*

質問!いつもドリップするとふわっと膨らむのですが、しみる感じで膨らみません。淹れ方がよくないの?

今回は兵庫県美方郡で但馬牛の繁殖をされている、島珈琲のお客さんの田中一馬さんからのご質問におこたえしたいと思います。

 

このブログを書くにあたって田中さんのフェイスブックの自己紹介を読ませてもらい、とても但馬牛に対して熱い想いを持っている方なんだなぁと改めて思いました。

 

牛のツメを切ることもしておられ全国を飛び回っておられる田中一馬さん。
田中さんのツィートは自分の知らない牛さんの世界を見られるので、いつも楽しく拝見しております。

 

奥様もツイッターをされているので、あわせてみるともっと面白いです。
たまに夫婦喧嘩もされていてそのご様子も・・・(笑)
家族で仲良くされているご様子に、心がほんとにほっこりします。

 

さて、ご質問。
まずはこちらの田中一馬さんのツィートされた動画をどうぞ。

 

 


 

 

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

普段、お湯を注ぐのにTANPANCOFFEEはならないのです、なぜ?

まずTANPANCOFFEEだけに関わらず、共通したことと認識して下さいね。

 

TANPANCOFFEEは中煎り、ややもすれば浅煎りにとられる煎り具合、焙煎度合いです。
僕的にはミディアムハイという焙煎度合いにしております。

 

で、この田中一馬さんが疑問に思う現象は、中煎り(中焙煎)・浅煎り(浅焙煎)に起きやすいです。

 

なぜか。
まずこの写真を見て下さい。

 

 

右から焙煎する前のコーヒー生豆のエチオピアモカ、そして真ん中はTANPANCOFFEEと同じ焙煎度合いの中煎りのモカ、左が深煎りのモカ。

大きさはどうですか?

 

そうですね、深煎りが一番大きくなっていますね、これは全部同じ銘柄の豆での見比べです。

 

ということは、焙煎度合いが深く進むつれて、コーヒー豆はどうなるでしょうか。
そうです、大きくなります。

 

大きくなるということは、熱の力でコーヒー豆の繊維質が大きく伸ばされていることなります。
繊維質が大きくなれば、水を含む量はそれで増えるということなんですね、水を含む空間が多くなりますからね。

 

ですから、ドリップしたときに比較的深煎りの方がお湯を注いだ時にふわっとするんです。
繊維質が伸びて、水を吸収しやすいから。

 

中煎りはそれに比べ繊維質の伸びは?そうですね小さいです。
小さいので水の吸収は深煎りと比べて中煎りは少ないことになります。
まず中煎りと深煎りでこのような違いがあります。

 

豆によっても違う?

これは僕の経験でのお話です。

 

中焙煎のいろんなコーヒー豆があります、ブラジルとかコロンビアとかetc。
そのなかでも水はけの良い豆というのがあります。

 

僕の中では、エチオピアモカとコスタリカ。
この2つの産地の豆、特にエチオピアモカはイルガチェフという地域のものに多いと感じてます。

 

つまりですね、田中一馬さんが言われる砂に水がすっと浸みるような感じでふわっとした手応えがない現象がおこるのは、これは中焙煎というのと水はけのよいコスタリカとエチオピアモカが原因になるのです。

 

なぜか?
TANPANCOFFEEはグァテマラ、エチオピアモカ、コスタリカのブレンドです。
比率でいうとエチオピアモカとコスタリカで40%を占めています。

 

そしてTANPANCOFFEEの焙煎度合いは中焙煎、この現象が起こる要因をきわめて高く持っています。

 

鮮度に関しては問題ありませんので(鮮度がない場合もおこりますが、ここではその条件は当てはまらないので説明は除外しています)、この現象が起こってもなんら問題はない、ということなんです。
そしてそのことは味わいに対しても何も問題はありません。

 

豆によって、水をあまり含もうとしない豆もあり、いわゆる水はけの良い豆ですね、いろんな種類があるんですね。

 

コーヒーって奥深いですね。
コーヒーって面白いですね。

 

ご質問あればブログで説明しますので、島珈琲のコーヒーを飲んで、なぜ?なんで?どうして?があればお気軽にご質問くださいね。

 

それでは、御機嫌よう シーユー!

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

中煎りとか深煎りは つまり 焙煎時間の差

プロローグ 「人生はチャンスだ!」この言葉好きです 人生そのものがチャンスなんですよね 限られた時

記事を読む

コーヒー器具の手入れの仕方 あれこれのお話

以前にも書きましたが、昨日ふとツィートすると沢山の方に見て頂けたようですので、また改めて新しく器具の

記事を読む

布ドリップ(ネルドリップ)が家庭に普及しないワケ

プロローグ 僕の中ではドリップで美味しさ最強と信じている「ネルドリップ」。布ドリップとも呼ばれます

記事を読む

ドリップの時にプックーと膨れるのは、技術ではないというお話

昨日はMBSの番組の取材がありました。   catch!!という45秒の番組で

記事を読む

布施弁天へ行こう!

 と言っても 千葉なので僕は行けそうでなかなか行けません 何を隠そう 千葉 柏市の布施弁天

記事を読む

コーヒーとタバコはなぜあうのか?を考えた

実は僕が昔、タバコを吸っていた、ということを知っている人はそう多くないと思います。  

記事を読む

マグカップ1杯分に使うのコーヒーの粉の量を教えてください

よくそんなに毎日ブログのネタがあるね、と時々言われます。 僕もびっくりしてます(笑) &nb

記事を読む

コーヒーの味わいにおける「からい」ってなんですか?

昨日はお休みでした。 娘の幼稚園も振替休日でお休み。   おかげ様で、久しぶ

記事を読む

味の変化

高槻店の焙煎機を使い始めて10ヶ月あまりが経ちました僕の焙煎機のシリンダーは従来の鉄製でなくステンレ

記事を読む

ドリップも焙煎もする人が変われば、味は変わる

プロローグ 昨日のツイッターで何気なく思いつき、何気なくツィートしたこと、とても反応がよかったんで

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
焙煎は焙烙(ほうろく)でもできるんですよ

僕は滅多にコーヒー教室をしないのですね。 なんで?と言われるとあまり

コーヒーと健康とダイエットのお話

昨晩、娘が耳が痛いと泣き出す。 奥さんが救急の病院に電話をかけてみる

今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

→もっと見る

PAGE TOP ↑