*

僕がブログを始めた理由は○○だった

朝、目覚めると僕は黒い虫になっていた。

 

昨晩は奥様も娘もお疲れの様子、早く就寝したのでリビングで本を読んでいました。
手に取ったのは久しぶりにカフカの「変身」。

 

レポートのように淡々とザムザが自分の状況を書いているような カフカの「変身」。
最近はバタバタしていてゆっくりと本を読む時間がなかったので、満足な時間でした。

 

僕がブログをこうして書くようになったのは、もちろん仕事にいかしたかったから。
でもね、僕 たぶんブログを書くのが趣味なんです。

 

仕事のような趣味、趣味のような仕事、これが僕のブログなんです。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

コーヒー豆屋は敷居が高い

そう何人かのお客さんに言われたことがきっかけでした。
もちろん、そのお客さんは嫌味で言っていたのではないですよ、敷居がどうしても高く感じてしまうからお店になかなか入りづらかった、と。

 

この言葉は今でもたまに言われますね。

 

その時はどうしたらよいかなぁと頭を悩ましました。
敷居を下げずに敷居をまたぎやすくする方法はないものか。
そこで思いついたのが「ブログ」でした。

 

僕、実はHTMLという言語でホームページを作っていた時期があるんです、13年前くらいかな。
テキストでブログを書いて、自分でアップしていたころがあるんです。

 

そのころから合わせるとたぶん3000記事くらいは書いていると思います。
でも、どうでもよいような日記でしたけどね。(笑)

 

で、ブログでどう敷居をまたぎやすくしようと思ったのか。

 

それは僕 島規之を知ってもらうことだった

敷居が高くなるのは、店格とか他の要素もありますが、とりあえず島珈琲の島規之がどんな人物なのか知ってもらおう、そして跨ぎやすくなる一助にしよう、それが僕のブログへの手段でした。

 

そこのお店の情報として、そのお店にいる島規之はこんな考えを持って、コーヒーに関してこんなにも想いがあって、いろいろ思っていることがある、そのことを今も書き続けています。

 

そうすれば、お店に入るときに少しでも迷いが取り除かれるのでは、今でもそれは変わらず思っています。

 

今はだいぶ払拭されましたが、昔はコーヒー専門店で何か難しいことを言われるのではないだろうか、とコーヒー専門店に対して不安になる人も多く、それで敷居をまたぐのを躊躇した方も多いはず。

 

ですので、事前情報として島規之ってフランクだぜ!(?)ってことをお知らせすることで、お店に来るときの不安を少しでも減らすこと、これが僕のブログの始まりでした。

 

最近はコーヒーのテクニックや知識のことを重点的に書いていますが、初めはこんな想いでスタートしたんです。

 

アウトプットするには倍以上のインプットが必要です。
ブログを書くことは頭の体操や知識の拡大にも功を奏しています。

 

皆さんにも喜んでもらえる情報を書いて、尚かつ自分の頭のためにもなる、一石二鳥なんですね(笑)

 

カフカの「変身」を読んでいてを思ったことはそんなことでした。

 

それでは、良い週末を。
いつもありがとうございます。

 

焙煎アーティスト 島 規之

 

インスタグラム はじめました、見てね。
https://www.instagram.com/shimacoffee/

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

好きこそものの上手なれ

岡町本店がオープンしたのは2002年、平成14年3月29日でした。 現在は高槻店を火曜日から土曜日

記事を読む

今年こそは!

毎年そういいながら 出来ていませんが・・・汗 ブログにたくさんの写真をアップする!と目標にするのです

記事を読む

あつい想い

大阪は梅雨に入り 気分的に少し重たいような 何か肩にのっているような 身体の重さを感じるこのごろです

記事を読む

どうして僕がグァテマラコーヒーにこだわるのか?

プロローグ 島珈琲のメニューなどに「僕が最もこだわるコーヒー」とグァテマラのコメント欄に書いており

記事を読む

なぜブルーマウンテンを置いてないのですか?

こんにちは 焙煎アーティスト 島 規之です 先日 「コーヒー豆専門店なのにブルーマウン

記事を読む

お買い物で発散!

 残念ながら私生活では物欲が少なく「てか ぷわぁーっていきましょ!ぷわぁーっと!」と買い物

記事を読む

僕のコーヒー本 もうそろそろです

だいたい僕の感覚では、お店がバタバタするときは通販が閑古鳥で、逆に通販がバタバタな時はお店が閑古鳥で

記事を読む

ポップやポスターを貼るときに1つ気をつけたいこと

プロローグ コーヒーのことを知りたいために、このブログを読んでくださる方には今回の記事はまったくコ

記事を読む

珈琲問屋 |こだわりの珈琲問屋をお探しのあなたへ|

こんにちは! カフェやレストラン 美容室などを経営する方の縁の下の力持ちになりたい コーヒーの事が大

記事を読む

鉄は熱いうちに打て 先人の残した言葉は深い

先日 お知り合いになったフェイスブックのお友達が 今 100キロマラソンに挑戦しています 先ほど

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コクのあるコーヒーを選ぶにはどうしたらよいですか?

昨晩は友達と忘年会でした。 楽しい時間を過ごし、楽しいとうっかり飲み

意外に大事!ペーパーフィルターの保管方法

娘が「父ちゃん絵本読んで」と言ってくれます。 当然、そんなこと言われ

粉の挽き目で変わるコーヒーの味わいの濃さのお話

実は時代劇が割と好きで、今はあまり見ていないですが以前はよく見ていまし

僕は珈琲のプロですが、最近家でプロペラミルを使って粉にしています

って、タイトルを書くといかにも僕がしているような感じですが、奥さんです

コーヒー豆・粉を保存するのに気をつけたいこと

昨日は娘の幼稚園が代休で、1日お休みに。   日

→もっと見る

PAGE TOP ↑