*

なぜマンデリンは人を魅了するのか

モカ・マンデリン・キリマンジャロ。
日本のコーヒーの三本の矢、みたいな感じで多くの人がその名を知っていますね。

 

この3つのコーヒーにファンは今でも根をはっていまして、定番の人気を保っています。

 

その中のマンデリンに今回はフューチャーして、なぜマンデリンは人気なのか、を考えてみたいと思います。
僕も正直、なぜこのコーヒーが人気なのか、ということを深く考えたことなかったので、書きながら考えます。(笑)

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。
写真の麻袋の中に、焙煎する前のマンデリンコーヒーが沢山入っています、焙煎する前でもとても良い香りがするんですよ。
 

 

マンデリンは独自の精製法なのです

コーヒーはコーヒーの木になる赤い実のタネです。
ちょっと乱暴な例えですが、サクランボのタネと同じ様に思って下さい。

 

そのタネを取り出して精製してコーヒー生豆になって、日本に輸入され焙煎されてあの薫るコーヒーブラウンのコーヒー豆になるのですが、コーヒー豆は世界各国で生産されています。

 

雨の多いところ、雨季乾季があるところ、雨の少ないところ、これによって「水」の豊富な国、そうでない国があって、それによって精製法は変わってきます。

 

ブラジルのように雨の少ないところは、極力 水を使わない精製法を選択せざるを得ません。
天日式という太陽の光でコーヒー豆を干す精製法があるのですが、言わば干し柿のようにそのものを干して、コーヒー豆の場合はその乾燥が終わってから、脱穀して取り出す方法もあります。

 

で、マンデリンはインドネシア・スマトラ島で生産されているコーヒー豆です。
インドネシアといえば雨の多い地域。

 

雨が多いとコーヒー豆を乾燥させにくいのですね。
ですから、独自のスマトラ式という精製法があり、その他の国とは少し違う方法で精製されます。

 

この精製法によって、他にない独特の味わいを生むことになります。

 

この味わいが日本人の味覚に合う?

たぶん、そうだと思うんです。
この独特のフレーバー(味わいの香り)がきっと日本人が好む味わいなんですね。

 

近年、スター○○社のラインナップに入ってから、スマトラ・マンデリンの存在は世界に広く知られ、高級豆に躍り出ました。

 

以前はそんな高級までもなかったのですよ。
欧米でも人気があったのかどうかちょっと僕の記憶にないですが、スマトラ島で生産されるコーヒーの多くが日本で使われいたのでは、と思っています。

 

深焙煎にすると独特の苦味とコク、そして複雑な味わいを醸し出すマンデリン。
シルキーな舌触りで、その味わいを深く探るとスパイシーな感じもキャッチできます。

 

好き嫌いが激しいコーヒーの銘柄でもありますが、14年間コーヒー屋をやってきて、好きな人のほうが圧倒的に多いと感じています。

 

今日もこのコーヒーを焙煎できること、幸せに感じて。

 

明日も美味しく焙煎しますね。

 

それでは、今日はこのへんで。
いつもありがとうございます。

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

来年の夏は水出しコーヒーパックだ!

岡町本店が日曜日だけの週一営業になるまえの話なのでもう9年くらいまえになるのですが水出しコーヒーパッ

記事を読む

焙煎と技術

 僕が思うに焙煎の技術とは マシンを知ること 原料を知ること が非常に大事ですが 一番大事

記事を読む

寝る前にコーヒー飲んで大丈夫?

連日、違うお客さんから同じ質問を受けました。 コーヒーを寝る前に飲むとよくないと言いますけど、

記事を読む

ペーパードリップ 使うペーパーによっても味わいは変わる

プロローグ 先日、新居へ引越をしました。 いつもの生活に落ち着きを少しずつ取り戻している僕です。

記事を読む

どら焼きとコーヒーとわたし

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 先日 あるお客様に「どら焼きの美味しいお店っ

記事を読む

コーヒーとスィーツのマッチングとは?

プロローグ 今日は1月17日 阪神淡路大震災から20年の月日が経ちました 当時僕は西宮の中国料理店

記事を読む

コーヒーは酸性か?アルカリ性か?どっち

プロローグ コーヒーは身体に良い飲みもの、と最近あちこちで言われ、また聞くようになり我々コーヒーを

記事を読む

天然のコーヒーの甘みって、なんだ!

プロローグ 大阪は梅雨明けし、夏本番に入りました。 今年は暑い夏になると聞いております、体調管理

記事を読む

特注・ハッピーウエディングブレンド(引出物オリジナルブレンド)の制作の流れ

プロローグ 先日 岡山からいつも御来店頂くお客様のご依頼で コーヒー豆の引出物を特注のオリジナルブ

記事を読む

スコットブレンド ブレンド内容を変更します!

プロローグ 2016年1月20日にデビューしました、マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナル

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
中煎りと深煎りのコーヒー豆 どっちが人気があるの?

昨日は休日でしたが、午前中は障がい者支援施設とコラボしているカフェBe

コーヒー焙煎するお店にはどんな許可が必要か。

今回はちょっと趣向を変えて、お店を開業したい方むけのお話を。 カフェ

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。 &n

島さんは、コーヒーの味わいはどこで決まると思ってますか?

今日は娘の保育園の卒園式です。 その後は、奥さんが娘と一緒に幼稚園の

昔のコーヒーは美味しかった!は、ほんとうなのか?

本日はこんなツィートをしました。    

→もっと見る

PAGE TOP ↑