がありました。 「島さんところのコーヒーシロップ、お湯で割って

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑