*

コーヒーの香りってガスなんですか?

年末年始超繁忙期がスタートしました。
こんにちは 僕、焙煎アーティスト 島規之です。

 

明日19日のお休みを頂けば、今年のお休みは最後。
高槻店は天神さんの参道に位置していますので、3が日の人通りは1年で1番多くなります。

 

なので、3が日は例年と同じくオープンします。
年末は豆販売で沢山の方に喜んでもらい、年始はお詣りに来た方が喫茶で賑わう、島珈琲の年始年末はこんな感じです。

 

この期間はとってもバタバタなので、明日はしっかり休養し英気を養いたいと思います。

 

ふふふ、明日は家族でおじいちゃん、おばあちゃんのおうちに行きクリスマスパーティなんです、娘の喜ぶ顔が楽しみ。

 

香りはガスなのか

香り=ガスにしてしまうと乱暴になってしまいます。
香りにガスが含まれている、というのが正解でしょうか。

 

ガスと言っても身体に悪いものではありません。
炭酸ガスですが、今日はガスのお話。

 

このガスは鮮度の良いコーヒー豆に多く含まれます。
写真の様にドリップするときお湯をかけると、プクーーっと膨らむのは多くの炭酸ガスが残っているからです、ガスの力で持ち上がっているのですね。

 

 

鮮度の良いコーヒー豆を挽くときにぶわっと香りと一緒に炭酸ガスは拡散されます。

拡散されますが、一気にそれが抜けるわけではありません。

 

粉になったコーヒーにも残っており、ドリップの時などに沢山残っていればに上写真のように膨らみます。

 

ガスだから自然に抜けていく

豆の状態でも、粉の状態でも焙煎してから時間の経過とともにガスは抜けていきます。

 

豆の場合はゆっくりと、粉にすると細胞の中に潜んでいたガスが豆からカットすることにより隠れる場所がなくなり、空気中に逃げる、そんな感じです。

 

では、鮮度よいコーヒー豆を粉に挽いてすぐに袋詰めした場合、そのガスは袋の中に閉じ込められるのではないのでしょうか?

 

イエス、その通りです。

 

ですので、密閉されるコーヒーの袋にはバルブ、もしくはアロマシールと呼ばれるガスの抜け道があります。
指を指している白いポッチがバルブ部分になります。

 

 

バルブといってもたいていは逆止弁ではなく、~逆止弁というのは一方通行のもので袋の中のガスは外に逃げるが、外からの空気は入れない、というものです~ 両側通行なので袋の中のガスが抜けるとお役ご免になり、たぶん外の空気も入ってくるんじゃないかなぁと理論的には考えられますが、そこはそんなに島珈琲のコーヒー豆なら問題ないところです。

 

もし上の場合でバルブが無ければどうなるのか。
袋はパンパンになります。

 

場合によってはシーラーなどで密着させたところが外れることもあります。
但し袋が厚みあって丈夫なものは外れることは少ないです。

 

今回880パック分も焙煎し袋詰めしたTANPANCOFFEEのパッケージにも、バルブは取り付けています。
しかしバルブの通り道が小さいようで、特に粉にしている袋はパンパンになっていました。
ゆっくりと袋の中からガスが抜けていくようですので、TANPANCOFFEEを購入された方は、お手元に届いたときパンパンになっていたとしてもご心配ないですからね。

 

くどいようですが、ガスは炭酸ガスなので問題ありません、ご安心を。

 

今回はそんな香りとガスとパッキングのお話でした。
それでは、また火曜日に。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

コーヒーの種からカップまで、人の成長でわかりやすく表現してみた

プロローグ 僕たちがコーヒーを飲もうとしカップを手にした時、ここまでどれだけの事があったんだろう。

記事を読む

どどどーん

 と コーヒーシロップ&カフェラテ小町のご注文を頂いております ほんとにありがたい

記事を読む

深煎りと中煎りと同時にドリップをすると、どちらが早いか?

プロローグ 今回の記事は、けっこうどうでもよい記事なのかもと思っておりますが、まぁそんなこともある

記事を読む

アイスコーヒーを淹れる時のちょっとしたコツ パート2

プロローグ 最近、4歳になる娘がいろいろと言葉を覚え、唐突に、そんな言葉いつ覚えた?と思わせる言葉

記事を読む

同じブラジルコーヒーの豆でもお店によって違うのはなぜ?

このお話は、お店でするとよくへぇーと言われるので、ブログにも書きますね。 ブラジルコーヒー、と言え

記事を読む

コーヒーポットの選び方

今日の大阪は曇り 朝の風は涼しく 日の光がないぶん暑さは少しマシな気がしますが 今年は湿度が高いよう

記事を読む

香り立つ、コーヒーを美味しく飲めるカップはどれ?

プロローグ 昨夜お店が終わった後、買い物に行きました。   僕 クレ551って置

記事を読む

女子がドリップコーヒーを淹れるのに大事してほしい3つのこと

プロローグ 最近、嫁さんがペーパードリップの練習を始めました。 といっても高槻店のオーダーを任せ

記事を読む

コーヒーチェリーの果肉ってどうなるの?

8月はどちらかというと閑散期で、お客さんの流れが緩やかです。   緩やかだなと

記事を読む

業務用卸

 島珈琲は家庭用のコーヒー豆のはかり売り 挽き売りだけでなく ショップで使われるコーヒーも

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

福祉の島珈琲 今年は動きます!

さぁ今年は動こうか、と奥さんに話していました。 その前の晩に一人お酒

後口が紅茶のようなコーヒー

昨晩はおうちで家族揃って、夕食を。   五歳の娘

→もっと見る

PAGE TOP ↑