*

焙煎度の違いはこんなところにも現れる

最近、娘が「なんで星人」になっています。
なんかあるたびに、なんで?なんでそうなるの?なんで父ちゃんはビール飲むの?なんで泡がでるの?といちいち聞いてきて、いちいち楽しい僕です。

 

大人になればいちいち「なんで?」って聞かなくなるじゃないですか。
今はグーグル先生で調べたら、なんでも答えが返ってくるしね。

 

でもね、この子供の好奇心、大人にも必要じゃないのかなぁって娘と話していて思ったのです。

 

なんで?なぜ?どうして?って知らないことを恥ずかしいからと聞くことを躊躇したり、ためらったり、知ったふりをしたり、でも理由を知ることで知識や世界が広がることってあるじゃないですか。

 

そんなことを大事にしなあかんなぁって思ったわけです、娘から気づかされました、ありがとう娘よ。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

昨日のツィートより

 

昨日、こんなツィートをしました。

 

 


実はなんかツィートすることないかなぁって、深焙煎のブレンドと中焙煎のブレンドのオーダーがあったので、抽出後の写真をとったのですね。

 

で、その写真を見て思ったことが上記ツィートでした。

 

焙煎度合いによって味わいも変わるのですが、こうして粉にしてドリップにしたときの状態もちょっと違ってくるのですね。

 

それはドリップしているときにも違いがでてきます。

 

どんな違いか

深焙煎の方が焙煎によってコーヒー豆に熱が多く入っているので、その分コーヒー豆の繊維が広がっているのですね。

 

ですからその分、ふんわりしているわけです、目には見えないけど。
そこで粉にしてドリップすると、水を吸い込む量も中焙煎より深焙煎は多いのです。

 

ドリップしているときを中焙煎と深焙煎とを比べると、お湯を円を描きながら回しますが、その時にふんわり感が深焙煎の方にはあるんですね。

 

別段、それが味わいに何か大きな影響を与えることでもなく、大した知識でもないのですが知っていると楽しいかなぁと思って、今回は書きました。

 

コレを読んだあとは、是非深焙煎のコーヒーを淹れる時はふんわり感を楽しんでくださいね。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

スペシャリティコーヒーに、こだわりません宣言

スペシャリティコーヒーとは、世界で生産される全コーヒー量の約5パーセントくらいの生産量で、高品質コー

記事を読む

香り立つ、コーヒーを美味しく飲めるカップはどれ?

プロローグ 昨夜お店が終わった後、買い物に行きました。   僕 クレ551って置

記事を読む

やっぱ新しいほうが美味しいねん

プロローグ 今朝 上宮天満宮にお詣りし 神棚にあった去年のお札をお返しし新しいお札を頂きに行き

記事を読む

汚れちまった悲しみに

 得てして僕の日記のタイトルは  日記の内容と関連性がないことのほうが はるかに多い 今日

記事を読む

ブレンドを合わせる美味しさの比率はどうやって決めるのか

プロローグ ブレンドとはそもそも何か? という所を簡単に書いてから本題に行きたいと思います。

記事を読む

コーヒーにおける 「えぐみ」について考えた

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 写真は本文と関係ありませんが 生産国でコーヒー生豆の

記事を読む

なぜブルーマウンテンを置いてないのですか?

こんにちは 焙煎アーティスト 島 規之です 先日 「コーヒー豆専門店なのにブルーマウン

記事を読む

差は?カリタ・メリタ・円すい、ペーパードリップのメーカーの違いは何か (続き)

プロローグ さて、昨日の続きです。 昨日のブログで書いていくと長文になるので、2部にしました。

記事を読む

しまこーひー夏の陣 アイスコーヒー達が出揃いました!

プロローグ さてさてさて、関西は梅雨入りしぼちぼち夏モードになりました。それにあわせて島珈琲の夏の

記事を読む

no image

パワーアップ!!

 先日の日記で 焙煎機に少し改良をほどこした と書きました 排気ブロアーのパワーアップを試

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑