*

ハンドドリップするドリップポットの選び方

高槻店は元旦から営業しておりまして、3ヶ日は天神さんへの初詣で目の前通りは、人でいっぱいになります。
高槻店をオープンして初めて元旦を迎えた時は、その人の多さにびっくりしたくらいでした。

 

普段と比べると考えられないくらい、人通りが多くなります。

 

さて、この3ヶ日はコーヒー豆の販売よりも喫茶のほうが断然賑やかになります。

 

高槻店では、コーヒーはオーダーを聞いてから一杯ずつドリップしています。
ドリップしている数もけっこうな杯数になります。

 

そこで大事なのがドリップするドリップ用のポット。

杯数が増えれば腕も痛くなってきます。
なので、ドリップポットを選ぶのも大事なことになるんですね。

 

今回はそのあたりの話をさせてもらいますね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

ドリップポットを選ぶときのポイント

何回かこのブログでも書いてきましたが、改めて書き直ししますね。

 

ドリップポットはお店するときと家でするときはちょっと条件がかわってきます。
お店ですと数を淹れますからね。

 

ですが、選ぶポイントは特に変わらないと思うので、どちらに対してもということで書いていきます。

まず僕が一番重要視しているのは、重さ。

 

ドリップポットがの重量ですね。
ドリップポット+そこにお湯を入れるわけですから、当然さらに重たくなります。

 

重たいと腕が痛くなってきます。
特に女性は腱鞘炎になってしまうこともしばしば。

 

なので、出来るだけステンレス製などの軽いものを選ぶ事をオススメします。

 

もうひとつのポイント

個人的な見解ですので賛否両論ありますが、そんなことをビビっていてはブログなど公開できません。

 

僕がドリップポットを選ぶに関してもうひとつ重要視しているのが「蝶番」。

蝶番とは何か。

 

ドリップポット胴体とフタを繋いでる金具なんですね。
写真でみると指でさしているところです。

 

 

 

これが何で重宝するのかというと、ポットを傾けた時にフタが繋がっているので、ポロンと落ちることがないのです。
フタを抑えておく必要もないので、片手が完全にフリーになります。

 

フタが外れてドリッパーなどに直撃することもありませんので、安全です。

以上 この2つ、軽い、蝶番付きがドリップポットを選ぶ時に大事にしていることです。

 

ただこの両方を兼ね揃えているポットはけっこう高額になるのですね。

ですから初めてハンドドリップをはじめる方は、最初はニトリで1000円くらいで売ってるポットから初めて、そして慣れてから、次のステップでそのポットに移るのも良いかと思います。

 

そんなこんなで、ドリップポットの選び方でした。
引き続き良いお正月をー♪

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

アイスコーヒーはなぜ深煎りのコーヒー豆なのか?

プロローグ 先日、こんなツィートをしました、僕の中では皆さんからとっても反応があったツィートです。

記事を読む

ガッツしまこーひー

 昨晩 お酒を飲みながら 次に出店する(といっても1年以上先の話ですが)ことを考えていたの

記事を読む

焙煎を数字で説明した!中焙煎・深焙煎はつまりコーヒー豆の温度差

プロローグ 先日、お客様に中焙煎と深焙煎は温度でいうと10℃の差なんです、とお話をしていたら「知ら

記事を読む

フルーティなアイスコーヒー 発売決定!

フルーティなアイスコーヒー すっきりさわやか仕立て リキッドタイプで発売を決定します! 味の狙いは 

記事を読む

しまこーひーのフレンチプレス大全

プロローグ 島珈琲のお客様が、先日「フレンチプレスにはまったー!」といろいろご相談を受けましたので

記事を読む

今年出版する僕のコーヒー本

去年から動き出しました、僕のコーヒー本。   まえがき、第1章から第5章まで現

記事を読む

いいねぇ~♪

無添加コーヒーシロップ 俗によばれて カフェオレベース 新しくデザインされたシールを空瓶にはるとこ

記事を読む

コーヒーシロップ加糖 仕込み完了!

 コーヒーシロップ 無糖も加糖も 仕込みに関しての内容は 実は一緒なんです 焙煎止めの温度

記事を読む

秘密兵器1号

  秘密兵器ができました それも第1号です まだまだあるよ 新店のオープンにあわせて 完成

記事を読む

味覚は皆一緒? 実は性別年齢別に味の好みは違うんです

大阪は心地良い天気で行楽日和 自転車で来る道は風が気持ち良く 今朝の焙煎も気持ち良くはかどりました 

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ドリップする時に端までお湯をかけるのをオススメしない理由

さて、昨日こんなツィートをすると沢山の方が見てくださりました。

今更ですが、水だしコーヒーポットの美味しい作り方を調べます

昨日は休日でして、家族で市民プールに行ってきました。 9時半から12

コーヒー豆は焙煎すると2倍の大きさになる、なんで?のお話

コーヒー生豆を焙煎すると、だいたい2倍くらいの大きさになります。 詳

今も残る高校卒業したときの担任の言葉

先日、高槻・川添にある、障がい者支援サービス よつば放課後デイサービス

20年選手の僕だって焙煎に失敗することがある

昨日は東京からPansonicの荒川さんが御来店。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑